供花

お悔やみに贈る供花スタンドとは?値段や札の書き方について

供花スタンドを贈りたいと思ったときにどんな花を選んだら良いのかと悩んでしまうこともあるでしょう。お供えをするときにはしっかりとマナーを守らないとひんしゅくを買うリスクもあります。

供花スタンドをショップで手配するときに押さえておきたいポイントを一通り紹介するので、喪主や遺族に喜んでもらえるように準備を整えましょう。

供花スタンドを手配するなら一対?一基?

供花スタンドを手配するときには一対にするべきか、一基だけでいいのかが悩みになることがよくあります。

昔ながらのマナーとしては葬儀のときに贈る供花スタンドは一対にするのが常識です。葬儀場に飾る上で一対の方が見栄えが良いのも確かでしょう。

ただし、最近では一基だけ贈るというケースも増えてきています。厳格なルールがあるわけではないので、故人や遺族の意向を伺って決めるようにするのが最も無難な方法です。

葬儀用の供花スタンド花の選び方

葬儀用に用意する供花スタンドでは花の選び方に注意しましょう。

基本的にはけがれがない色である白の花を選ぶのがマナーです。種類についても菊が最も一般的で、トルコキキョウやカーネーションなどもよく使われるようになっています。

また、スタンドを贈るか、アレンジメントを贈るかで悩む場合もあるかと思います。

葬儀場に送るのなら供花スタンドにするのが基本です。特に葬儀に参列できないような場合にはスタンド花を供花として贈るのがマナーです。

それに対して、枕花として親族の家に贈る場合にはスタンドではなくアレンジメントを選ぶことをおすすめします。

小型のアレンジメントの方がご家庭で取り扱いやすくて喜ばれるのです。

供花スタンドの料金相場

供花スタンドを手配するのにかかる費用は一般的にどのくらいなのでしょうか。

スタンドのサイズや段数、連結数などによって違いはありますが、お葬式で送られるのは2万円から5万円くらいが相場です。

オーダーメイドで注文したり、大勢の連名で送ったりする場合には10万円近いものを選ぶ場合もあります。ラインナップは豊富なので状況に応じて適切な価格帯のスタンド花を選ぶことが可能です。

葬儀用の供花スタンド花の手配方法

葬儀場・葬儀社・喪主に確認

供花スタンドを贈るときにはまず喪主に確認をとりましょう。お供えとして送って良いかを聞くだけでなく、葬儀場や葬儀社がどこかも確認します。そして、供花スタンドの設置が可能かを聞き、搬入などの打ち合わせをしましょう。

注文

供花スタンドを贈ると決めたら花屋に注文します。店頭だけでなく電話やメールなどで注文できるサービスもあり、指定日時に葬儀場に配達してもらうことも可能です。

即日対応のサービスもありますが、余裕を持って数日前には注文しておくのが無難です。

立て札には「供」と書き、その下に氏名や会社名を記載します。花屋に依頼すればスタンドと一緒に準備してもらうことが可能です。

弔電の手配

供花スタンドを贈るときには葬儀に出席できない場合が多いでしょう。

そこで、必須ではありませんが、弔電の手配もしておくのが無難です。言葉にして悔やむ気持ちを伝えられるので遺族にも思いがはっきりと伝わるでしょう。

回収

スタンド花を贈った場合には遺族や葬儀場に迷惑がかからないように贈り主が回収をするのがマナーです。自前で回収するのが難しい場合にはフラワーショップの回収サービスも利用できます。葬儀が終了するタイミングで回収に行ってもらえる便利なサービスです。

供花スタンドを手配するのにおすすめな通販サイト

プレミアガーデン

プレミアガーデンは胡蝶蘭や花スタンド、アレンジメントなどを手がけるフラワーショップです。

季節に応じた花々を上手に使ったアレンジメントにも人気がありますが、菊やカーネーションなどの供花も取り扱っているので葬儀用に適した花スタンドを15,000円から用意してもらえます。葬儀のときによく用いられる胡蝶蘭もスタンドと合わせて手配することが可能です。

早めに依頼をすれば全国各地に配送してくれるのも魅力です。

プレミアガーデン公式サイト

日比谷花壇

日比谷花壇は様々なシーンに対応できるフラワーギフトを広く取り扱っているフラワーショップです。価格としては10,000円からスタンド花を購入することができ、50,000円以上のする高級で見栄えの良い供花スタンドも調達可能です。

日比谷花壇ではお供え用のアレンジメントも豊富に取り扱っていて、ピンク色の花も混ぜてインテリアになるようなお花もあります。4,000円から10,000円程度で手配できるので見てみる価値があるでしょう。

日比谷花壇公式サイト

ビジネスフラワー

ビジネスフラワーは主にフォーマルなシーンで活用できるフラワーギフトに力を注いでいるフラワーショップです。

会社としてスタンド花を贈りたい、会社の重役が亡くなってしまったから社員一同でお花を用意したいと言ったときには特にニーズに合った商品が見つかるでしょう。

ビジネスフラワーでは20,000円から50,000円程度の一般的な相場のスタンド花の取り扱いが中心になっていますが、予算に応じて相談することも可能です。

ビジネスフラワー公式サイト

まとめ

お供えのために葬儀用の供花スタンドを用意するときには一対にするか一基にするかをよく考え、花の色や種類などのマナーを守ることが大切です。供花の取り扱いに慣れているフラワーショップを利用することで安心して手配できるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。