「用途」カテゴリーアーカイブ

お悔やみ用アレンジメントフラワーの値段相場やマナーを徹底解説

お悔やみでアレンジメントフラワーを贈る際、相場の値段はいくらなのか悩む方も少なくないでしょう。
また、お悔やみというシーンならではのマナーや注意点なども複数存在します。
そこで今回は、お悔やみで贈るアレンジメントフラワーの値段相場や、贈る際のポイント・注意点、おすすめのフラワーショップなどをご紹介します。

お悔やみの場に贈るアレンジメントフラワーの相場は?

お悔やみの場に贈るアレンジメントフラワーは、5,000~15,000円ほどが相場です。
具体的な値段を考えるときには、どのようなタイミングに贈るのかで判断するのも1つの方法です。
例えば故人が亡くなった直後に、枕花として贈るのであれば、故人の枕元に置いても邪魔にならないサイズ感も考え、5,000円ほどのアレンジメントを選ぶと良いでしょう。
通夜や葬儀に贈る場合は、祭壇を飾るため、少しボリューム感のある10,000~15,000円ほどのアレンジメントがおすすめです。

 

アレンジメントフラワーをお悔やみの場に贈る際のポイントや注意点

お悔やみでアレンジメントフラワーを贈る際は、さまざまな注意点を意識する必要があります。
まずは贈る前に、アレンジメントフラワーを贈ってもよいか確認しましょう。
葬儀に関するお花は、地域や斎場によってルールが決まっている可能性があります。
例えば斎場によって提携の花屋があり、他店の花の持ち込みが制限されている場合があります。
また、別途持ち込み料がかかる場合もあります。
葬儀の際はお花が多いため、親族がお花の取りまとめをしているケースもあるでしょう。
なお、地域によってお花のサイズが決まっていることもあります。
遺族に負担をかけず、スムーズにお花を届けられるよう、
あらかじめ詳細を確認しておくことをおすすめします。
アレンジメントフラワーを贈るタイミングについても配慮したいものです。
葬儀は短期間にさまざまなことを行うため、できる限り早い段階で故人にお花をお供えしたいと考える方もいるでしょう。
しかし、贈るのが早過ぎるのもいけません。
もし家族から危篤の旨連絡があったとしても、お花の手配を先に進めるのは厳禁です。
お花の用意は訃報を受けてから、通夜が始まる前までに行うようにします。
もし通夜の前までお花が間に合わないようならば、葬儀後自宅に贈るのが良いでしょう。
アレンジメントフラワーの色も注意が必要なポイントです。
基本的にお悔やみの花で使用してはいけない花や色はありません。
しかし、葬儀は非常に厳かな場であるため、華美な色は避け、白をメインカラーにした落ち着いたデザインのアレンジメントを贈るのが好ましいでしょう。
薄いブルーやグリーンなど、淡い色合いの花をアクセントで入れることは問題ありません。
なお、宗教によってよく使われる花や慣習などが異なるため、花を選ぶ際に意識することも大切です。
例えば、仏式や神式では、菊・蘭・ユリがよく使用されます。
しかし、キリスト教式ではユリやカーネーションなどの洋花がメインになります。
キリスト教式の場合は葬儀は教会で行うため、お花は会場ではなく自宅に送るのがマナーです。
また、お悔やみ用の花には、贈り主を明記した名札を付けます。
個人でお花を贈る場合は個人名のみで大丈夫ですが、会社で贈る場合などは、会社の正式名称を記載するよう気を付けましょう。
なお、キリスト教式の葬儀の場合は名札は付けません。

 

お悔やみ用のアレンジメントフラワー購入におすすめの通販サイト3選

花キューピットは用途別に商品が分類されており、シーンによって適したお花を選びやすいことが特徴です。
お悔やみ用のアレンジメントフラワーは、白や淡い色合いのお花を基調とした、上品で落ち着いたデザインです。
値段も3,000円台から10,000円台まで幅広くあります。
なお、当日配達してくれる有料サービスもあるため、急いで届けたい時にも便利でしょう。
プレミアガーデンは白や淡いカラーのさまざまな花を使ったデザインが特徴です。
上品さと美しさを兼ね備えた、故人を見送る場にふさわしいアレンジメントが豊富です。
値段は7,000円~15,000円ほどで、相場にもぴったりマッチします。
ユリなど洋花をメインにした商品も多く、宗教の形式にかかわらず贈ることができそうです。
イイハナドットコムのお悔やみ花は、シンプルでナチュラルなデザインと、設置しやすいサイズ感が特徴です。
パステルピンクやラベンダー色などやさしい色合いを使ったかわいらしいアレンジも多いため、女性の故人に贈るのもよいでしょう。
値段も4,000~13,000円ほどと幅広いので、予算に合わせて柔軟に選ぶことができます。

 

まとめ

お悔やみのアレンジメントフラワーは、故人を偲ぶ気持ちや、遺族を慰める気持ちを込めて贈るものです。
さまざまな注意点などがありますが、厳かな葬儀にふさわしい花を贈れるよう、しっかりマナーに気を付けたいものです。
ぜひこの記事を参考にしながらお悔やみのアレンジメントフラワーを用意し、心を込めて故人を見送りましょう。

お見舞いに相応しいアレンジメントフラワー

親しい身内や友人が入院していたり、自宅で療養している場合にお花をお見舞いとしてプレゼントしたいと思うことも多いのではないでしょうか。花は殺風景な病室を明るくしてくれますし、癒しの効果もあります。綺麗な花を眺めているだけで、心がリラックスして穏やかな気持ちになるという人もいます。ただし、アレンジメントフラワーをお見舞いの品にする際には、気を付けたいポイントがいくつかあります。

お見舞いに贈るアレンジメントフラワーの相場は?

お見舞いの相場は相手との関係性によっても異なりますが、アレンジメントフラワーをお見舞いとして贈る場合には3,000円から5,000円程度一般的です。使用している花の種類によっても料金は違いますが、金額が大きくなる程サイズも大きくゴージャスになります。病室など限られたスペースでは邪魔になることもあるので、あまり金額の高い大きなものは好まれません。フラワーギフトの通販サイトなどでも、3,000円から5,000円程度のアレンジメントフラワーは数多く揃っています。小物などと組み合わせると、それより高めになることもあります。

 

お見舞いに贈るアレンジメントフラワーの選び方

お見舞いにアレンジメントフラワーを贈る場合には、相手の好みに合わせたものを選ぶようにしましょう。好みの花の種類が分かっている場合や好きな色などが分かっている場合には、好みに合わせた花材を使ったアレンジメントフラワーを選ぶのがおすすめです。可愛らしい雰囲気が好きという人もいますし、ナチュラルな雰囲気が好きという人もいます。相手の好みがよく分からないという時は、その人の年代や人柄、いつも身に付けている洋服などを参考にしてもいいかもしれません。それから出来るだけ明るくリラックスした気分になるアレンジメントフラワーを選ぶようにしましょう。病気や怪我をしていると、気分が落ち込むことも多くあります。体調がすぐれない時には、どうしても気分が塞ぎがちです。そういった時には、明るい色合いを選ぶと元気が出ます。黄色やオレンジはビタミンカラーと呼ばれており、元気が湧いてくる色です。爽やかなグリーンはとてもナチュラルで、心が穏やかになります。ピンクは可愛らしくキュートな色で、華やかな気分にしてくれるので女性に人気があります。アレンジメントフラワーの色を選ぶ際には、あまり濃い色は控える方がいいかもしれません。濃い色だと目が疲れてしまうので、優しい色合いの方がお見舞いの場合には好まれます。また、病室などはスペースが狭いことが多いので、できるだけコンパクトな物を選ぶ必要があります。背が低く、場所をとらないものを選ぶようにしましょう。

