通販でおしゃれなモンステラを通販選ぶときのポイントをご紹介

モンステラ

独特の形をした大きな緑の葉っぱが特徴のモンステラは、お部屋にあるだけで、ぐっとおしゃれに見えることからインテリアとしての人気も高く、実際に置いてみたいと思う人も多い人気の観葉植物です。

しかし身の回りにモンステラを購入できる場所がなく、通販で買うにしても送料や配送中の事故、写真通りのものが届くのか不安ですよね。

そこで今回はモンステラの特徴や風水効果から、購入する際のポイント、おすすめの通販サイトまでくまなく紹介いたします。モンステラの購入を考えている人はぜひご覧くださいね。

モンステラってどんな観葉植物

植物名 モンステラ
学名 Monstera
        科名 サトイモ科・モンステラ属
原産地 熱帯アメリカ
草丈 30cm~2m程度
耐寒性・耐暑性 弱い・強い

モンステラはサトイモ科の多年草で、その名前はラテン語で「怪物」を意味する「モンストラム」という単語に由来します。

成熟すると白い花を咲かせるものの、その形はつくしのような形であまり目立たず、穴の開いた形や青々とした葉の色を楽しむものとなっています。

大きく成長した後は乾燥にも比較的強く、育てやすいことから初心者にもおすすめの品種として名前が挙がることも多いです。

アロハシャツの柄としてもよく用いられ、ボタニカル柄としてよく雑貨や服のモチーフにも使われていることから、名前は知らずとも見たことのある人も多いのではないでしょうか。

モンステラには花言葉も!

葉っぱのイメージの強いモンステラですが、実は花言葉が存在します。モンステラの花言葉は「うれしい便り」「深い関係」「壮大な計画」です。

これはハワイにおいて葉に開いた穴から光が差し込む様子が、希望の光を導くと考えられたことに由来します。

また、モンステラの英語での花言葉は「Dedication(献身)」です。
これらの前向きで人々の未来を明るくする花言葉から、モンステラは新築祝いなどの新たなスタートにプレゼントとして贈られることも多いです。

モンステラの風水効果って?

モンステラ

  • 置き場所:室内の南、南西、北東、特にリビング
  • 風水効果:家の運気、金運、出会い運の向上

モンステラは邪気払いの効果があるといわれること、丸みをおびた葉の形にリラックス効果があるということから室内に置くことにより、魔除けや円満な家庭を築くことに効果があるといわれています。

なかでも、家族が集まるリビングに置くことで、悪い気の充満を防ぎ、家族内のトラブルを防ぐ効果があります。

風水的な意味合い以外にも植物を置くことでリラックスでき、居心地のいい空間が作れることからリビングに観葉植物を置く家庭が多いのでしょう。

さらに北の玄関に置くことで金運アップ、南の寝室に置くことで日中に発散したエネルギーを補給し、出会い運がアップするそうです。
このように、モンステラはさまざまな風水効果があることがわかります。

元気なモンステラの選び方

さて、実際モンステラを選ぶ際にはどのようにして選んだら良いのでしょうか。
今からモンステラを選ぶ際の大事なポイントを3つ紹介していきます。

見た目より元気の良さで選ぶ

1つ目のポイントは、見た目より苗の元気の良さを重視することです、
虫食いや傷んだ葉があると、つい「すぐに枯れてしまうのではないか」と不安になることもありますよね。

しかし、葉が多少傷んでいても光合成ができ、栄養さえあれば植物は成長します。成長すれば、いずれ新しく生え変わることから、長く育てるためには根っこが元気なほうが重要です。

幹や株元がしっかりとしているかで選ぶ

2つ目のポイントは、幹や株元がしっかりしているかどうかです。いくら葉がたくさんついていてきれいでも、根本がひょろひょろでは、いずれ枯れてしまいます。

幹や株元に傷がないか、触ってみて腐っていないかに注目して選ぶと良いでしょう。

サイズ(大型・小型)で選ぶ

3つ目は、自分の置きたい場所にあったサイズを選ぶことです。モンステラは、さまざまなサイズの品種があり、比較的大きいスペースである玄関やリビングに置くのであれば存在感のある大型鉢(8~10号)のほうが美しく見えます。

しかしキッチンや、デスクに少し彩を添えるのが目的であれば、5~6号の小型サイズがおすすめです。

品種によって葉の付き方も微妙に違い、横広がりに育つものや縦に伸びるものもあるため、置きたい鉢のサイズと葉の付き方で選んでくださいね。

モンステラを元気に育てるコツ

モンステラ

初心者向けといわれるモンステラですが、美しく育てるにはいくつか注意も必要です。モンステラを長く、元気に美しく育てるコツについて4つご紹介します。初心者向けといわれるモンステラですが美しく育てるにはいくつか注意も必要です。

元気に育てるための環境を整えよう!

モンステラは、直射日光が苦手なため、屋外の日陰や比較的明るい室内の日陰に置くと良いでしょう。また、南国原産のため暑さには強いものの、寒さには弱いため5度を下回らないように管理する必要があります。特に秋は、屋外で管理することはおすすめしません。

水やりタイミング・量

モンステラは、根と葉の2か所に水を与える必要があります。まず、土が乾いたら、鉢の底から流れるくらいたっぷりと水を与え、受け皿に水がたまったら必ず捨てます。

そのままにしておくと、根腐れの危険があるため注意してください。
ただし、冬は土の表面が乾いてから2~3日放置してから水を与えてください。
また、葉が乾いたら、霧吹きで軽く湿らせるようにしましょう。

肥料は必要?

成長期である5~9月の間は、たっぷりの水とともに2か月に1回、緩効性化成肥料という、固形の肥料を与えてください。

モンステラは、冬の間は休眠期に入るので、肥料を与える必要はありません。小さめに育てたい場合は、肥料を控えめに与えるようにすると良いでしょう。また、土に緩効性の肥料を混ぜ込むことで、長期間モンステラに栄養を与え続けてくれます

植え替えはどうすればいい?

モンステラの成長は早く、放置しすぎると鉢底から根っこが飛び出してきてしまうことも。
そのため2~3年に一回は植え替えをする必要があります。

植え替えの時期は7月から9月の成長期に行い、今入れている鉢より1~2サイズ上の鉢に移し替えてください。その際に、気をつけるポイントは、土を乾燥させてから行うこと、黒ずんで腐った根は切り取ってしまうことです。

おしゃれなモンステラを通販で購入する際のポイント

モンステラ

ここでは、モンステラを通販で購入する際に気をつけるポイントを3つ紹介します。ギフトとして購入する場合にも参考にしてみてください。

商品の豊富さを確認

1つ目は商品の種類やサイズが複数あるかどうかです。
モンステラは種類によってサイズ、葉の形が違い、ある程度大きく育ったものが必要なのか、それとも苗が必要なのかによっても違い、好みは人それぞれです。

そのため、自分の欲しいものが取り扱われているかをいろいろな通販サイトを見て確認する必要があります。
また鉢もプラスチックのものからおしゃれな陶器製のものまでさまざまです。

料金相場と比較する

2つ目は料金です。
鉢自体の値段はもちろん、送料やお届け日数なども比較して選ぶ必要があります。

また北海道、沖縄などの離島への配送が可能かどうか、追加料金が必要なのか?無料なのか?なども通販サイトによっても違うため、該当地域の人は注意が必要です。

特に観葉植物という特性上、北海道や沖縄など離島の人は購入時期に配送可能、追加料金が必要か否かも確認するのが必要です。

配達トラブル時にサポートしてくれるか

直接購入できない通販だからこそ気になるのは配達トラブルです。遅延や紛失、破損に対してどこまでサポートしてくれるかは各通販サイトによっても違います。

たとえば、大型通販ショップ「プレミアガーデン」では、自社配送を一部地域にて展開しており、仮に配送時に傷がついてしまった場合には返品、交換も可能になっています。詳しくは下記の公式サイトを御覧ください。

モンステラを購入するのにおすすめ通販は?

