観葉植物の基本の育て方!室内でも枯らさないためのポイントは?

私たちの生活に彩りを与えてくれる観葉植物。

いざ観葉植物を部屋の中に置いてみようと思っても、「そもそもどうやって育てたら良いのかがわからない…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな観葉植物初心者の方のために、この記事では「観葉植物の基本の育て方」をご紹介します。

観葉植物が枯れそうになった時の対処法や育てやすい観葉植物なども紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

 

観葉植物の基本の育て方

はじめに観葉植物の基本の育て方や管理方法をご紹介します。

どれも観葉植物初心者の方が初めに理解しておくとい大切なポイントばかりですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

部屋の明るさ

観葉植物の品種にもよりますが、明るい場所で育てるのが基本です。

日当たりのい窓辺などで管理するのがおすすめです。

ただし、夏場に日差しが入り過ぎるような場合は観葉植物にとって良くありません。

直射日光が降りそそぐような窓際では「葉焼け」を起こしてしまうことがありますので、注意が必要です。

そういった場合は、置き場を変更し半日蔭などに置くようにしましょう。

また、観葉植物の種類によっては日光が当たる場所より日陰を好むという場合もありますのでこちらも注意しましょう。

 

水やり

水やりは観葉植物の表面の土が乾いてから行うのが基本です。

少しだけ与えるのではなく鉢の底から水が出てくる程度まで、たっぷりと与えるようにしましょう。

これは意外とご存じない方が多いのですが、葉っぱにも水をあげることが重要です(このことを「葉水(はみず)」と言います)。

霧吹きで葉っぱに水を吹きかけるようにして与えます。

葉っぱにも水分を与え乾燥を防ぐことで、観葉植物の生育を促したり害虫を抑えたりする効果が期待できます。

また、受け皿に残った水は必ず捨てるようにしましょう。

こうすることで、観葉植物の「根腐れ」やコバエの発生などを防止することができます。

 

温度管理

観葉植物を飾る場所の温度管理にもある程度気を配ります。

お住まいの地域の環境によっては、室内でも冬になると室温がマイナスになったり、反対に室内が蒸し風呂のように暑くなったりする場合もあるでしょう。

 

寒さや暑さに弱い観葉植物も多いので、基本的には人間が過ごしやすい気温を保つように意識してください。

特に南国原産の観葉植物を冬越しさせるような場合には、温度管理に気を配ることが大切です。

 

風通し

基本的に観葉植物は風通しのい場所で管理しますが、室内で育てる場合は定期的に風に当ててあげるようにするといでしょう。

風通しを良くすることで、害虫の発生を予防するという効果もあります。

ただし、毎日のように風に当てる必要はありません。

観葉植物の品種にもよりますが、基本的には3日に1回程度で大丈夫でしょう。

 

観葉植物が枯れそうな時の対処法

観葉植物が枯れそうな状態になっている場合、どのような対処法をとればいのでしょうか?

観葉植物の状態が悪い場合の対処方法をご紹介します。

 

肥料をあげる

肥料は観葉植物の生育には欠かせないものです。

特に観葉植物が枯れそうになっている場合は、定期的に肥料を与えるようにしましょう。

ただし、肥料の与え過ぎが枯れてしまう原因になる場合もありますので、観葉植物の種類に応じた量を与えるようにしてください。

 

植え替えをする

観葉植物が成長し根がはってくると、「根詰まり」を起こすことが多くあります。

大きくなった観葉植物が根詰まりを起こしてしまうと、徐々に元気がなくなり葉っぱが枯れてくるようになります。

植え替えが必要です。

植え替えの方法は植物の種類によっても違いますので、注意しましょう。

 

直射日光

はじめの項目でもご紹介しましたが、大抵の観葉植物は直射日光に弱いという特徴があります。

特に夏の時期には窓辺に思わぬほどの直射日光が降りそそいでいることもありますので、気をつけましょう。

 

育て方が簡単な観葉植物5選

最後に、育て方が簡単な観葉植物を5つご紹介します。

それぞれ初心者の方でも育てやすい観葉植物ばかりを集めましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