 

アレンジメントフラワーを贈る際に気を付けたいこと

お見舞いの際には、花びらが落ちやすい花は避けた方が無難です。病気で入院していたり、体調が悪いと花びらを片付けるのが難しいことが多くあります。せっかくのプレゼントが相手に負担をかけることになってしまうので、花びらが落ちにくい掃除が簡単なものを選ぶのがおすすめです。それから香りが強い花もお見舞いには相応しくありません。病院に入院している場合などは大部屋のことが多いので、他の人が不快に感じてしまう事もあります。

 

お見舞いに贈るアレンジメントフラワー購入におすすめの通販サイト3選

花キューピット

花キューピットは、アレンジメントの種類が豊富なフラワーギフトのショップです。様々な種類のアレンジメントフラワーがあるので、用途やスタイルから予算や好みに合った物を探すことができます。お見舞いに相応しいフラワーギフトも充実しています。「プロにお任せサービス」もあり、経験豊富な花屋さんにイメージにあるアレンジメントフラワーを簡単にオーダーすることもできます。3,000円から4000円程度のアレンジメントフラワーが多くあります。

 

プレミアガーデン

プレミアガーデンは高品質なアレンジメントフラワーを提供してるお店です。洗練された上質な雰囲気のアレンジメントが多く揃っており、高級感も感じられます。色や雰囲気をデザイナーに任せることもできます。その日1番の花材を使用して、用途やイメージにあるアレンジメントフラワーを作ってくれます。生花はその日の入荷状況によって品質が大きく変わるので、デザイナーに任せることで最も最適な状態のアレンジメントフラワーを贈ることができます。3,000円から5,000円程度のアレンジメントフラワーが多く、10,000円以上のものもあります。

 

イイハナドットコム

イイハナドットコムは、シーンに合わせたフラワーギフトを多数用意しているフラワーショップです。お見舞いに最適なアレンジメントフラワーも多く、使用する小物や雑貨もバリエーションに富んでいます。スイーツと組み合わせたアレンジメントフラワーのギフトもありますし、和の雰囲気のものもあります。3,000円から6,000円程度のものが多くあります。

 

まとめ

アレンジメントフラワーは、お見舞いに贈るのに最適なプレゼントです。花を見ていると心が穏やかになりますし、明るい気持ちになります。アレンジメントフラワーを贈る際の相場は3,000円から5,000円程度です。アレンジメントフラワーでおすすめの通販サイトには、花キューピット・プレミアガーデン・イイハナドットコムがあります。アレンジメントフラワーの種類が豊富に揃っています。

記憶に残る体験を贈る、誕生日のアレンジメントフラワー

誕生日のお祝いで手にするアレンジメントフラワーは、感慨深いものです。
アレンジメントフラワーは、花束より贈る相手に対するイメージやメッセージが込められやすく、贈られる人はもちろん、贈る人にとっても深く記憶に残る体験です。
それだけに、贈るまでの過程に楽しさがあります。
誕生日に贈るアレンジメントフラワーの相場、ポイントや注意点、おすすめの通販サイトをまとめました。

 

誕生日に贈るアレンジメントフラワーの相場はいくらぐらい?

誕生日に贈るアレンジメントフラワーは、セミフォーマルなお祝いやビジネスシーンのアレンジメントフラワーに比べると、日常的でカジュアルであり価格的にも比較的こなれた金額の物が多いです。
しかし、贈るお相手との関係性や親密度、贈り手の気持ちによって一概にいくらとは言えませんが、おおよその判断として、目安となる相場は以下の金額になります。

男性から恋人や妻に贈る金額:10,000~15,000円(プレゼントがアレンジメントフラワーの場合)
男性から女性の友人:3,000円前後
女性から男性の友人:2,000円~3,000円(プレゼントに添える花としての金額)
同性の友人:3,000円~5,000円
職場の同僚:3,000円~5,000円
両親:8,000~1,0000円
祖父母5,000円

 

誕生日にアレンジメントフラワーを贈る際のポイントや注意点

おおよその予算が決まり、いざアレンジメントフラワーを贈ろうとすると迷うのが花の種類や色です。
あらかじめ、アレンジの元となるテーマやイメージをはっきりさせておくと納得した物が決まりやすいです。

 

花言葉で選ぶ

アレンジメントフラワーに、花言葉によるメッセージ性を持たせることができます。
生花店にオーダーする際には、誕生日のお祝い用です、と伝えるだけで十分ですが、あらかじめ花言葉を調べて置き、○○などの意味を込めたい、花言葉の○○を伝えたいのでお花は△△が使えるでしょうか、と一言添えると良いです。

 

色のイメージを決める

アレンジメントフラワーは、色や印象(可愛い、優しい、スタイリッシュで大人等)のトータルイメージをお店に伝えておくと、お店の方も作りやすく良いアレンジが仕上がりやすくなります。
贈る相手の好きな花と色をメインすると、たいていの場合間違いがありません。

 

テーマを決める

テーマを決める場合は、アレンジメントフラワーのカレンダーや花風水のカレンダーが参考になります。
毎月季節ごとのアレンジメントフラワーの写真がテーマごとに工夫が凝らされており、同じものがありません。
例えば夏の海であれば、ブリー系の花だけでなく、ラッピングの色や形、小物使いにヒントもあります。

 

花器で決める

アレンジメントフラワーは、オアシスに花を生けるもののため、花器により雰囲気も変わります。

・「スタイリッシュなボックス花器」は、置くだけでモダンな雰囲気のあるインテリア的なアレンジメントフラワーです。

・「万人受けするバスケット」は、どのような花でも合い、ナチュラルな風合いはインテリアグッズとして置き場も選びません。
手持ちでも軽く済ませられるのが特徴です。
花が終わった後も、別の花や小物入れ等として再利用が可能です。

 

誕生日に贈るアレンジメントフラワー購入におすすめの通販サイト3選

花キューピット

「花キューピット」は、国内最大級のオンラインフラワーギフトショップです。
全国標準のアレンジメントフラワーのスタイルと金額を知ることができるため、オンラインショッピングの利用にかぎらず、まずこのサイトをチェックしてみることがおすすめです。
「おまかせギフト」なら、予算と用途など希望を伝えたうえで、お任せで作ってもらえます。
“誕生日の花をさがす”から、一覧、花の種類別、月の誕生花、食品とのセット品など、どんどん検索して行けます。
3,000円台~10,000円くらいまでと種類も豊富で癖がなく、初心者でも注文に間違いの少ない商品見本が揃っています。