プレミアガーデン

「プレミアガーデン」は、高品質なお花を業界最安値で提供している通販サイトです。
政財界関係者、芸能関係者、上場企業、歌舞伎関係者も御用達で常に1ランク上のお花をご用意しています。

どんなスペースにも馴染みやすいサイズの7号のモンステラを取り扱っています。
ギフト用に合わせた、ラッピング済みの商品もありますので、新築祝いなどのお祝いシーンにもぴったりです。また、各種クレジットカードにも対応しています。

リピート率90%以上のプレミアガーデンのサイトを一度覗いてみてください。

公式サイトはこちら

事前に知りたい!観葉植物「アレカヤシ」の選び方って?育て方や特徴もご紹

最近、観葉植物をインテリアとして部屋に飾る人が増えてきています。観葉植物をリビングに置くと、雰囲気が良くなり、風水効果もあります。しかし、興味があっても、どの観葉植物が良いのかわかりませんよね。そこで今回は、室内でも育てることができ、初心者でも育てやすい「アレカヤシ」を紹介していきます。

アレカヤシを選ぶ前に!どんな観葉植物か知っておこう

観葉植物には、さまざまな種類があります。日々、生活をしていくなかで、オフィスや、お店などに観葉植物が飾られているのを見ることが多いですよね。

今回、紹介するアレカヤシも、オフィスやお店で多く飾られているエキゾチックさが人気の観葉植物です。

ここでは、アレカヤシがどのような植物なのか説明していきます。

 アレカヤシってどんな観葉植物?

植物名 アレカヤシ
学名 Dypsis lutescens
科名 ヤシ科・ヤマドリヤシ属(クリサリドカルパス属)
原産地 マダガスカル、アフリカ
草丈 1~2m程度
耐寒性・耐暑性 弱い・強い

 

アレカヤシは、マダガスカル、アフリカが原産の植物です。園芸分類は庭木になります。

鉢植えでは、1~2mぐらい、ですが、自生地では10m程まで生長します。

大きな緑色の羽根状の葉が弧を描くように垂れ下がっているのが特徴で、初心者でも育てやすい観葉植物となっています。

アレカヤシの花言葉は?

アレカヤシの花言葉は、「元気」「勝利」などの意味をもっており、葉っぱが、明るいグリーンの色で、エネルギーに満ち溢れています。

そこから感じられるイメージからこのようなポジティブな花言葉がついています。

大きく翼を広げたような大きな葉を見るだけで、自然と元気が出てきます。また風水的にも気の流れを整えてくれるといわれている観葉植物です。

アレカヤシを元気に育てるコツ

ここでは、アレカヤシを元気に育てるコツを紹介していきます。

 元気に育てるための環境を整えよう!

もともとアレカヤシは、熱い地域が原産なので、暖かい場所を好む観葉植物です。

アレカヤシは日当たり・風通しの良い場所で育てると元気に育ってくれます。

ただし、直射日光が当たると、葉が変色して枯れてしまうので、真夏などは直射日光が当たらない場所に置くようにしてください。

水やりのは土が乾いたらたっぷりと与えましょう。

アレカヤシは他の観葉植物にくらべ、丈夫で育て方が簡単ですが、めっぽう寒さには弱いので、冬場は室内の10℃以上ある場所で管理してください。

また、夜は、窓辺は気温がいっきに下がるので室内の真ん中に移動させるなどして冷えすぎないように注意が必要です。

水やりタイミング・量

水やりのタイミング

アレカヤシは気温が低くなると休眠してしまうので季節や、気温によって水やりのタイミングが違います。

気温が15℃以上あるときは、(春~秋の生長期)土の表面が乾燥したらたっぷりと水をあげてください

その際、受け皿には水が溜まらないようにこまめに捨てるようにしましょう。

気温が15℃以下のときは、ゆっくりと生長していくので、水をあまりあげる必要はないので、水やりの回数を減らします

水やりの量

土の表面が完全に乾燥してから2~3日後に水やりをしてください。

また、アレカヤシを乾燥させて樹液の濃度を高めると耐寒性が強くなります。

水やりの回数を減らして、アレカヤシの葉が落ちたり、元気がなくなったりした場合は、水やりの回数を増やし調整するようにしましょう。

葉水を行うとハダニやアブラムシなどの害虫予防にもなります。毎日1回は、霧吹きなどで葉っぱに水をかけるようにしましょう。

肥料は必要?

アレカヤシは5~9月の夏から秋にかけ、良く生長するため、この時期に肥料を与えると元気に生長していきます。

緩効性肥料を2か月に1回程度のペースで肥料をあげてください。大きくしすぎたくない方は、肥料をあげる量を減らしましょう。

また、冬場は生長が緩やかになるため、肥料を与えると肥料焼けをする可能性あります。肥料のあげ方、時期には注意してください。

植え替えはどうすればいい

アレカヤシは実際に2mくらいまで育ちます。

鉢植えを何年もそのままにしておくと、根っこが出すぎて根詰まりを起こしてしまいます。

1~2年に1回を目途に植え替えが必要となります。

植え替えの最適な時期は5月~6月頃です。

一回り大きい鉢に植え替えるのが基本ですが、鉢の大きさに比例して、アレカヤシもどんどん生長していきます。

ちょうどよい大きさへ育ったら、株分けをして調整するようにしましょう。

アレカヤシの木を購入する通販選びのポイント

アレカヤシの特徴と元気に育てるコツを紹介してきましたが、ここでは通販でアレカヤシを購入するときの選び方のポイントを紹介していきます。

商品の豊富さを確認

数多くある通販サイトの中で選ぶときはまず、取り扱っている商品、種類の多さがどのぐらいあるの確認してみましょう。

できれば、品揃えの豊富なサイトで選んだほうが自分好みのアレカヤシを見つけることができます。また、贈るシーンに合わせて選ぶ範囲も広がります。

SNSなども確認して事例を見るのも大事です。

料金相場と比較する

8号サイズのアレカヤシは、通販での相場は5,000円~で実店舗なら6,000~8,000円で購入できるようです。

いろいろな通販サイトを見て料金相場を確認するようにしましょう。

サイトによって値段はさまざまです。

できるだけ、高品質なアレカヤシをリーズナブルな価格で購入するためにも、たくさの通販サイトを見て比較しすることをおすすめします。

配達トラブル時にサポートしてくれるか

サービス面にも注意が必要です。

観葉植物など大きめの植物を通販で頼む際、配達中にトラブルが起きたりすることがあります。

万が一、商品に傷がついたり、破損してしまった場合しっかりとしたフォロー体制が整っている通販サイトかどうか確認しておくことが大事です。

必ず、レビューを確認し、実際に注文者の声を見てみると、その通販サイトの良し悪しがわかります。

アレカヤシを購入するのにおすすめ通販は?

「プレミアガーデン」は高品質なお花を業界最安値で提供している通販サイトです。

政財界関係者、芸能関係者、上場企業、歌舞伎関係者の方も御用達で常に1ランク上のお花をご用意しています。

全国の受賞実績のある優れた生産者より、直接仕入れを行っているので

業界トップクラスの低価格で新鮮で見栄えも良い高品質のお花の提供を実現しています。

リピート率90%以上のプレミアガーデンのサイトを一度覗いてみてください。

公式サイトはこちら

 

 

観葉植物「アレカヤシ」の花言葉は?風水効果や育て方のポイントも紹介

皆さんは「アレカヤシ」という観葉植物の名前を聞いたことがありますか?

マダガスカル原産の小型のヤシでポピュラーなタイプです。

大きな葉でトロピカルな雰囲気を持つアレカヤシは、お部屋のインテリアにおすすめです。

ここでは、人気の観葉植物アレカヤシについてご紹介していきたいと思います

アレカヤシってどんな観葉植物?

植物名 アレカヤシ
学名 Dypsis lutescens
科名 ヤシ科・ヤマドリヤシ属(クリサリドカルパス属)
原産地 マダガスカル、アフリカ
草丈 1~2m程度
耐寒性・耐暑性 弱い・強い

 

アレカヤシは、英名yellow butterfly palm(イエローバタフライパーム)、Areca palm (アレカパーム)という小型のヤシです。

マダガスカルやアフリカなどの熱帯地域が原産で、園芸分類は庭木になります。

鉢植えだと1~2mのものが多いですが、自生地では10m程まで生長します。

まっすぐ伸びた丈夫な茎と、大きな緑色の羽根状の葉が弧を描くように、噴水のように垂れ下がっているのが特徴で、明るく涼しげな印象を与えてくれます。

アレカヤシの名前の由来って?