パキラ

おしゃれなインテリアショップやカフェなどでも見かける「パキラ」。

そんなパキラはとても育てやすく、大変人気のある観葉植物のひとつです。

とても元気のいい観葉植物ですので、園芸初心者の方にもおすすめです。

基本的な育て方さえ意識しておけば、どんどん大きく育つ観葉植物です。

ただし、原産国はブラジルですので、寒さにはやや弱い傾向があります。

 

ユッカ

「ユッカ」もパキラと同様に、強い観葉植物です。

あまりお手入れに気を配らずとも、初心者の方でも美しい葉色を楽しめるという特徴があります。

ちょっぴり男性的で野性味あふれるユッカは、おしゃれな男性へのプレゼントにもおすすめです。

 

サンスベリア

「サンスベリア」も育てやすく、初心者の方におすすめです。

日当たりのい場所を好みますので、ぜひ窓際で育ててあげてください。

また、サンスベリアも寒さに弱いので注意が必要です。

 

シュロチク

ちょっぴりアジアンな雰囲気の「シュロチク」。

洋室にはもちろん、和室にもよく合う観葉植物です。

寒さには強いのですが、直射日光には弱いので夏場の直射日光には注意しましょう。

 

ガジュマル

幅広い世代から人気のある「ガジュマル」。

大きなイメージがありますが、最近では卓上サイズのものなども販売されています。

沖縄では精霊が宿るとされていることでも有名な木ですよね。

夏の暑さには強いのですが、寒さは大敵です。

冬場は温度管理を行いましょう。

 

まとめ

観葉植物の基本的な育て方や管理方法に加え、万一観葉植物が枯れてしまいそうになった時の対処方法や育て方が簡単なおすすめの観葉植物についてもご紹介しました。

 

観葉植物にはお部屋の中にひとつあるだけでインテリアがおしゃれな雰囲気になる効果があるだけでなく、育てる方の心までもを豊かにしてくれる力が備わっています。

 

この記事でご紹介したポイントを参考に、ぜひ観葉植物を生活の中に取り入れてみてくださいね。

 

観葉植物の水やり管理法!アプリやチェッカー、自動水やり機を紹介!

お手入れが簡単でインテリアとしても人気の観葉植。

しかし、正しい水やりの方法は意外と知られておらず、普通に水やりをしていたつもりが知らぬ間に根腐れを起こしていたなんてことも珍しくありません。

そんな中、最近ではアプリやチェッカーや自動水やり機など、とっても便利なアイテムも続々登場しています。水やりの正しい知識を身につけて、素敵な観葉植物をいつまでも長持ちさせましょう。

最後にお世話が簡単な水やりの頻度が少ないおすすめの観葉植物もご紹介いたしますので、ぜひご参考にしてくださいね。

 

観葉植物の水やりの方法

土がしっかり乾くまであげない

観葉植物の水やりの基本は「土がしっかり乾いてから水を与える」ことです。毎日のこまめな水やりは必要ありません。

土の中に水分が残り湿った状態でさらに水を与えてしまうと、観葉植物は容易に水分過多になって空気を取り込めなくなり、根腐れを起こしてしまいます。

根腐れを起こすと枯れる原因にもなりますので、土がしっかり乾いたのを確認してから水やりをすることがポイントです。

受け皿にある水は捨てる

観葉植物に水やりをするときは、鉢の底から流れ出るくらいたっぷりと水を与えますが、受け皿に残った水は捨てるのがポイントです。

観葉植物の根は水を吸い上げるスピードがとてもゆっくりなため、受け皿に溜まった水が土を湿らせ続けると根腐れを起こしやすくなります。また、受け皿に水が溜まっていると害虫が発生する原因にもなりますので、水を溜めずに清潔な状態を保つことも重要です。

 

観葉植物の水やりに便利なアイテム

週に2.3回程度の水やりでスクスク育つ観葉植物ですが、水やりの頻度が少なく、逆に忘れがちになるなんてことも。

そんな時におすすめなのが水やりアイテムです。

ここからは忘れがちな観葉植物への水やりをもっと簡単にするおすすめアイテムをご紹介しましょう。

アプリ

観葉植物の水やりはポイントを押さえれば難しいことはありません。とはいっても、植物の種類や季節によって水やりのタイミングは都度変わってきます。

また、うっかり水をあげすぎてしまったり、逆に何日も水やりを忘れてしまったりなんてこともあるものです。

最近では、そんな観葉植物の水やりのスケジュールをしっかり管理してくれる便利なアプリも登場していますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