 

プレミアガーデン

「プレミアガーデン」は、胡蝶蘭を使用したゴージャスで華やかなフラワーギフトで有名なお店です。
TVのスタジオを飾っているお花は、このお店から出荷されているものが多く、個性的で華やか、ダイナミックな印象です。
誕生日のアレンジメントフラワーをお渡しするシーンがパーティー会場の場合や、センスが良く華やかな人、フラワーギフトに慣れている人などに、新鮮な感動を与えることができます。
金額は、通常より30~40%安めで業界最安値とも言われています。
花の注文に慣れた人向きです。

 

イイハナドットコム

「イイハナドットコム」は、老舗通販会社千趣会が運営しているショップです。
個人利用者向きで、家庭的な日常感のある商品が多く、普段の生活の中に溶け込むインテリア雑貨的なアレンジメントフラワーが購入できるショップです。
暖かな風合いと優しい感じで、お菓子やぬいぐるみとのセット品などに独特の感性があります。
人気商品は、誕生石&星座フラワーなど5,000円前後の金額の物です。

 

まとめ

アレンジメントフラワーそのものが感動の塊のような物のため、良い品を贈られた人の体験は深く記憶に刻み付けられ残ることになります。
また、贈られる側だけでなく、贈る側にも、イメージや気持ちを込められる花を捜し、取り合わせて意味付けしてお渡しするという、過程の楽しみがあります。
今回ご紹介した販売店は、覗くだけでもわくわくするような楽しさが感じられます。

アレンジメントフラワーギフトや相場、選ぶ注意点

皆さんはアレンジメントフラワーギフトを誰かに送ろうと思ったことはありますか。
送ろうと思ったけど、
相場はどのくらいなのか、
どんなものを送ったら失礼にあたらないのかなど悩むことも多いのではないでしょうか。
この記事ではシーン別のアレンジメントフラワーギフトがどのくらいの相場なのか。
シーン別に解説していきます。

またお送りする際のポイントや
おすすめとしている通販サイトについても触れていければと思います。

アレンジメントフラワーギフトの相場はシーンや相手によって違う

アレンジメントフラワーギフトといっても様々ありますよね。
価格も3,000円~32,000円ほどとなっており、かなり開きがあります。
目的によってかなり値段に開きがあるものとなります。

まずは用途によって違います。用途としては開店祝い・結婚祝い・誕生祝い・お悔やみのの場とあります。

お誕生日にアレンジメントフラワーを送ることがあると思いますが、
大体4000円以上はかかります。
そして、メモリアルナンバーの入った花や、特殊な染料でつけてあるなどの工夫がみられるものは
1万円以上するものもあり、なかには3万円以上するものもありました。
しかしながらロールケーキとセットで4000円くらいのものもあり
見た感じも特に安いなあと言った印象は受けず、簡単な誕生日祝いではこれで十分といえます。

 

次に結婚祝いですが
最低価格は4000円くらいで意外とお誕生日の祝いと変わらないです。
しかしながら平均価格で7000円くらいのものがおおく
7000円から10000円が相場になります。
やはり一生に一度のことが多い結婚式の際に送るものになるので
皆さんある程度の価格のものを送りたいと考えるのでしょうか。
7000円くらいのもので見てみたところ
彩がありたくさんの花が入っているものがありました。このようなものを選ぶことで
結婚式の際にも十分に喜んでもらえるでしょう。

お悔やみの場ではどのようなものになるでしょうか。
相場はほかの用途とあまり変わらず4000円くらいから6000円くらいです。
値段よりも特徴的なのは当然シンプルで白を基調とした商品を選ぶことが重要になります。
故人を偲ぶ、色合い豊かなアレンジメントのものでもやはり白を基調にしています。
大輪胡蝶蘭にリボンをつけて渡すのもよいですが、その際は2万円から4万円ほどの出費を見ておいたほうがよいです。

最後に開店祝いといったシーンではどうでしょうか。
やはりビジネスでお送りする場合はそれなりに相場も高くなります。
アレンジメントフラワーの場合はお祝いのスタンド花が一般的かと思いますし、
皆さんもこれをイメージすると思います。
こちらの相場は150,00円から20,000円となっており、
エレガントなピンク・レッド系のお花を中心にしたアレンジをし、
高さのある2段でより、ゴージャスな印象を与えたものです。

 

アレンジメントフラワーギフトを贈る際のポイントや注意点

 

お誕生日ではやはりなどなら小さめの花束をイメージする場合が多いと思います。
もしアレンジメントフラワーをプレゼントする場合は少し小さめの
アレンジメントフラワーをチョイスするとよいでしょう。
結婚祝いといえばなどなら小さめの花束をイメージする方が多いと思います。
もしアレンジメントフラワーをプレゼントするなら
品種やカラーが豊富なもの贈る相手のイメージや花言葉まで考えて選べるともっといいでしょう。
開店祝いの際には起業か個人かでだいぶ相場や送る花も変わります。
企業の開店祝いでイメージするのは華やかな胡蝶蘭やスタンド花だと思います。
特に胡蝶蘭は「幸せが飛んでくる」という花言葉を持つ縁起のよい花として人気が高いです。
しかしながらそんなものを置く場所がなかったり処分に困ったりすることもありますよね。
アレンジメントフラワーを送るシーンとしてはこのような場合が一番よく、
デスクなどに飾れるサイズのアレンジメントフラワーを贈ることを考えてみるといいでしょう。

 

お悔やみの際はもちろんマナーが大事です。
故人を偲ぶ目的で花を贈る際には、
花の品種や色だけでなく贈るタイミングなどにも注意しなければなりません。
アレンジメントフラワーを送るのに一番適した場合は
葬儀までに供える枕花や葬儀後の法要などに贈る供花になります。
またなくなった方に香典を送るときのように送る相手によって購入額を考えたほうがよいでしょう。
遠い親戚であれば3,000円~5,000円
知人や友人    5,000円~8,000円
仕事の取引先   5,000円~10,000円
といった具合の相場で
おくるアレンジメントフラワーを決めていくことが必要になります。

 

アレンジメントフラワーギフトにおすすめの通販サイト

花キューピット

ランキングがシーン別で簡単に見れるため、選びやすいです。
相場は自分の予算を入力していくとそれに応じて選んでいけるので便利です。
【昼12時まで】のご注文で当日配達という特徴があり急いでいるシーンで便利です。

 

プレミアガーデン

こちらは相場は全体的に高いですが、
品質がいいです。大事な行事などの時に一回のぞいてみてはいかがでしょうか。

イイハナドットコム

アレンジメントフラワーで検索すると
たくさんの花が一気に見ることができます。
ほかの2サイトで相場などを把握しておいて
こちらでよいものを探してみるといいでしょう。