以前はアレカ属(ビンロウ属)に分類されていたので、アレカヤシという呼び名が定着していますが、現在の分類では、別種(クリサリドカルパス属)になります。

また、葉脈、葉柄が黄色味がかっていることから、英名では「yellow butterfly palm」、和名では「コガネタケヤシ(黄金竹椰子)」ともよばれています。

また、羽状葉がヤマドリの羽に似ていることから,和名でヤマドリヤシと呼ばれています。学名のDypsis lutescens は“dipsao(乾く)“という意味から来ており、乾燥地でもよく育つことを表しています。

アレカヤシの花言葉は

アレカヤシの花言葉は、「元気」・「勝利」です。明るいグリーンと大きく優雅な葉の様子から、見ている人に活力を与えてくれるということで名づけられました。また、そのポジティブな印象から、開店祝いや新築祝いなどお祝いごとの贈り物としても良く使われています。

アレカヤシの選び方のポイント

見る人に元気を与えてくれ、お部屋をぐんとトロピカルな雰囲気に演出してくれるアレカヤシ。ここではアレカヤシを上手に選ぶポイントをご紹介します。

サイズで選ぶ

通販サイトでは8号120cm~、10号180cm~などから販売されています。

小さめのものもありますが、元々背が高く存在感がある植物なので、リビングなどのメインのインテリアとして飾るのがおすすめです。

お部屋にいながらにしてリゾート気分が味わえます。また、寝室に飾れば落ち着いた雰囲気も演出できます。

品種で選ぶ

アレカヤシの他に、リアル・アレカヤシというものも存在します。通常のアレカヤシに比べ幹が太く、竹のようにごつごつと節があります。その分強度もあり、とても迫力があります。アレカヤシよりやや、葉は少なめですが、より南国感をお求めの方におすすめです。

アレカヤシを元気に育てるポイント!

丈夫で比較的誰でも育てやすいアレカヤシ。放っておいてもどんどん生長してしまうので、上手く管理するために、大事なポイントをいくつかご紹介いたします。

元気に育てるための環境づくり

植えつけは5~6月頃です。元々暖かい場所に自生する植物なので、程よい日光と適切な温度(20~30℃)が必要です。ヤシ科の中でも耐寒性が弱く、10℃以下になると枯れてしまいます。

直射日光に当てると葉が焼けてしまうので、基本的にはカーテン越しの明るい室内で育てるのがおすすめです。

暗すぎると葉が垂れ下がって来てしまうため、5~10月はカーテン越しの日光が当たる場所か戸外の半日陰、10~4月は室内の明るい窓際に置きます。

水はけの良い土か、市販の観葉植物用の土を使うのがおすすめです。生長期には水をたくさんあげてください。水不足、日光不足は枯れる原因となります。

水やりのコツ

土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。生長期の5~9月は特に水をたくさん与えてください。水が足りないと枯れてしまうので、土の状態をこまめにチェックします。

また、霧吹きで葉に水をたっぷり吹きかけると、病害虫予防にもなります。

冬場は生長が穏やかになるので、乾燥気味に管理してください。

冬に水を与えすぎると根腐れの原因になります。また、生長が大変早いので、あまり大きくしたくない場合は水やりを控えてください。

肥料は必要?

植えつけ時には、ゆっくりとした効き目の緩効性化成肥料を土に混ぜておくと良いでしょう。

4~10月の生育期には、観葉植物用の置き肥か緩効性化成肥料を2~3ヶ月に1回、もしくは薄めた液体肥料を10~15日に1回与えるようにします。肥料を多めに与えると、早く大きな株に育ちます。

植え替えはどうすればいい

生長が早いので、1~2年に1回、1回り大きな鉢に植え替えます。根が鉢の中いっぱいになると、根詰まりを起こして枯れてしまいます。植え替え時期は、植えつけ時と同じ5~6月頃が適切です。植え替えるときには、根を軽くほぐし古い土を落として、傷んだ根は取り除きましょう。

おしゃれにも風水にも!アレカヤシの飾り方のポイント

観葉植物としてポピュラーなアレカヤシ。実はアレカヤシには、風水の効果もあります。ここではアレカヤシの風水効果と、おしゃれに飾るコツをご紹介します。

アレカヤシの風水効果

アレカヤシは、風水では、出会い運を高める効果があるとされています。

出会い運をアップさせる東南の方角に置くのがおすすめです。また、その活き活きとした生命力溢れる姿から、見る人のやる気を引き起こさせる力もあります。

さらに、下向きに生えている葉から、「陰の気」が発せられ、気持ちをリラックスさせる効果があるともいわれています。仕事場や勉強部屋に置いてやる気アップ、寝室に置いてリラックス、と目的に合わせて置き場所を変えてみてください。

アレカヤシをおしゃれに飾るコツ

アレカヤシは背が高く優雅な葉が広がり、トロピカルな雰囲気のある植物です。アジアンテイストや、南国の雰囲気を出したいときにおすすめで、お部屋に置くだけで一気にリゾート感が増します。

また、葉が混みあうと見かけが悪いだけでなく、風通しも悪くなり病気や害虫の被害にあいやすいので、密集した葉や枯れた葉は株元から剪定していきましょう。

まとめ

アレカヤシは、水の量とタイミングに気をつけていれば、どんどん生長する比較的育てやすい観葉植物です。美しい緑色の葉を噴水のように茂らせ、見る人に元気を与えてくれます。プレミアガーデンではアレカヤシを取り扱っています。

葉からはマイナスイオンも放出され、風水的にも良い効果のあるアレカヤシ、ぜひご自宅で育ててみてはいかがでしょうか。

商品ページはこちら

 

観葉植物「エバーフレッシュ」の花言葉って?育て方や風水効果なども解説

皆さんは「エバーフレッシュ」という観葉植物の名前を聞いたことがありますか?

鮮やかな緑色の葉が羽根のようにたくさん連なっていて、とても軽やかで優しい雰囲気の観葉植物です。育てやすくお部屋のインテリアとしても大変おすすめです。

今回は、今人気のエバーフレッシュについて、お伝えしていきたいと思います。

日中は、葉をいっぱいに開いて日光を浴び、夜になると葉を閉じて眠る、まるで人間と同じような生活リズムのとても愛着の湧く植物です。

エバーフレッシュってどんな観葉植物?

植物名 エバーフレッシュ
学名 Cojoba arborea var. angustifolia
科名 マメ科 コヨバ属
原産地 ボリビア、ブラジル
草丈 1~3m程度
耐寒性・耐暑性 弱い・強い

エバーフレッシュは、学名「Cojoba arborea var. angustifolia(コヨバ・アルボレア・アングスティフォリア)」、和名アカサヤネムノキといい、ボリビア・ブラジルなどの熱帯アメリカが原産地の常緑高木です。

樹高は1~3m程度ですが、原産地では30mを越す高木でもあります。

濃い緑色の羽根状に連なった葉が特徴で、日中は開き夜には閉じて休眠します。

4~9月頃には薄黄緑のふわふわとした綿毛のような花をつけます。元々暑い地域の植物ですので耐寒性は弱く、耐暑性は強いです。

エバーフレッシュの名前の由来って?

エバーフレッシュは、一年中鮮やかな緑色の葉をつける常緑樹であることから、「エバー=いつも」「フレッシュ=新鮮、新しい」と呼ばれるようになりました。

また、同じマメ科のネムノキと同じように、夜になると葉を閉じて眠る性質があり、花が散った後には赤いサヤに入った実をつけることから、別名アカサヤネムノキともいわれています。

エバーフレッシュの花言葉は

エバーフレッシュの花言葉は、「歓喜」「胸のときめき」です。

これは、古代中国のエピソードが由来となっています。中国で暮らすとある家族は、いつも父親の不機嫌に悩まされていました。

その父親に、ある日エバーフレッシュの入ったお酒を飲ませた所、たちまち上機嫌になり、明るく朗らかになったのです。

家族は大変喜び、そのことが由来となって「歓喜」という花言葉がつきました。

また、このエピソードは家族ではなく夫婦間の話とされることもあり、そのことから夫婦円満を意味する「胸のときめき」という花言葉も加えられました。

エバーフレッシュの選び方のポイント

風が吹くと、そよそよとなびくような軽やかな葉っぱと、時には可愛らしい花もつけて私たちを楽しませてくれるエバーフレッシュ。基本的には葉がぎっしり密集していて、鮮やかな色の物がおすすめです。ここでは、エバーフレッシュを上手に選ぶポイントをご紹介します。

サイズで選ぶ

通販サイトでは4号30cm~、8号100cm~、10号150cm~から販売されています。4号サイズの小さな物は、卓上インテリアとしておすすめですし、8,10号の大きなサイズの物は寝室やリビングなどにメインの観葉植物として飾れば、お部屋を明るくナチュラルな雰囲気にしてくれます。

品種で選ぶ

エバーフレッシュはコヨバ・アルボレアを園芸用に開発した物なので、特にそれ以上品種は分かれていません。

コヨバ属自体は、自生地で12種類ほど確認されていますが、皆背が高く園芸用としては使われていません。

エバーフレッシュは、園芸用に品種改良された、大変育てやすい観葉植物です。

エバーフレッシュを元気に育てるポイント!