水やりチェッカー

水やりチェッカーは温度計のような形状のチェッカーを鉢に挿すだけで、適切な水やりのタイミングを教えてくれる便利なアイテムです。

水やりが必要な状態と水が足りている状態は、チェッカーに表示される色を確認するだけでひと目でわかります。

目視では難しい土の中の水分状態がしっかり確認でき、根腐れをより確実に防ぐことができます。土が乾いているかいつも迷ってしまうことが多い方におすすめのアイテムです。

自動水やり機

自動水やり機は、旅行や出張などで長期間水やりができないときでも自分に代わって自動で水やりをしてくれる頼れるアイテムです。

事前にタイマーをセットしておけば、決まったタイミングで水やりをしてくれます。日頃から水やりを忘れてしまうことが多く、よく観葉植物を枯らせてしまうとお悩みの方にもおすすめです。

 

観葉植物の水やりでの注意点

季節ごとに水やりの時間を変える

観葉植物の水やりの基本は「土がしっかり乾いてから水を与える」とご紹介しましたが、季節によって水やりに適した時間帯がありますので少し注意が必要です。

暑い夏場は、気温の上昇がピークになる日中の水やりは避け、比較的気温が低めの早朝か夕方以降に行うようにします。

猛暑日など土が特に乾きやすい日には、土の乾き具合に応じて朝夕の2回水やりをします。夏場の水やりは涼しい時間帯が基本ですが、暑い時間帯に水やりをすると蒸発した水分で葉が熱せられて傷みやすくなるので気をつけましょう。

 

一方、冬場の水やりは、一日の中で気温が高めの日中に行うのが基本です。気温が低い夜間や早朝に水やりをすると水が凍ったりして根を傷める原因となりますので、なるべく暖かい時間帯を選んで水やりを行うようにします。

なお、春と秋の比較的気候が穏やかな季節については、日が昇る早朝に水やりをするのが基本です。

長期不在時は対策をする

長期間家を留守にして水やりができないときは、観葉植物を枯らせない工夫が必要となります。

自動水やり機を使用するという方法もありますが、より簡単な方法としては、鉢の底の部分に濡らしたタオルを敷いておくことで対策ができます。

このとき、タオルがしっかりと根に接していることを確認し、タオルは乾かないように一部分を水を張った容器に浸します。

このほか、蓋に穴を開けたペットボトルに水を入れ、逆さまにして土に挿すなどの方法があります。

水やりをしているのに枯れる場合は植え替えが必要

きちんと水やりをしているのに観葉植物が枯れてしまう場合、窮屈なサイズの合わない鉢でいわゆる「根づまり」を起こしている可能性があります。

また、土の保水力が低下して固くなっている可能性もありますので、少し大きめの鉢に植え替えてあげましょう。

 

水やりが簡単な観葉植物5選

ユッカ(青年の木)

インテリアやギフトとしても喜ばれるユッカは、もともと北アメリカ~中央アメリカの乾燥地帯が自生地のためとても乾燥に強く、水やりが簡単で育てやすい観葉植物として知られています。

サンスベリア

空気清浄効果があるとも噂されるサンスベリアは、暖かい日当たりの良い場所を好む植物で乾燥にとても強く、1ヶ月に数回程度水やりをするだけでも十分だといわれるほどです。

パキラ

灼熱の太陽が降り注ぐ熱帯が原産地のパキラは乾燥に強く、特に冬場の水やりは2週間~1ヶ月に1回程度のお世話が簡単な観葉植物です。

チランジア

空中から水を吸水することもできるのが特徴で、湿度の高い中南米育ちのチランジアは、水やりを頻繁に行う必要がないので管理の手間がかかりません。

サボテン

観葉植物の定番サボテンはいわずと知れた乾燥に極めて強い植物ですので、もちろん水やりの手間がかからずお手入れ簡単です。

 

まとめ

観葉植物の水やりはとっても簡単で育てる方法はシンプルですが、意外と知られていない落とし穴があり、知らぬ間に根腐れや根詰まりを起こして枯らせてしまうことがあります。こちらの記事でもご紹介したアプリや水やりチェッカーなどの便利な水やりアイテムも上手に使いながら、ぜひ大好きな観葉植物と末永くお付き合いしていきましょう。