供花の値段はいくらがベスト?シチュエーション別の相場を解説

 会社の同僚の家族にご不幸があった。親友の家族にご不幸があった。など、生活をしていると大切なご家族を亡くす悲しい場面にも出会ってしまいます。

立場はさまざまですが、そんな悲しい場面に亡くなられた方のご冥福を祈る気持ちを表す方法として供花という方法があります。

葬儀が遠方であったり、所用でどうしても葬儀に参列できない場合にも供花を贈ることがあります。その他、香典を辞退された葬儀でも香典の代わりに供花を贈ることも

この記事では供花の値段について相場をご紹介いたします。

供花の値段相場

一般的な供花の相場

一般的な供花の相場は、5,000円から15,000円といわれています。5,000円から15,000円では結構開きがありますが、この開きは、贈る人の立場や故人との関係性から生じる側面があります。

つまり、血縁関係や付き合いの深さなど生前の故人と、どのような関係にあったかで値段が大きく異なるのです。

会社の取引先の弔いに法人としてお贈りする場合

会社の企業規模などにもよりますが、概ね供花の中で高いものは30,000円ほどの値段です。これを2基供花として贈るとなると60,000円になります。

また、関係する部署が複数ある場合などは部署からも供花を贈るなどもあるので、合計すると100,000円前後の費用をかけることが一般的です。

会社の社員の弔いに法人としてお贈りする場合

こちらも企業規模が影響しますが、法人を代表として30,000円前後の供花を贈ることになります。相場としては、50,000円前後です。

友人の弔いに個人でお贈りする場合

友人の場合は、あまり高価な供花を贈るとご親族に気を使わせることにもなりかねません。その為、15,000円から20,000円前後の供花を選ぶ方が多いです。

祖父・祖母の弔いに孫一同でお贈りする場合

こちらもお孫さんの数や、家族構成で大きく変わります。お孫さんが多いと複数の供花が贈られます。親族という強い関係性があるので30,000円前後の供花が選ばれます。

孫や、親戚一同の連名で贈る場合は、それぞれから3,000円程度を目安にお金をいただくと、相応な供花スタンドをお贈りすることができるでしょう。

供花とはどんな花が使われる?贈る理由は?

百合や菊、デンファレ、カーネーション、胡蝶蘭などの白をベースとしたお花が主流として使われます。

その他には、黄色や紫色、薄いピンクといった落ち着いた色合いのお花も使われますが、全体として落ち着いた感じの色合いのお花が使用されます。

供花を贈る理由はいくつかあります。

基本的な考えは「亡くなられた方のご冥福を祈る気持ち」を表すために贈ります。

ですから何かしらの理由で葬儀に参列できない場合にも、供花を贈ることがあるのです。

供花を贈るときのマナー

供花を贈るのにもマナーがあります。このマナーを知らないとご親族を返って不快な思いにさせてしまうことにもなりかねません。また、マナーを知らないとご自身が恥をかくことにもつながりますからマナーはしっかりと知っておきたいものです。

値段が高すぎるもの、低すぎるものは避ける

あまりにも高額な供花は、逆にご親族に気を使わせる要因になる可能性があります。自分の身の丈に合った供花を贈ることが必要です。

せかっくの気持ちで、逆に大きな気を遣わせるようになるのは本意ではないはずです。ご親族の気持ちにも配慮をして供花を贈ることを心がけましょう。

宗派によって供花の種類や色が異なる

宗教によって供花の種類や色が異なる実情があります。

例えば「キリスト教」では、教会に供花を贈ることはしません。供花は個人宅に送付します。

また名札はつけないのがマナーです。基本的に白を基調とした色の花であれば問題がありませんが、失礼のないように亡くなられた方の宗教や宗派を調べ供花を準備するときに花屋さんに相談をしましょう。

葬儀場によっては持ち込みが禁止されていることも

葬儀場によっては、供花の持ち込みを禁止している葬儀場もあります。そのような場合は、「供花代」を包んで供花の代わりに贈ることがあります。「供花代」は、一般にお花屋さんや葬儀屋に渡します。

準備は「お香典」と同じタイミングですが、無地の白い封筒か不祝儀袋に「御花代」と記して渡しましょう。金額は御花代に見合う金額を入れます。

供花の値段が安いオススメ通販サイト

プレミアガーデン

プレミアガーデンは通信販売で胡蝶蘭、スタンド花、アレンジメント、花束の他に観葉植物などを扱っている会社です。全国への配送が可能で、供花の品ぞろえは、14種類となっています。

価格は7,000円から35,000円と幅広く用意されています。一般価格の半額くらいの値段で高級感のある供花を購入できるため、見栄えを気にする方にはおすすめのフラワーショップとなっています。

プレミアガーデン公式サイト

花キューピット

「花キューピット」の名前を聞いたことがある人は多いと思います。名前のよく知られた通信販売サイトです。花キューピットからは花束を連想する人が多いようですが供花もしっかり取り扱っています。

価格帯は16,500円から33,000円となっていて、10種類のスタンド花の供花が販売されています。メイン価格帯は22,000円と少し高めの設定です。

花キューピット公式サイト

日比谷花壇

老舗の花屋の運営する通販サイトです。もとはお花屋さんだけあって、お花選びやお花の質には定評があります。全国に支店や提携店舗を構えていますので多くの地域の方の利用が可能です。

供花は籠花からスタンド花まで60種類を超える品ぞろえがあります。価格は3,630円から33,000円までと幅広い価格帯があります。供花のメインの価格帯は12,000円から15,000円の価格となっています。

日比谷花壇公式サイト

まとめ

供花は気持ちの代弁として利用されます。「亡くなられた方のご冥福を祈る気持ち」を伝えることになるのですが、マナーや配慮を欠けばせっかくの気持ちが台無しになってしまうことも。

生涯一度きりの葬儀の場で失礼があってはなりません。

同時にご親族の悲しみにも寄り添わなければありません。いらぬ気遣い及ばぬよう最大限の配慮を行うのもマナーの一つです。

供花を贈るときは「一基」?「一対」?知っておきたい葬儀の基本

訃報を知った際に贈る供花ですが、数え方には「一基」もしくは「一対」があります。実はこの二つにはきちんとした違いがあり、価格も大幅に異なります。

また、いざ贈るにしても名札の書き方に違いがあったり、お近くのお花屋さんに注文するだけではいけないことはご存知でしょうか?今回は供花を贈る意味から相場といった基礎知識、注文時のマナーや注意まで簡単にまとめました。

供花の数え方は一対?一基?基礎知識・マナーを紹介

供花の読み方

供花は「きょうか」または「くげ」と読みます。一般的に祭壇の両脇、または葬儀会場に飾られる生花のことを言います。

宗派に関わらず、葬儀式の際の装飾として参列者たちが贈る生花を指すことが多いです。

供花を贈る意味

参列者のうち、故人と血縁関係にあったり親交の深かった場合、生花を贈ることで弔意を表します。故人への弔意を表すとともに、安らかな旅立ちを祈って贈られるものなので、気持ち次第で誰でも贈ることができます。