一年中鮮やかな緑色で、夜には葉を閉じて眠るなど可愛らしい姿で私たちを癒してくれるエバーフレッシュ。いつまでも元気で育ってくれるために、大事なポイントをいくつかご紹介いたします。

元気に育てるための環境づくり

エバーフレッシュは、元々あたたかい地域の植物のため、あたたかさと日光を好みます。

多少の薄暗さは大丈夫ですが、光量不足だと枯れてしまうので、なるべく日当たりの良い場所に置きましょう。

適温は20℃前後、8℃以下になると枯れてしまうので注意してください。

ベランダなどで育てている場合は、外の気温が肌寒くなったらお部屋に入れてあげましょう。

水はけの良い土が良いですが、市販の観葉植物用の土で大丈夫です。

また、こまめに小枝を剪定すれば枝数が増えて全体のボリュームができ、害虫なども防ぐことができます。

水やりのコツ

エバーフレッシュは、気温が低いと休眠するので、季節や気温によって水やりの仕方を変えてください。

春~秋のあたたかい時期は、成長を促すために土の表面が乾燥したら水をたっぷり与えてください(あげすぎると逆に枯れてしまうこともあるのでご注意ください)。

秋以降の寒い時期は、水やりの回数を減らし、樹液の濃度を高めることで耐寒性を上げることができます。

肥料は必要?

春~秋の成長期には、置き肥を与えてあげると成長を促してくれます。

液肥の場合は適度な濃度に希釈して与えてあげてください。

冬場など、休眠時期に肥料をあげ過ぎると肥料焼けを起こしてしまうので、要注意です。

植え替えはどうすればいい

2~3年に一度、一回り大きな鉢に植え替えましょう。

葉の数が減ってきたり、新しい葉が出たりする前に、古い葉がどんどん落ちるようになってきたら、根詰まりするかの世があるので植え替えが必要になります。

大きめの鉢に植え替えて、根が出るスペースを作りましょう。

植え替え時期は4~7月が適切です。

植え替え後は、たっぷりと水を与えてください。

お洒落にも風水にも!エバーフレッシュの飾り方のポイント

室内を明るくしてくれるエバーフレッシュ。エバーフレッシュには、恋愛運や出会い運を良くしてくれる、精神に落ち着きを与えてくれるなどの風水効果があります。ここではエバーフレッシュの風水効果と、お洒落に飾るコツをご紹介します。

エバーフレッシュの風水効果

エバーフレッシュは、恋愛運、出会い運をアップするといわれています。玄関や窓に置くのがおすすめです。特に恋愛運をアップさせたい場合は、風水で恋愛運を上げてくれるとされる南東に置くのが良いでしょう。また、リビングや寝室など自分がくつろぐ場所に置くと、癒し・落ち着きなどの効果も与えてくれます。

エバーフレッシュをお洒落に飾るコツ

エバーフレッシュには日光が大事なので、日当たりの良い場所に置くのが基本です。

背が高く存在感もしっかりあるので、エバーフレッシュを置くだけでお洒落なインテリアになり、お部屋の雰囲気が明るくなります。

大きめの鉢に入れて、玄関やリビング、窓際などに置くのがおすすめです。

風洋風どちらのお部屋のインテリアにも良く合うので大変人気です。

小さめの物は、卓上に置いても可愛らしくなります。

まとめ

商品ページはこちら

明るい緑色と羽のような形の可愛らしい葉で私たちに癒しを与えてくれるエバーフレッシュ。

初心者の方でも育てやすい、大変おすすめの観葉植物です。

お部屋のインテリアとして、運気を上げてくれるアイテムとして、ぜひ育ててみてはいかがでしょうか。

プレミアガーデンでもエバーフレッシュを扱っています。

エバーフレッシュ8号(ラスターポット付)

高さは、約100~120cm前後になります。

こちらは、本州お届け限定商品になっています。11,550円(税込み)で購入できます。

モンステラの育て方!室内でもいい?剪定や支柱を使うコツをご紹介!

モンステラ

観葉植物の中でも非常に人気が高いモンステラ。
葉っぱの形が非常に可愛く、インテリアとして置くことでその場所の空気を一気に変えることができます。

また、ハワイアンジュエリーやアロハシャツ・ハワイアン風の小物にも良く描かれている、デザイン性の高い葉っぱです。

ここでは、モンステラを上手に育てる方法や、より長生きさせるための育て方などを紹介していきます。

育て方は簡単?モンステラの特徴とは

名前 モンステラ
英名 Monstere
原産地 熱帯アメリカ
科名 サトイモ科
樹高 30㎝~2m程度
花の色 白色
開花時期 7~9月
耐寒性・耐暑性 弱い・強い

観葉植物の中でも非常に人気が高いモンステラは、熱帯アメリカが原産の植物です。
部屋に飾ることができるくらいの大きさから、最大で2mほどまで大きくなります。

1年の中で花を付けることはありますが、タイミングが決まっているわけではありません。
しかし、7~9月の最も生長する期間かそのあとに花を咲かせることが多いようです。

モンステラの基本の育て方

土

モンステラの基本の育て方は特別なものではありません。
ほかの観葉植物同様に、環境や水やりなどを気を付けましょう。

ここでは、モンステラの基本的な育て方について詳しく解説します。

日当たり・置き場所

モンステラは、高温多湿に非常に強く耐陰性もあるので室内でも問題なく育てることができます。

しかし、日光に当たることで株が元気になる特徴を持っているので、室内でも野外でもなるべく日当たりの良い場所で育ててあげるようにしましょう。
日が当たらないと、徒長を起こしてしまいひょろひょろになってしまいます。

ただし、やたらに日に当てて良いわけではありません。直射日光は葉焼けを起こす原因になってしまいます。直射日光が当たりそうな場所などは、レースカーテンなどで調節してあげるようにしましょう。

野外の場合は、遮光ネットなどを直接かけてあげると葉焼けを防ぐことができます。

水やり・葉水

モンステラは寒さに非常に弱いので、季節や育てている環境によって水やりのタイミングを変える必要があります。
春から秋は全体的にモンステラの生育期なので、しっかりと水をあげてください。

湿気を好む植物なので、全体的にたっぷりと水を与えましょう。
冬は休眠期になるので水やりを控えます。

休眠期は水をあまり必要としない時期なので、土の表面が乾いたら水をあげるのがポイント。月に2~3回が目安になります。
葉水は乾燥を防ぐことができるので、時期を問わず毎日行いましょう。

用土・肥料選び

モンステラの用土は、ホームセンターなどに売られている「観葉植物用土」で問題ありません。

観葉植物用土には、モンステラが育つための大切な栄養がたっぷり含まれているので、初心者や知識のない人でも安心して育てることができます。
上級者は、モンステラんも理想的な土を作ってあげても良いでしょう。

小粒の赤玉土を70%、腐葉土を30%の割合で混ぜた土を作ることで、よりモンステラが育ちやすい土を作ることができます。

肥料は基本的に必要ありません。モンステラは肥料を与えなくてもしっかりと生長することができます。

もちろん与えたほうが生長は早いので、肥料を与える場合は春~秋に「液肥」または「置き肥」をあげましょう。

害虫・病気の対策

湿気を好むモンステラは、害虫やカビが発生しやすい植物です。アブラムシなどの小さな害虫はもちろん、バッタやナメクジなどの大きな害虫もモンステラを好みます。

大きな害虫が付いてしまうと、葉や茎を食べられてしまうので虫を見つけたら「殺虫剤」などで対処をしてください。

また、受け皿に水が残っている場合やいつまでも土が湿っている場合はカビの原因になります。水やりの頻度や受け皿を清潔に保つことを意識すると、カビを回避することができるでしょう。

