供花

供花を贈るときは「一基」?「一対」?知っておきたい葬儀の基本

訃報を知った際に贈る供花ですが、数え方には「一基」もしくは「一対」があります。実はこの二つにはきちんとした違いがあり、価格も大幅に異なります。

また、いざ贈るにしても名札の書き方に違いがあったり、お近くのお花屋さんに注文するだけではいけないことはご存知でしょうか?今回は供花を贈る意味から相場といった基礎知識、注文時のマナーや注意まで簡単にまとめました。

供花の数え方は一対?一基?基礎知識・マナーを紹介

供花の読み方

供花は「きょうか」または「くげ」と読みます。一般的に祭壇の両脇、または葬儀会場に飾られる生花のことを言います。

宗派に関わらず、葬儀式の際の装飾として参列者たちが贈る生花を指すことが多いです。

供花を贈る意味

参列者のうち、故人と血縁関係にあったり親交の深かった場合、生花を贈ることで弔意を表します。故人への弔意を表すとともに、安らかな旅立ちを祈って贈られるものなので、気持ち次第で誰でも贈ることができます。

また、贈られた供花は、参列者の故人への深い哀悼の意を示し、悲しみの中にある遺族への慰めにもなります。

・供花の数え方の単位

供花は「一基」または「一対」と数えます。「一基」はひとつの供花を、「一対」はふたつの供花を意味します。

つまり「一対」は「二基の供花」のことを言います。多くの場合、「一対」の供花は祭壇を挟んで対になるように飾られます。

親族であったり、故人と親交の篤かった場合は「一対」の供花を、職場関係や友人などの場合は「一基」の供花を贈ることが一般的です。

供花の贈り方

飾り付ける必要があるため、供花はお通夜が始まる前には到着するように手配しましょう。

また、昨今は遺族が供花の受け取りを遠慮する場合もあります。念のため、贈る前に遺族に確認を取りましょう。

遺族の了承が得られたら、お葬式を担当する葬儀社に供花の相談をします。お葬式の会場によっては、搬入できる生花店が決まっている場合もあり、外部の生花店の供花は持ち込み料がかかってしまうことがあるので注意しましょう。

提携している生花店がある葬儀社は、供花の注文を経由してくれる場合も多いです。

名札・立て札の書き方

供花は贈り主の所属、氏名を記載した名札(もしくは立て札)を立てて飾られます。

個人で贈る際は個人名のみで構いませんが、複数人の連名で贈る際は、縦書きの右側から順に地位が上の人を書きます。

親族や友人など順位の関係ない連名の場合は「子供一同」「友人一同」などと書きましょう。法人として贈る場合、法人名や所属部署名などは正式名称を書きます。

供花の種類

一般的な供花は白菊などの白色をベースとした、落ち着いた雰囲気のフラワーアレンジメントになっています。菊や胡蝶蘭、季節の花を取り入れることもありますが、概ね桃色や黄色など、淡い色彩にまとめられます。

宗派によっては榊(さかき)や樒(しきみ)など、特定の植物を指定している場合もありますので、贈る際は遺族または葬儀社に確認しておきましょう。

なお、キリスト教の場合は名札はつかず、使用される花も洋花を中心としたものになります。白菊はあまり使用されませんが、やはり百合やカーネーションなどの白い花がメインになります。

枕花との違い

供花とよく間違えられるものに枕花(まくらばな)というものがあります。供花が葬儀場へ届けられるのに対し、枕花は故人の枕元に届けられます。

枕花は亡くなってすぐ、自宅や安置所に安置する故人の枕元に飾られます。故人が式場に移動する際、枕花も一緒に移動する場合がありますので、供花よりも小ぶりで、運びやすいアレンジメントになっています。

持ち運びやすいように、名札ではなくメッセージカードを添えることが多いです。

供花一基の料金相場

供花一基の相場は7,000~20,000円です。一対になるとその倍の値段になります。

提携の生花店が決まっている場合は、一律のデザインの供花を勧められる場合が多いので、他の参列者との足並みを揃えたい場合は、生花店もしくは葬儀社に相談すると良いでしょう。

しかし、提携する生花店が無く自分で注文する場合もあります。高額な花を多く使用した供花は値段も跳ね上がり、遺族に気を遣わせてしまうこともありますので、故人との関係性を踏まえた上で、遺族の負担にならないよう適切な供花を選びましょう。

供花一基注文するのにおすすめな通販サイト

プレミアガーデン

スタンドタイプ(祭壇の高さに合わせた供花)は一基15,000円から注文できます。百合や胡蝶蘭などをふんだんに使用した、上品なアレンジメントが多く取り揃えられています。東京

※大阪などの一部地域では、16時までに注文すれば当日配達が可能です。

プレミアガーデン公式サイト

日比谷花壇 

一基18,200円から注文できます。菊をあしらったトラディショナルなタイプの供花です。送料が全国無料ですので、生花店の所在地を気にせず注文できます。ただし当日配達を希望する場合は14時までに注文する必要があるためご注意ください。
日比谷花壇の公式サイト

ビジネスフラワー

15,000円からスタンドタイプ供花が注文できます。白菊をメインにした「和花」スタイルと百合をメインにした「洋花」スタイルの違いを分かりやすく見ることができます。

一部地域を除いて、15時までに注文すれば当日配達が可能です。

また、供花と一緒に弔電を打つ場合は電報代が0円になるため、少しでも費用を削りたい場合はおすすめです。

ビジネスフラワーの公式サイト

まとめ

供花は故人の宗派や自分との関係性によって、贈り方が変わってきます。

弔意をあらわしたかったのに、遺族に気を遣わせてしまったのでは本意ではありませんよね。少しでも迷ったり、不安があれば、担当の葬儀社に相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。