また、贈られた供花は、参列者の故人への深い哀悼の意を示し、悲しみの中にある遺族への慰めにもなります。

・供花の数え方の単位

供花は「一基」または「一対」と数えます。「一基」はひとつの供花を、「一対」はふたつの供花を意味します。

つまり「一対」は「二基の供花」のことを言います。多くの場合、「一対」の供花は祭壇を挟んで対になるように飾られます。

親族であったり、故人と親交の篤かった場合は「一対」の供花を、職場関係や友人などの場合は「一基」の供花を贈ることが一般的です。

供花の贈り方

飾り付ける必要があるため、供花はお通夜が始まる前には到着するように手配しましょう。

また、昨今は遺族が供花の受け取りを遠慮する場合もあります。念のため、贈る前に遺族に確認を取りましょう。

遺族の了承が得られたら、お葬式を担当する葬儀社に供花の相談をします。お葬式の会場によっては、搬入できる生花店が決まっている場合もあり、外部の生花店の供花は持ち込み料がかかってしまうことがあるので注意しましょう。

提携している生花店がある葬儀社は、供花の注文を経由してくれる場合も多いです。

名札・立て札の書き方

供花は贈り主の所属、氏名を記載した名札(もしくは立て札)を立てて飾られます。

個人で贈る際は個人名のみで構いませんが、複数人の連名で贈る際は、縦書きの右側から順に地位が上の人を書きます。

親族や友人など順位の関係ない連名の場合は「子供一同」「友人一同」などと書きましょう。法人として贈る場合、法人名や所属部署名などは正式名称を書きます。

供花の種類

一般的な供花は白菊などの白色をベースとした、落ち着いた雰囲気のフラワーアレンジメントになっています。菊や胡蝶蘭、季節の花を取り入れることもありますが、概ね桃色や黄色など、淡い色彩にまとめられます。

宗派によっては榊(さかき)や樒(しきみ)など、特定の植物を指定している場合もありますので、贈る際は遺族または葬儀社に確認しておきましょう。

なお、キリスト教の場合は名札はつかず、使用される花も洋花を中心としたものになります。白菊はあまり使用されませんが、やはり百合やカーネーションなどの白い花がメインになります。

枕花との違い

供花とよく間違えられるものに枕花(まくらばな)というものがあります。供花が葬儀場へ届けられるのに対し、枕花は故人の枕元に届けられます。

枕花は亡くなってすぐ、自宅や安置所に安置する故人の枕元に飾られます。故人が式場に移動する際、枕花も一緒に移動する場合がありますので、供花よりも小ぶりで、運びやすいアレンジメントになっています。

持ち運びやすいように、名札ではなくメッセージカードを添えることが多いです。

供花一基の料金相場

供花一基の相場は7,000~20,000円です。一対になるとその倍の値段になります。

提携の生花店が決まっている場合は、一律のデザインの供花を勧められる場合が多いので、他の参列者との足並みを揃えたい場合は、生花店もしくは葬儀社に相談すると良いでしょう。

しかし、提携する生花店が無く自分で注文する場合もあります。高額な花を多く使用した供花は値段も跳ね上がり、遺族に気を遣わせてしまうこともありますので、故人との関係性を踏まえた上で、遺族の負担にならないよう適切な供花を選びましょう。

供花一基注文するのにおすすめな通販サイト

プレミアガーデン

スタンドタイプ(祭壇の高さに合わせた供花)は一基15,000円から注文できます。百合や胡蝶蘭などをふんだんに使用した、上品なアレンジメントが多く取り揃えられています。東京

※大阪などの一部地域では、16時までに注文すれば当日配達が可能です。

プレミアガーデン公式サイト

日比谷花壇 

一基18,200円から注文できます。菊をあしらったトラディショナルなタイプの供花です。送料が全国無料ですので、生花店の所在地を気にせず注文できます。ただし当日配達を希望する場合は14時までに注文する必要があるためご注意ください。
日比谷花壇の公式サイト

ビジネスフラワー

15,000円からスタンドタイプ供花が注文できます。白菊をメインにした「和花」スタイルと百合をメインにした「洋花」スタイルの違いを分かりやすく見ることができます。

一部地域を除いて、15時までに注文すれば当日配達が可能です。

また、供花と一緒に弔電を打つ場合は電報代が0円になるため、少しでも費用を削りたい場合はおすすめです。

ビジネスフラワーの公式サイト

まとめ

供花は故人の宗派や自分との関係性によって、贈り方が変わってきます。

弔意をあらわしたかったのに、遺族に気を遣わせてしまったのでは本意ではありませんよね。少しでも迷ったり、不安があれば、担当の葬儀社に相談してみましょう。

親子や会社の連名で供花を出すには?相場や札の書き方を解説

故人に供花を贈りたいときに夫婦や友人一同、会社の部署一同などといった形で出したい場合もあるでしょう。連名で供花を出すときには一人で出すときと違いがあるのでしょうか。

贈る供花の値段相場や札の書き方など、連名にする際に押さえておくと役に立つポイントを一通り紹介します。故人や遺族のことも考えて適切な対応をできるようになりましょう。

供花を連名で出す時の値段相場は?

供花を連名で出すときには一人で出すときよりもやや高めのものを選ぶのが一般的です。

人数にもよりますが、2万円から5万円程度のものを贈る場合が多くなっています。

あまり高いものを贈るとお返しで負担をかけてしまうのでこのくらいの値段になるように選びましょう。

供花を連名で出す時の札名の書き方

親子や夫婦で贈る場合

供花を親子や夫婦の連名で贈ることはよくありますが、この場合によっては状況によって少し異なります。親子や夫婦で一緒に暮らしているのであれば、当主の名前を札に記載して供花を出すのが基本です。

もし別居をしているのであればそれぞれの家庭の当主の名前を書きます。夫婦で別居生活をしている場合には夫と妻の名前を書き、独立した子供がいる場合にはその子供の名前も入れると考えるようにしましょう。

孫一同として贈る場合

故人の孫同士で供花を用意する場合には孫一同と書くのが一般的です。人数が少ない場合には全員の連名にしてしまっても問題ありません。その場合には最も年齢が高い人を右側へ書き、左に向かって年下の人の名前を書いていきます。

このような書き方は孫だけに限らず、子供や兄弟姉妹などの場合にも同じです。また、子供と孫の連名で供花を出す場合には右から子供一同、孫一同と札に書いておけば良いでしょう。

友人一同として贈る場合

友人で話し合って一緒に供花を出そうと決まった場合にはどうやって札に名前を書こうか悩みがちですが、人数によって変えるのが基本です。供花の大きさとのバランスを考えて札が大きくなりすぎないようであれば全員分の名前を書きましょう。

人数が多い場合には友人一同と書いても構いません。また、他にも友人一同の供花が寄せられる可能性がある場合には、故人との関わりを考えて団体名などを記載するのも良い方法です。

会社・法人から贈る場合

会社や法人として故人に供花を贈る場合には会社名や法人名を正式な形で書くのが一般的です。会社全体から出す場合には代表として取締役の名前を併記しても構いません。また、会社の一部署の有志で供花を出すような場合もあります。