モンステラに支柱を使おう!元気にする育て方

モンステラは非常に育てやすい観葉植物ですが、支柱を立てることでより元気に育てることができるのをご存知でしょうか。
ここでは支柱を使うメリットと方法を紹介します。

支柱を使用するメリット

支柱を使用することで起きるメリットは以下の通りです。

  • 風通しが良くなる
  • 見た目が良くなる
  • 害虫や病気の防止になる

支柱にモンステラを縛ることで、四方八方に伸びていたツルを固定することができます。
そうすることで、伸びきっていた葉っぱが整頓されて風通しがよくなっていくでしょう。
また、茎が整頓されるので見た目も非常によくなります。

風通しが良くなることで、無駄な湿気を排除できるので害虫や病気の被害を最小限に抑えることができるでしょう。

支柱を立て方のポイント

支柱を立てる方法は以下の手順で行います。

  1. 支柱をしっかりと深く差し込む
  2. 紐で結ぶ

基本的にはたった2つの手順で支柱を立てることができます。
モンステラを支柱と結ぶ場合は、紐が八の字を書くように結ぶとしっかりと支えることがで
きるでしょう。

支柱を立てるタイミングは、モンステラが四方八方に広がってきたと感じたときです。支柱を立ててもすぐに茎が巻きついてくれるわけではないので、なるべく早めに立てましょう。

紐で結ぶのが難しいと感じたら結束バンドでもン問題ありません。

モンステラの寿命を伸ばす育て方とポイント

剪定

モンステラをより長く楽しむには、水やりや用土にこだわるほかにも、剪定や植え替えをする必要があります。
ここでは、モンステラに剪定と植え替えが必要な理由とポイントを紹介します。

剪定

モンステラの剪定は5~9月がベストです。剪定は全てハサミで行いましょう。
葉の色が黄色に変色してきたものは必ず剪定が必要になります。なぜなら、古い葉っぱは新芽の生長を妨げるからです。

ほかにも葉っぱの色が茶色になったものは、乾燥のサインなので色が変わっている部分だけ切り取りましょう。

腐ったり葉焼けが起きている場所や、極度に状態の悪い場所は茎元から剪定をします。
残った場所かた腐っていく必要があるので、必ず全て取り除いてください。

モンステラを植え替える理由として、一番は「根づまり」が挙げられます。
鉢の穴から根が出ている、水の染み込みが悪くなってきたなどの状態になったら植え替えを行いましょう。

モンステラの植え替えは基本的に普通の観葉植物と変わりません。
植え替えをすると決めたら、しばらく水やりを控えて土を乾燥させてください。

鉢からモンステラを取りだしたら、根に付いている土を落として、二回りほど大きな植木鉢に植え替えをします。
土を入れて固定をしたら支柱で固定をして水やりをしましょう。

これで植え替えは終了です。

モンステラの人気な種類3選

非常に人気が強いモンステラは、25~40個の品種が存在しているといわれています。
その中でも人気が高い品種が以下の3つです。

  • モンステラ・デリシオサ
  • ヒメモンステラ
  • ハネカズラ

モンステラの中でも最も有名なモンステラ・デリシオサは、非常に大きく育つのが特徴です。

大きいモンステラは、ほとんどがこの品種になります。最近ではこの品種をコンパクトにした「モンステラ・デリシオサ・コンパクト」も非常に人気が高いです。

ヒメモンステラとは、モンステラの中でも非常に小さいモンステラになります。
小さいので、インテリアとして飾られることが多く、自宅でも育てやすいです。

早いもので1年で根がパンパンに育ってしまうことがあり、植え替えが頻繁に必要になるでしょう。

ハネカズラは、葉っぱに切れ込みがないのがないのが特徴で、その見た目はモンステラらしくありません。しかし、その見た目が斬新だと非常に人気がある品種です。

まとめ

モンステラはおしゃれな葉っぱが特徴です。そのため育て方をしっかりと理解して、長く楽しめるようにしましょう。

一方で、害虫がよりやすい品種でもあります。必ず害虫の対策をして育ててくださいね。
モンステラを購入するのであれば、プレミアガーデンがおすすめです。

このショップには、インテリアとして飾る小さなモンステラを低価格で入手することができますよ。

エバーフレッシュを育てるポイントって?剪定方法や仕立て方のコツをご紹介!

エバーフレッシュ

見た目も良いエバーフレッシュは、観葉植物として人気のある品種です。エバーフレッシュは、誰にでも簡単に育てる事のできるおすすめの植物で、夜には葉が閉じるなど面白い性質をもっていることでも有名ですよね。

ここでは、エバーフレッシュの特徴をはじめ、育て方や手入れの仕方、曲木の作り方、病気対策から風水的な価値まで、必要な基本情報を全て紹介していきたいと思います。

エバーフレッシュの特徴

植物名 エバーフレッシュ
学名 Cojoba arborea var. angustifolia
和名 アカサヤネムノキ
科名 マメ科
原産地 コロンビア・ブラジル
草丈 1~3m前後
耐寒性・耐暑性 弱い・強い

エバーフレッシュは、観葉植物として人気の高い品種です。ぱっと見ただけでも全体に統一感があり、葉の形も良くバランスが良いので、どのような場所にも置ける汎用性の高さが、おすすめできるポイントになります。

元々は中南米などの地域を原産地として生息していた植物で、生育条件がそろえば30メートルほどの大きさになります。しかし、観葉植物といして育てれば、1~3mほどの大きさで止まることがほとんどです。

エバーフレッシュのもう一つの特徴として、夜になると葉が閉じて休眠状態になるという点が挙げられます。昼間は活き活きとしているのに、夜は本当に休んでいるように見えるので、なんだか愛着が湧いてくるような植物です。

エバーフレッシュを育てるためのポイント

水やり

エバーフレッシュは、比較的育てやすい初心者にもおすすめできる植物ですが、適切な育て方が出来るに越した事はありません。ここでは、環境づくり、水やり、肥料選び、害虫・病気対策について項目ごとにご紹介します。

環境づくり

エバーフレッシュは、日当たりのいい場所を好むので、できれば日の当たる窓辺などにおいてあげましょう。日光不足は枯れる原因にもなるので、日当たりが悪くなってきたら場所の移動をすると良いです。

土は、観葉植物用の土ならどれでもよく育つため、よさそうな土を見繕ってあげてください。生育に最適な温度は、20度前後と言われています。元々熱い所に生育していた植物であり寒さに弱い一面があるので、寒くても最低8度以上にして、それ以下になったら、温かい場所に移してあげましょう。

ただ、暖房などの空調の風に直接あたるのはエバーフレッシュにダメージを与えやすいので、気を付けてあげてください。湿度は、一定に保つ事が大切です。こまめに水あげをしたり、葉っぱに霧吹きで水をかけてあげたりすると、元気に育ちやすくなります。

水やり

基本的には、土の表面が乾燥してきたら水やりをします。暑いときは、朝や夕方にたっぷりと、寒い時はそれほど水を必要としないので、適度な量を見計らって水やりをしましょう。

葉っぱにも、霧吹きなどで水やりをしてあげると、全体的に元気を保ちやすくなります。

肥料選び

エバーフレッシュは、冬は休眠期であるため、肥料を必要としません。それ以外の季節では、化成肥料よりもゆっくりと肥料が浸透していく緩効性肥料をあげましょう。

液肥も効果がありますが、すぐに流れ出してしまうため、継続的にやらないと一時的な効果しかありません。効果を持続させたいのなら、緩効性肥料がおすすめです。

害虫・病気対策

乾燥していたり、風通しが悪いと、カイガラムシやハダニといった害虫が発生する事があります。ハダニが発生すると葉が白っぽくなりますし、カイガラムシに感染すると、黒っぽくなるすす病が発生したり、枝が枯れたりします。

どちらの害虫も、効果的な薬剤が販売されていますので、被害にあったら専用の殺虫剤を使用しましょう。

また、風通しが悪かったり、水はけが悪いと、炭そ病にかかる事があります。そのため、置く場所や水のやり過ぎにも注意しましょう。

エバーフレッシュを元気にする育て方とは?剪定と植え替え方法

植物の手入れをする時、剪定(枝を切ること)や植え替えは、難しい部分がありますよね。でも大丈夫。ここでは、エバーフレッシュを剪定、植え替えする際に、押さえておきたいポイントを網羅しました。ぜひ参考にしてみてください。

剪定方法

エバーフレッシュは、大きくなると1メートルを超える大きさになるので、適度に剪定をする必要があります。自分の好みの形に葉を切りそろえてあげたり、飾ってある場所に合うように丁寧に切ってあげましょう。

葉っぱ同士がぶつかっている所を切ったり、おさまりが悪い所を切ったり、全体のバランスを整え、風通しを良くしてあげる事がポイントです。

剪定は、春に行うのがおすすめ。この時期に行うことで、それ以降の季節にのびのびと生育してちょうどいい大きさに成長します。エバーフレッシュは成長が速いため、少し大胆に切っても大丈夫です。

自分の好きなように剪定して、インテリアとして活躍させても楽しそうですね。

植え替え方法

エバーフレッシュは、2~3年に一度植え替えをしてあげると元気に育ちます。何年も経つと土の栄養分が減ってきたり、根が成長して根詰まりを起こすため2~3年に1度の植え替えが適しています。

エバーフレッシュは、大きく生育する品種のため、苗よりも大きい鉢を用意する事がポイントです。植え替えの際は、根が伸びてもいいように一回り大きい鉢に植え替えをすると良いでしょう。

エバーフレッシュの種からの育て方

エバーフレッシュ

エバーフレッシュは黄色い花が咲き、花が咲いた後には赤い実を付けます。そこにある黒い種がエバーフレッシュの種となります。
この種を撒けば、種から育てることができるでしょう。

種まきは、春から初夏にかけての暖かい時期に行うのがおすすめです。種を土に植えたら、十分に水分を含ませ、風通しのいい所に置きましょう。早いと1週間ほどで発芽します。

発芽までに気を付けるポイントとしては、風通しのいい場所に置く、温かい所に置く、水分をこまめにあげる、といった項目が挙げられます。これらに注意して、大切に育ててあげましょう。

エバーフレッシュの育て方に関するよくある疑問

比較的育てやすいエバーフレッシュですが、葉っぱが枯れてきたり、色々と問題が発生する事もあります。ここでは、エバーフレッシュを迎えるうえで押さえておきたい疑問と解決法を分かりやすくご紹介します。

冬になったらエバーフレッシュをどう管理すればいい?

元々、エバーフレッシュは温暖な気候の土地の植物なので、寒い場所は苦手です。冬季はなるべく暖かい所に置いてあげてください。室温は、10度以上に保ってあげると枯れれる心配がないので、寒くなり過ぎないように注意しましょう。

また、エバーフレッシュは冬に休眠期に入るため、それほど水を必要としません。土の表面が乾燥したら、2~3日に一回水をあげれば十分なので、その点を意識しながら管理してください。

エバーフレッシュを仕立てる際の曲げ方のコツは?

エバーフレッシュは、枝が細く柔らかいので、曲げる事ができます。曲げた状態で固定すれば、枝を面白い形に変化させる事ができるので、気になる方はチャレンジしてみてください。

一般的な方法は、支柱にビニールの固いヒモで枝を曲げた状態で固定する方法で、時間が経てば枝がその状態で曲がります。折れないように慎重に曲げるのがポイントで、だいたい1年ほど置いておけば、枝が曲がった状態で固定されるでしょう。

エバーフレッシュがぐったりする原因って?

エバーフレッシュがぐったりしてしまう主な要因としては、根腐れ、根詰まり、水のやり過ぎ、といった原因が考えられます。根腐れは、水のあげ過ぎによって起こりますし、根詰まりを起こしたら、鉢の植え替えをしなければなりません。

エバーフレッシュは、季節によって必要となる水分量が異なりますので、季節によってあげる水の量を加減することが大切です。

風水効果のあるエバーフレッシュの飾り方って?

エバーフレッシュは、風水的には、心を安らげる陰の気を持っており、落ち着きをもたらす効果があるとされています。

その他にも、気の出入り口である玄関に置けば、気の流れを清らかに保つ働きをしてくれますし、リビングに置けば、テレビなどの家電製品が発する気とバランスをとるように調和するので、落ち着きと癒しをもたらしてくれると言われています。

これらを考慮しつつ、風通しのよさそうな所に置いてあげると、風水的にも良い効果を得る事ができるでしょう。

まとめ

エバーフレッシュ

商品ページはこちら
エバーフレッシュは、きちんと育てることができれば楽しい要素がたくさんある植物です。曲木をしてみたり、風水的な要素を考えてみたり、単純にインテリアをグレードアップさせるのもよいでしょう。

プレミアガーデンでは、エバーフレッシュを販売しています。高さは180㎝~2m前後のものを多く取り扱っており、シンプルな鉢に植えられているので、届いてすぐに飾ることが可能です。

ただし、ほかの商品と異なり全国配送ではないので、配送地域か確認をして購入してください。エバーフレッシュを育てる上での基本を習得して、楽しい園芸生活を送ってみてください。

アレカヤシを元気に保つ育て方とは?剪定方法やよくある質問をご紹介

アレカヤシ

アレカヤシという名前を聞いても、どんな植物か思いつかない、という方も多いですよね。ですが、実はアレカヤシは身近な植物で、ホテルのロビーや飲食店の入り口などによく飾ってある観葉植物です。

背が高く、放射線状に茂った葉と言われると、少し思い当たる方もいるかもしれません。存在感がありながら、でもどんな雰囲気にも自然に馴染んでくれる落ち着きが魅力です。

この記事では、そんなアレカヤシの育て方や隠れた魅力をたっぷりとお届けしていきます。

アレカヤシの特徴

植物名 アレカヤシ
学名 Dypsis lutescens
科名 ヤシ科
原産地 マダガスカル
草丈 1.5m前後
耐寒性・耐暑性 弱い・強い

アレカヤシの外観は、放射線状に茂る黄緑色の葉で、少し光沢があるのが特徴です。原産地はマダガスカルで、熱帯地方に自生している植物のため暑さには強いものの寒さに弱い植物でもあります。

日本であれば必ず室内で育てる必要がありますが、比較的育てやすく、どんどん成長してくれます。

また、茎に黒い斑点が見られるのも特徴です。実は、育て方によっては花が咲くという話もありますからしっかりとお世話をしてあげることで、様々な表情を見せてくれる植物です。

アレカヤシを元気に育てるためのポイント

アレカヤシの魅力を引き出すには、どんな風に育てるのが最も良いのでしょうか。アレカヤシを元気に育てるためのポイントをいくつか紹介します。

環境づくり

南国生まれのアレカヤシですから日光に強いと思われるかもしれませんが、あまり直射日光に当てすぎてしまうと葉が変色してしまう可能性があるため、直射日光がしっかりと当たる場所はおすすめできません。

とはいえ、日光が当たらないと元気に育たないので、日当たりの良い場所で直射日光が避けられる場所に置くと良いでしょう。また、室温は10℃以下にならないよう注意してあげて下さい。

室内温度が40℃を超えるようであれば、日陰や涼しい場所に移してあげることをおすすめします。エアコンの風が直接当たる場所も、葉が傷んでしまいますので避けるようにしましょう。

土は水はけの良いものが適しています。観葉植物用で販売している市販の土で問題ないです。

水やり

アレカヤシは、気温が低くなると休眠してしまう植物です。そのため気温に応じた水の調整が元気に育てるための秘訣になります。

15℃以上の温かい日であれば、水はたっぷり与えてあげるのがおすすめ。土が乾燥してきたら小まめに水を与えて下さい。もちろん、あげすぎは良くないので鉢の水受けに水を溜めない程度にしておくのが大切です。

15℃以下になってきたら、水の量はやや控えて、ゆっくりめの水やりに切り替えましょう。

目安としては、土の表面が完全に乾燥してから2~3日後に水やりをする方法です。枯れないか心配になるかもしれませんが、完全に乾燥した後で水やりをすることでアレカヤシの耐寒性を高めることができます。

肥料選び

肥料を与えるときは、ゆっくりと効果が長持ちしやすい緩効性肥料を置き肥するのがおすすめです。成長期の春から夏にかけてが栄養が必要になるため、その時期に肥料を与えるようにします。

養分が足りないと、わかりやすく葉が変色してくるので、早めに追肥することで対応します。また、冬の成長が緩やかな季節に肥料を与えてしまうと、葉が肥料焼けを起こしてしまうことがあります。肥料は春~夏の成長期だけと覚えておきましょう。

また、病害虫を寄せ付けないために化学肥料を選ぶのもおすすめです。

病気・害虫対策

アレカヤシはハダニなどの害虫がつくことがあります。ハダニは乾燥が原因になることが多いので、しっかりと乾燥を防ぐことが大切です。

通常の水やりだけでなく、葉にも霧吹きなどで水をかけるのがおすすめです。また、カイガラムシやアブラムシといった害虫には専用の殺虫剤を使うか、ブラシ等で小まめに取り除く必要があります。

室外で育てる場合にはダンゴムシやバッタにも注意しましょう。
また、カイガラムシはアレカヤシの病気の原因にもなります。

カイガラムシが付くことによって、葉っぱが黒くベトベトになる「スス病」を発症する可能性があるので注意しましょう。

剪定と植え替えでアレカヤシをもっと元気に育てよう!