このときには会社名に続いて部署名を記載し、営業課一同などといった書き方をするのが通例です。この際にも課長の名前を代表として書くことができますが、必須ではありません。

連名で供花を贈る時の注意点

連名で供花を贈るときにまず注意が必要なのは喪主から許可を取ることです。親族だけで葬式をしたいケースもあるので、突然贈るとかえって迷惑になることもあります。

喪主に事前に確認を取り、葬儀社にも連絡をして供花の設置方法や受け取りなどについても打ち合わせをしておくのが大切です。葬儀場に直接送って欲しいと言われた場合には葬儀場にも連絡をしておくのが無難です。

連名で供花をいただいた時のお返しについて

供花を連名でいただいたときにはお返しをどうしたら良いのかと悩むかもしれません。

基本的には供花の贈り主に対し、供花の高価さに応じて品物を選んでお返しすれば良いですが、連名の場合には誰にお返しをしたら良いのかがわからなくなりがちです。

家庭や会社でまとまって贈ってくれた場合には皆で分けられるものを選べば問題ありません。友人一同などの場合には一人当たりいくらくらい負担しているかを想像し、それぞれに対してお返しをしましょう。

連名で供花を贈るのに最適な通販サイト

プレミアガーデン

プレミアガーデンは供花スタンドや胡蝶蘭、アレンジメントなどのお祝いや葬儀などのシーンで活用できるフラワーギフトを販売している通販サイトです。連名で供花を贈るのに適した価格でデザインも優れているスタンド花がたくさんあります。

10,000円台から30000円台のスタンド花が特に種類が多く、遺族や葬儀場の状況、連名する人数などに合わせて適切なものを選びやすいでしょう。

プレミアガーデン公式サイト

日比谷花壇

日比谷花壇は豊富なラインナップがあることで有名なフラワーギフトの通販サイトです。シーンに応じて商品を分類しているので探しやすく、葬式用のフラワーギフトを検索すれば供花スタンドやアレンジメントなどがたくさん見つかります。

連名の札も作成して一緒に希望先まで配送して納品してくれるので安心です。供花スタンドの値段も15,000円から50,000円前後まで幅広く取り揃えています。

日比谷花壇公式サイト

ビジネスフラワー

ビジネスフラワーはクオリティーの高いフラワーギフトを手がけていることでよく知られているサイトで、供花についても取り扱いが豊富です。既製品のラインナップもありますが、予算に応じたオーダーメイドの供花も用意してくれます。

連名のときにはお金を集め、その全額で用意してもらえると簡単でしょう。札の作成や配送なども柔軟に対応してくれるので安心してで利用できるショップです。

ビジネスフラワー公式サイト

まとめ

連名で供花を贈るときには一般に受け入れられている基本を踏襲して札を書くのが大切です。適切な値段帯の供花を用意して喪主の負担にならないようにするのも重要なので、相場に基づいて選ぶようにしましょう。

通販サイトを使うと連名のときにも簡単に手配できるので検討してみてください。

お悔やみに贈る供花スタンドとは?値段や札の書き方について

供花スタンドを贈りたいと思ったときにどんな花を選んだら良いのかと悩んでしまうこともあるでしょう。お供えをするときにはしっかりとマナーを守らないとひんしゅくを買うリスクもあります。

供花スタンドをショップで手配するときに押さえておきたいポイントを一通り紹介するので、喪主や遺族に喜んでもらえるように準備を整えましょう。

供花スタンドを手配するなら一対?一基?

供花スタンドを手配するときには一対にするべきか、一基だけでいいのかが悩みになることがよくあります。

昔ながらのマナーとしては葬儀のときに贈る供花スタンドは一対にするのが常識です。葬儀場に飾る上で一対の方が見栄えが良いのも確かでしょう。

ただし、最近では一基だけ贈るというケースも増えてきています。厳格なルールがあるわけではないので、故人や遺族の意向を伺って決めるようにするのが最も無難な方法です。

葬儀用の供花スタンド花の選び方

葬儀用に用意する供花スタンドでは花の選び方に注意しましょう。

基本的にはけがれがない色である白の花を選ぶのがマナーです。種類についても菊が最も一般的で、トルコキキョウやカーネーションなどもよく使われるようになっています。

また、スタンドを贈るか、アレンジメントを贈るかで悩む場合もあるかと思います。

葬儀場に送るのなら供花スタンドにするのが基本です。特に葬儀に参列できないような場合にはスタンド花を供花として贈るのがマナーです。

それに対して、枕花として親族の家に贈る場合にはスタンドではなくアレンジメントを選ぶことをおすすめします。

小型のアレンジメントの方がご家庭で取り扱いやすくて喜ばれるのです。

供花スタンドの料金相場

供花スタンドを手配するのにかかる費用は一般的にどのくらいなのでしょうか。

スタンドのサイズや段数、連結数などによって違いはありますが、お葬式で送られるのは2万円から5万円くらいが相場です。

オーダーメイドで注文したり、大勢の連名で送ったりする場合には10万円近いものを選ぶ場合もあります。ラインナップは豊富なので状況に応じて適切な価格帯のスタンド花を選ぶことが可能です。

葬儀用の供花スタンド花の手配方法

葬儀場・葬儀社・喪主に確認

供花スタンドを贈るときにはまず喪主に確認をとりましょう。お供えとして送って良いかを聞くだけでなく、葬儀場や葬儀社がどこかも確認します。そして、供花スタンドの設置が可能かを聞き、搬入などの打ち合わせをしましょう。

注文

供花スタンドを贈ると決めたら花屋に注文します。店頭だけでなく電話やメールなどで注文できるサービスもあり、指定日時に葬儀場に配達してもらうことも可能です。

即日対応のサービスもありますが、余裕を持って数日前には注文しておくのが無難です。

立て札には「供」と書き、その下に氏名や会社名を記載します。花屋に依頼すればスタンドと一緒に準備してもらうことが可能です。

弔電の手配

供花スタンドを贈るときには葬儀に出席できない場合が多いでしょう。

そこで、必須ではありませんが、弔電の手配もしておくのが無難です。言葉にして悔やむ気持ちを伝えられるので遺族にも思いがはっきりと伝わるでしょう。

回収

スタンド花を贈った場合には遺族や葬儀場に迷惑がかからないように贈り主が回収をするのがマナーです。自前で回収するのが難しい場合にはフラワーショップの回収サービスも利用できます。葬儀が終了するタイミングで回収に行ってもらえる便利なサービスです。

供花スタンドを手配するのにおすすめな通販サイト

プレミアガーデン

プレミアガーデンは胡蝶蘭や花スタンド、アレンジメントなどを手がけるフラワーショップです。

季節に応じた花々を上手に使ったアレンジメントにも人気がありますが、菊やカーネーションなどの供花も取り扱っているので葬儀用に適した花スタンドを15,000円から用意してもらえます。葬儀のときによく用いられる胡蝶蘭もスタンドと合わせて手配することが可能です。