アレカヤシ

年中を通して成長するアレヤカシを元気に育てるうえで、剪定と植え替えは大事なポイントです。植え替えの頻度はそんなに多くありませんが、時期を見て行う必要があります。剪定や植え替えが初めての方でもわかかりやすいようにご紹介します。

剪定方法

アレカヤシは年中葉が伸びる植物なので、葉が重なって成長を妨げるようであれば小まめに剪定を行いましょう。葉が多い植物ですので、元気に育ってくるうちに思いの外ボリュームが出過ぎてしまう場合もあります。

定期的な間引きはもちろんのこと、枯れてしまった部分は小まめに根本から取り除きます。風通しを良くしてあげるのがポイントです。

植え替え方法

アレカヤシは葉だけでなく根も年中成長しているので、植え替えをしてあげないと鉢の中で根詰まりを起こしてしまいます。目安は1~2年に1度ほどですが、植え替えをするときにはひと回り大きい鉢を用意する必要があります。

ただあまり大きな鉢に植え替えてしまうと、その鉢の大きさだけ成長してしまうため、高さや大きさには気を付けて選んでみて下さい。

アレカヤシが枯れた場合の対処法って?

アレカヤシを育てるうちに、元気が無かったり葉が変色したりといったトラブルがあるかもしれません。アレカヤシが枯れる原因として、水切れや直射日光、寒さ、害虫等が挙げられます。

もし葉が枯れてきたり、茶色に変色してきた場合には土が乾いていないか確認してみましょう。特に春~夏の成長期には水がたっぷり必要になります。もし最近水はけが悪いと感じることがあれば、根詰まりを起こしている可能性があります。

鉢から根が出ていないか確認して、必要があれば植え替えを行いましょう。
また、夏の時期に直射日光に当てすぎても葉が変色することがあります。夏であれば日当たりを確認して、明るい日陰に移しましょう。

冬の時期であれば、寒さで枯れてしまうことがあります。日中はなるべく日の当たる暖かい場所に置き、冷え込む夕方以降は窓辺から離し暖かい場所で育てるようにしましょう。

アレカヤシの育て方に関するよくある疑問

疑問 女性

アレカヤシを元気に育てる方法についてお伝えしてきましたが、よくある疑問についても答えていきたいと思います。

葉が広がりすぎたアレカヤシはどうすればいい?

アレカヤシは葉の多い植物です。年中成長し葉が増えていくため、あっという間に大きくなったと感じるかもしれません。そんなときには植え替えや株分けを検討するのもおすすめです。

葉と同じように根もどんどん成長しているため、根詰まりを起こして必要な養分や水分が全体に行き届かなくなるかもしれません。

鉢からはみ出てしまった根や腐ってしまっている根は切り落とし、株の間に刃を入れていくつかに切り分けるのが株分けです。新しい鉢に移してあげて、たっぷりの水をあげて下さい。

新芽が出始めた頃は、明るい場所に移動させるのも良いです。植え替えや株分けは成長期の5~7月頃に行いましょう。

アレカヤシの葉が垂れて大きくなりません

アレカヤシの葉が垂れてきたり、枯れてきたというときは水不足の可能性があります。春や夏の成長期にはたっぷりと水が必要になりますので、土の表面が乾いてきたら水をあげるようにしましょう。

ただ、もしコンパクトに育てたいということであれば水やりは控えめで大丈夫です。しっかり剪定してあげることでまた元気に育っていきます。

アレヤカシの成長速度はどれくらい?

アレカヤシは成長の早い植物です。年中を通して成長し、3~8メートルの高さまで伸びていきます。特に暖かい春~夏の時期は成長期と呼ばれ、たっぷりと水を吸ってどんどん葉を増やしていくでしょう。見えないところで根も広げています。

葉は年中通して剪定が必要になりますが、根の方は植え替えや株分けが必要です。

また、寒い冬になってくると成長速度はゆっくりになります。この時期には水を与えすぎず、やや乾燥している状態を保ってあげるのが耐寒性を高めて枯れにくくするコツです。

風水効果のあるアレカヤシの飾り方って?

アレカヤシは風水的に良いとされている植物です。出会い運が良くなると言われており、やる気が高まる効果もあると言われています。アレカヤシの花言葉は「元気」で、気持ちを前向きにしてくれる植物です。

風水効果を考えて置き場を決めるときは、東南の方角が良いとされているため東南の方向にある部屋に置いてみるのがいいでしょう。勉強や仕事をするスペースに置くと風水効果でモチベーションアップが期待できます。

まとめ

アレカヤシ

商品ページはこちら

1度は見たことのあるアレヤカシですが、知られていない魅力がたくさん詰まった活力あふれる植物です。自宅用や贈り物に購入したい方は、通販での購入がおすすめです。

アレカヤシはやる気を高める効果があると言われていますから、特に企業やお店に贈るグリーンギフトとして喜ばれます。

プレミアガーデンではアレカヤシを取り扱っております。

ラスターポット付、高さ70㎝~80㎝のアレカヤシが6,800円で購入可能です。
この商品は本州のみ配達ができます。

ぜひアレカヤシを購入して育ててみませんか?

アカシアに花言葉はあるの?特徴と色や育て方をご紹介!

アカシア

観葉植物として人気のアカシア。可愛らしいお花を咲かせるため、インテリアとしてはもちろんガーデニングにも非常に人気があります。

そんなアカシアですが、基本情報をしっていますか?育て方や花言葉を知っておくことで、相手にもプレゼントしやすくなるでしょう。

ここでは、アカシアの花言葉はもちろん特徴や育て方などを解説します。

アカシアってどんな観葉植物?

名前 アカシア
英名 acacia
原産地 オーストラリア・アフリカ
園芸分類 庭木
樹高 2~20m以上
花の色 黄色
開花時期 3~5月
耐寒性・耐暑性 強い・強い

アカシアはオーストラリアとアフリカ原産の観葉植物です。
インテリアとして飾るような小さな植木鉢はもちろん、庭に植える種類まで本当にたくさんあります。

大きなもので20m以上になることもあり、シンボルツリーとして向かい入れる人も多いでしょう。

アカシアは黄色の花を咲かせるのが基本です。3月~5月に花を咲かせるので、春の季節がくれば花を楽しむことができるでしょう。

ミモザとアカシアの違いとは?

アカシアを調べると必ず出てくるのが「ミモザ」という名前ではないでしょうか。
ミモザとアカシアは全く別物です。

また、ミモザアカシアという言葉も聞いたことがあると思いますが、ミモザアカシアというお花は存在しません。

ミモザはオジギソウの学名が由来になってます。オジギソウの花とアカシアの花が非常に似ていて「ミモザみたいだね」という発言から、アカシア=ミモザという情報が浸透しました。

オジギソウとアカシアの花は色が違うので、そこを基準にするとわかりやすいでしょう。

アカシアの花言葉

アカシアの花言葉は以下の通りです。

  • 秘密の恋
  • 気まぐれな恋
  • 友情
  • 堅実
  • 優雅
  • 豊かな感受性

アカシアにはとってもたくさんの花言葉が込められています。
これらは、オーストラリアの先住民であるアボリジニが告白をするときに、アカシアの花を送ったことが由来だといわれています。

同じ植物なのに「秘密の恋」「気まぐれな恋」の正反対の言葉が入っているのは、とても珍しいです。
プレゼントする場合は、これらの花言葉を相手に教えてあげると、より喜ばれるでしょう。