早めに依頼をすれば全国各地に配送してくれるのも魅力です。

プレミアガーデン公式サイト

日比谷花壇

日比谷花壇は様々なシーンに対応できるフラワーギフトを広く取り扱っているフラワーショップです。価格としては10,000円からスタンド花を購入することができ、50,000円以上のする高級で見栄えの良い供花スタンドも調達可能です。

日比谷花壇ではお供え用のアレンジメントも豊富に取り扱っていて、ピンク色の花も混ぜてインテリアになるようなお花もあります。4,000円から10,000円程度で手配できるので見てみる価値があるでしょう。

日比谷花壇公式サイト

ビジネスフラワー

ビジネスフラワーは主にフォーマルなシーンで活用できるフラワーギフトに力を注いでいるフラワーショップです。

会社としてスタンド花を贈りたい、会社の重役が亡くなってしまったから社員一同でお花を用意したいと言ったときには特にニーズに合った商品が見つかるでしょう。

ビジネスフラワーでは20,000円から50,000円程度の一般的な相場のスタンド花の取り扱いが中心になっていますが、予算に応じて相談することも可能です。

ビジネスフラワー公式サイト

まとめ

お供えのために葬儀用の供花スタンドを用意するときには一対にするか一基にするかをよく考え、花の色や種類などのマナーを守ることが大切です。供花の取り扱いに慣れているフラワーショップを利用することで安心して手配できるようにしましょう。

「供花」にそえる「芳名名札」(ほうめいなふだ)の書き方と注意する点

「芳名」(ほうめい)とは、名前を表す敬語表現です。「供花」をお贈りする場合は、お贈りした「供花」に名札をそえるのが一般です。

似たような言葉に「芳名板」というのがありますが、これは葬儀に際し多くの「供花」が届けられ全てを飾れない場合に「供花」を贈ってくださった方のお名前を一覧で紹介するいわば案内板のことです。

「供花」を贈りすると「芳名名札」という贈り主の名前を記す立札も必要になります。当然、名前の書き方には作法があります。ここでは、「芳名名札」の書き方と手配方法、注意点などをまとめていきます。

供花の芳名名札の書き方

個人で贈る場合

 個人で贈る場合には、個人名だけを「芳名名札」に記します。贈る前にご遺族側に供花を贈っても良いかのご意向を確認するのが望ましいです。

直接お会いする機会があればその時にお伺いすればいいですが、そうでない場合は葬儀社に確認をするといいです。

「芳名名札」には基本、贈り主の氏名のみが記されます。「芳名名札」の中央に「○○ ○○」と記します。

会社・法人として贈る場合

会社や法人として「供花」を贈りする場合には「芳名名札」には会社名や法人名を記します。

正式な名称で、「〇△□株式会社」「○○法人□□□」などのように「芳名名札」に記するのが望ましいですが、社名が長い場合は(株)(有)などのように省略しても構いません。

社名の他に代表者の名前を載せる場合は、会社の代表者、法人の代表者の名前をフルネームで記します。その際、役職も記します。

○○株式会社
代表取締役社社長 □□ □□

などのように右側に社名、真ん中に役職、氏名の順に記します。会社として、法人として「供花」を贈る場合は、その代表者は役職の最も高い人の名前を記します。

連名で贈る場合

友人や同僚など複数で「供花」を贈りする場合は、「○○一同」のように表記します。名前を記す場合は3人までは個人名を記すことができます。4人以上の場合は「一同」とまとめて表記します。

複数の氏名を記す場合は、肩書や年齢や関係の深い順に右から順に記すのがルールです。例えば会社の部署の同僚と「供花」をお贈りするような場合は、次のようになります。

○○株式会社 営業部
□□ □□
△△ △△
◇◇ ◇◇

また、一同でまとめて記す場合は次のようになります。

「○○大学 同期生 一同」「△△家 孫一同」「○○株式会社 ◇◇部 一同」いずれも中央に「組織名 一同」といった形で記します。

複数名で「供花」お贈りする場合は、個人名を記載した書面をそえるといいです。

供花の芳名名札の手配方法

基本的に「芳名名札」を自分で書くことはありません。多くの場合「供花」をお花屋さんや葬儀社に依頼をすることになります。その際、お花屋さんや葬儀社が「芳名名札」の手配もしてくださいます。

手配をする段階で、「芳名名札」に記す名前を聞かれます。名前間違いがあるといけません。会社名、組織名、氏名を含め正確に伝えるための工夫が必要です。

その為、電話での口頭確認のみで済ますのではなく、メールやファックスなどを利用して正確な情報を伝えるようにしてください。

供花の芳名名札に関する注意点

宗派によって供花の色も名札の有無も違う

宗教や宗派によって「供花」「芳名名札」に対する考え方が違います。「仏教」「神道」「キリスト教」でその違いを見ると、「仏教」では「菊」「カーネーション」「ユリ」「デンファレ」などが使われます。

「神道」では、「榊」「白菊」が大半を占めます。

最後に「キリスト教」では「小菊」「カーネーション」「ユリ」と小ぶりの花が使われます。「芳名名札」は、「キリスト教」では使用しません。同時にスタンド花も贈りません。

葬儀場や葬儀社によっては供花の持参が禁止されていることも

葬儀場や葬儀社によては「供花」の持参を禁止しているところがあります。多くの花が届くのは、葬儀を華やかにするので良い側面がありますが、片付けを要する側面もあります。

葬儀に関わる全てを任される葬儀場や葬儀社においては、片付けも大切な仕事です。

このように総合的に見て「供花」の持参をお断りしている場合があります。また、ご遺族のご希望で「供花」をお断りしている場合もあるのです。

ご遺族のご希望に反するようなことは避けたいものです。「供花」をお送りする前に葬儀場や葬儀社に確認を取るようにしてください。

英語名の方はカタカナで表記する

「供花」を贈る際の「芳名名札」の記載は外国人の場合はどうすればいいのでしょう。また、外資系の会社で正式な社名が英語の会社の場合はといった疑問も生まれます。

英語については「カタカナ」で表記をするというルールがあります。例えば、「アルベルト・アインシュタイン」のようにすべてを「カタカナ」で表記をします。

供花の芳名名札無料サービスがあるおすすめ通販サイト

プレミアガーデン

「プレミアガーデン」は通信販売でお祝いの花や供花を販売する会社です。東京を拠点に、大阪、名古屋、福岡に支店を展開しています。供花のラインナップは全14種類です。価格は7,000円から35,000円となっています。

供花のメイン商品は15,000円から20,000円の価格のものとなっています。もちろん、「法名名札」は別途費用が必要ありません。

注文の際にお伝えすれば、「プレミアムガーデン」で「法名名札」を書いてくれ、「供花」とともに指定した葬儀場へ配送してくれます。

東京23区・横浜市・川崎市(一部地域を除く) /埼玉・千葉の一部イベント会場・名古屋市内(一部地域を除く)・大阪市内(一部地域を除く) ・福岡市内(一部地域を除く)であれば当日の配送にも対応してくれます。

プレミアガーデン公式サイト

日比谷花壇

老舗の花屋が行っている通販サイトです。全国に支店や提携店舗を構えていますので多くの地域の方の利用が可能です。「供花」のスタンド花の種類はそれほど多くありません。価格帯は16,500円から33,000円です。

もちろん「芳名名札」の費用が別途かかることはありません。社名や名前の記載もすべて行ってくれます。10時までの注文であれば当日の配送してくれます。10時以降は地域によっては当日、または翌日と差があります。

日比谷花壇公式サイト

ビジネスフラワー

「ビジネスフラワー」は、品川の本社で注文を受け、受けた注文を提携しているお花屋さんへ依頼しスタンド花を作成し、配送する形で運営を行っています。

「供花」のスタンド花の価格は15,000円から82,000円までの商品があり、ラインアップも44種類を提供しています。当日配送可能なのは限られた商品のみで基本的に翌日の配送となります。

商品数が多いお店なので商品を選びたい方にはおすすめのフラワーショップです。「芳名名札」に別途費用は必要ありません。
ビジネスフラワー公式サイト

まとめ

葬儀の際に葬儀場を彩る意味合いもある「供花」ですが、その「供花」にそえる「芳名名札」にも作法があります。また、宗教や宗派によってその取扱いにも差があるのが現実です。

「芳名名札」には中央にフルネームで氏名を記入するというルールがありますが、キリスト教では「供花」は自宅へ「法名名札」なしで、しかも籠花や花束のスタイルで贈るのがルールです。

また、あまりにも高額な「供花」を贈りするのはご遺族のご負担になるので避けるべきとされています。細かなルールがありますが、これまで見てきたとおりにそれほど難しいルールではありません。

しっかり理解し、いざという時に活用できるようにしておきましょう。

お葬式で供花を供える際の相場や注意点。配送の手順も解説

突然の訃報が届き、供花を贈ることになると、何をして何に注意して良いのか分からなくなるものです。供花には、宗教や地域によってそれぞれルールがあり、失礼がないよう事前にルールを知っておく事が大切です。

ここでは、供花の種類やルール、相場のほか、連名で贈る場合などのケースについても解説していきます。

お葬式の供花について悩んでいる方は、是非、ご覧ください。

お葬式で使われるお花の種類

供花

供花は、「きょうか」、「くげ」と読みます。

亡くなられた方へのご冥福を祈るため、お花を供えることで亡くなった方の霊を慰めるという意味を持ちます。お葬式で、祭壇の両脇に置かれている「親戚一同」などと書かれて置かれています。

枕花

枕花は、哀悼の気持ちを込めて贈る花のことです。

基本的に、遺族からいち早く亡くなった知らせを受けた近親者や親しくしていた友人などが贈る花で、控えめな籠花にして贈るのが一般的なマナーです。

花輪

花輪は、「供花」の一種です。生花や造花をリング状にして作ったものを指し、基本的には葬儀場の入り口・建物の外に飾られます。

弔意を込めて贈られるもので、黒と白のシンプルな花輪が一般的です。

献花

献花は、参列者が個人にお別れを告げる際に、霊前や神前にお供えするお花です。

基本的にキリスト教・無宗教の葬儀で行われる事が多く、遺影の前のテーブルに置くか、棺の中にお花を入れる場合もあります。

献花として多く用いられるのはカーネーションですが、故人に好きな花が合った場合、その花を献花として供えるケースも少なくありません。

お葬式に供花を手配する方法

STEP1喪主・葬儀社・葬儀場に確認

宗教によって供花は種類が異なりますので、喪主やご遺族、葬儀社にお葬式の形式について確認しましょう。

供花を手配するのは、葬儀を担当する葬儀社もしくは花屋に依頼するパターンです。ただし、他店の供花が利用できない場合もありますので、葬儀社に確認しましょう。

STEP2注文〜芳名名札の作成~

供花には、必ず誰が送ったか分かるように芳名名札が付けられます。ただし、関係性によって名札の書き方に違いがありますので注文前に確認しておきましょう。親族でお花代を出す場合は、「兄弟一同」のように最後に一同をつけます。

兄弟の場合は、下の名前だけ記載し、年齢が上の人が右に来るようにします。

STEP3回収

基本的に、お葬式の供花は、ほとんどの葬儀社が処分やスタンドの引取などを行っています。花屋の場合も、無料でスタンド台を回収してくれるお店もありますので、注文時に確認しておきましょう。

お葬式に贈られる供花の値段相場

供花の値段相場は、一般的には1基で7,000円〜20,000円前後になります。

2基で贈る場合は、料金は2倍になりますので、14,000円〜40,000円くらいになると考えておきましょう。大型のものになると1基15,000円~20,000円となります。

お葬式に供花を贈る際のマナーや注意点

地域によっては供花を持ち帰るのは厳禁

地域によって供花を持ち帰るルールは異なります。葬儀で使用したお花は故人へたむけたものであるため、その花を持ち帰るべきではないと考える人もあります。

そのため、一部の地域では、供花を持ち帰るのは非常識と捉えられるため、注意が必要です。

会社や親族の連名で贈る時の札名の順番

孫・子供などの親族の場合は「孫一同」のように一同をつけます。一番右から年長者の名前を記入し、そこから左へと名前を記入します。

会社・同僚と連名で贈る場合は、「株式会社○○ ○○部一同」などのように一同を最後に書きます。なお、会社名・部署名は正式名称で記入します。

人数が少ない場合に名前も記入する場合は、役職が上、もしくは役職が同じであれば年長者が一番右に来るように記入します。

当日にならないようできるだけ早く手配する

供花を贈るタイミングですが、基本的には遅くとも通夜の3時間前には注文を完了するのが望ましいとされています。訃報がいつ届いたかにもよりますが、当日に注文することのないよう、出来るだけ早く手配を行いましょう。

連名でお花を贈る場合には、それぞれ早めに連絡を取り合って取り決めを行いましょう。しかし、早すぎるのも「訃報を待っていた」と思われますので、注意が必要です。

葬式へ贈る供花のおすすめ通販サイト

プレミアガーデン

多種多様な供花が取り揃えられており、全国からの注文が可能です。

一部地域をのぞいて、東京23区、大阪市内、福岡市内、名古屋市内であれば、当日の自社配送が可能です。16時までの注文が必要ですが、電話をするとなるべく対応してくれますので、おすすめです。

プレミアガーデン公式サイト

日比谷花壇

日比谷花壇では葬儀の運営・サポートまで行っています。

そのため、供花の種類も豊富で、宗教・宗派、地域による違いなど、情報を伝えれば、届ける花の色合い・形態などを提案してくれます。

日比谷花壇公式サイト

ビジネスフラワー

急な通夜・告別式でも、最短2時間で供花を手配してくれます。

さらに電報は無料ですので、お花と一緒に弔電を贈る事が可能です。

そのほか、供花のマナーに関しても相談できるので安心です。

ビジネスフラワー公式サイト

まとめ

お葬式の供花は、地域や宗教によってルールが異なります。

そのため、自分勝手に判断せず葬儀社や花屋に事前に確認する事が大切です。

また、連名で送る場合には、名札の記入方法などにも注意しましょう。