アカシアの花言葉を色別に紹介

アカシア

アカシアの花言葉は色別に異なるのをご存知でしょうか。

アカシア全体の花言葉はもちろん、色によって花言葉が追加されることがあります。
では、色別にどんな花言葉があるのか見ていきましょう。

黄色

  • 秘密の恋
  • プラトニックラブ

アカシアといえば黄色のお花ですよね。
「秘密の恋」というのは、全体の花言葉の意味と変わりません。

黄色い花だと「プラトニックラブ」という花言葉が加わります。
プラトニックラブとは精神的な愛ということで、恋に関してぴったりなお花だということがわかりますね。

オレンジ色

  • エレガンス
  • 上品
  • 品格

黄色の花言葉と異なり、品性の高さがうかがえる花言葉がオレンジの花にはついています。
これは、緑の葉っぱにオレンジの花が咲き乱れる様子が非常に上品であることから、これらの花言葉が付けられました。

女性が活躍でいるような職種に贈ると喜ばれるでしょう。

アカシアと間違いやすいミモザとニセアカシアの花言葉

アカシアはたくさんの品種がありますが、実はアカシアではない品種が紛れている可能性があります。

ここではよくアカシアと間違えられる「オジギソウ」「ニセアカシア」の花言葉を見ていきましょう。

オジギソウ(ミモザ)の花言葉

別名ミモザと呼ばれるオジギソウ。植物の名前でミモザと呼ぶのは、オジギソウを指すのが基本です。
オジギソウの花言葉は以下の通りになります。

  • 繊細な感情
  • 感受性
  • 敏感

アカシアとは全く違う花言葉が付いていますね。
オジギソウは軽く触れるだけで、葉っぱが閉じて垂れ下がってしまいます。
そういった生態が花言葉に大きく由来してくるようです。

ミモザ繋がりで間違えがちですが、花言葉は異なるので間違えないように気を付けましょう。

ニセアカシアの花言葉

  • 死に勝る愛情
  • 頼られる人
  • 友情
  • 優雅

名前にアカシアと入っているのでアカシアの仲間なのかと思いがちですが、実は全く別の植物であるニセアカシア。
アカシアの花言葉が怖いといわれるのは、この植物が大きく関係しています。

花は真っ白で、葉っぱや根にトゲがあるのが特徴です。
木が腐りにくく、丈夫な性質であることから「頼られる人」という花言葉が付きました。

「死に勝ち愛情」は、ちょっと怖い花言葉ですよね。これは、果実や葉っぱなどに毒が含まれていることにちなんで付けられたそうです。

プレゼントする場合は気を付けましょう。

アカシアを選ぶときの注意点

アカシアを選ぶときにいくつか注意するべき点があるのをご存知でしょうか。

観葉植物として迎え入れるときは、サイズと品種に気を付ける必要があります。
ここでは、サイズと品種を選ぶときの注意点について紹介します。

サイズで選ぶ

アカシアは育つと非常に大きくなる観葉植物です。
そのため、サイズを間違えると家の中に置けなくなってしまう可能性があります。
家の中に飾りたい場合は5号~8号がおすすめです。

8号は約150㎝ほどのサイズになるので、玄関に置くと良いでしょう。

シンボルツリーとして玄関の外に置く場合や、庭木として迎い入れる場合はもう少し大きいものでン問題ありません。

品種で選ぶ

アカシアにはさまざまな品種があります。
品種によって花の色や咲き方、葉の形が異なるのでしっかりと見分ける必要があるんでしょう。

さまざまな品種がある中で、特に人気なのが以下の3つです。

  • アカシアブルーブッシュ
  • フサアカシア
  • ギンヨウアカシア

どれも花の色は同じですが葉っぱの色や形が異なるので、インテリアとしてどういった形にしたいのかを判断しながら決めると良いでしょう。

アカシアを育てよう!気を付けるべきポイントとは

やっほー 女性

アカシアは、基本的に初心者でも簡単に育てることができる観葉植物です。

とはいえ、全くお世話をしないと枯れてしまうので気を付けたいですよね。

アカシアを育てる場合、以下の3点は特に気を付ける必要があります。

  • 環境
  • 水やり
  • 植え替え

アカシアは基本どんな環境でも適合することができるので、育てる環境作りはそこまで心配はいりません。

元気な花を咲かせるために、日差しがよく当たる場所で育てるようにしてあげましょう。
水やりは、土が乾いたらで問題ありません。あまりやりすぎると根腐れの原因になります。

庭で育てる場合は、自然の雨などで充分補えるので、雨が全降っていない場合や猛暑が続くときだけ、水やりをすると良いでしょう。
アカシアは非常に大きくなることから、根もすごく発達する傾向があります。

水の吸い方が悪くなったり、根詰まりの兆候が見えてきたら植え替えをしてあげましょう。

インテリアや風水にも!アカシアを上手に飾るポイント

アカシアを上手に飾るには、2つのポイントにこだわることでより良く飾ることができます。

  • 風水にこだわる
  • ココナッツファイバーを使う

観葉植物をインテリアとして飾ることで、風水効果が期待できるのをご存知でしょうか?
アカシアは黄色の花を付けることから、金運に効果があるとされています。西と相性が良いので、置くときは西側に置くようにしましょう。

インテリアとしておしゃれに飾る場合、ココナッツファイバーを使用することでよりおしゃれに観葉植物を飾ることができます。

ココナッツファイバーとは、ココナッツの果樹の皮をしようした植木材で、土を隠すことができるので、インテリアとして空間に溶け込むことができます。

まとめ

アカシアの木は初心者でも非常に育てやすい観葉植物です。
そのため、ギフトとして送っても相手に喜ばれやすい傾向にもあります。

相手に送る場合は、育て方が楽なことを伝えてあげると喜んでもらいやすいでしょう。

せっかく観葉植物を購入するのであれば、高品質なものが良いですよね。おすすめは通販で購入することです。

中でもプレミアガーデンは、ほかのショップに比べてコストを抑えながら高品質なアカシアを購入することができます。

アガベを元気に育てる4つのポイントって?人気の種類もランキング形式でご紹介!

アガベ

アガベは最近は植物男子にも人気の多肉植物で、もちろん女子にも人気でプレゼントとしても人気があります。

どうせなら、枯らさないように育てて、部屋のインテリアとしても楽しみたいですよね。
そこで今回はアガベの育て方や元気に育てるポイントお手入れポイント、冬を越すための管理方法など人気の種類もランキング形式で紹介していきます。

アガベの特徴

アガベはリュウゼツラン科・リュウゼツラン属に分類される多肉植物です。

メキシコを中心に北アメリカ南部~アメリカ大陸全体に300種類以上自生しています。乾燥地に生育しており、直径5㎝のものから5mを超える大きなサイズのものまであります。
またアガベはテキーラの原料としても有名です。

園芸分類 観葉植物、熱帯植物
草丈・樹高 5~200㎝
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 弱い
花色 白、黄色
開花時期 7月~8月

アガベを元気に育てるためのポイント

アガベ

アガベはアメリカ大陸全体に自生する多肉植物で日本で元気に育てるためにはアガベが好む環境づくりが大事です。
ここではアガベを元気に育てるためのポイントを4つ紹介していきます。

環境づくり

アガベは暑い地域に自生しているので日光を好み、どちらかといえば高温と乾燥した場所を好みます。耐陰性に弱いので、アガベを育てる場合は日光が当たる場所に置くようにしてください。日当たりが悪いとひょろっとした頼りない格好になります。

しかし、耐寒性と耐暑性にも強いので、アガベの種類によってはベランダなどでも冬を越すことができるものもあります。またアガベは初心者にも育てやすい多肉植物としても知られています。

水やり

アガベは葉が肉厚なのが特徴ですがこの葉には水分を溜めることができるので高温、乾燥にも強いので夏はそんなに水やりは必要ありません。

3月~4月、10月~11月は土の表面が乾いてから3、4日後に鉢から溢れるぐらいの量のお水をあげてください。生育期の5月~9月は鉢の土が乾いたら水やりが必要です。

アガベは、冬は10月~3月中旬ぐらいまで生長が止まり、休眠状態に入ります。冬の水やりは月に1、2回ぐらい問題ありません。

肥料選び

アガベは生育期の春~秋に肥料を与えると良いでしょう。肥料は、緩効性の肥料を2か月に1回のペースであげます。即効性のある液体肥料でも構いませんが液体肥料の場合は10日に1回のペースで与えるようにしてください。

多肉植物は本来、あまり肥料を必要としないので、肥料が多すぎると肥料焼けを起こし、根っこが傷んでしまうので気をつけて肥料を与えましょう。

害虫・病気対策

アガベにつく害虫として注意が必要なのは「アザミウマ」「カイガラムシ」です。「アザミウマ」は特に、夏の暑い時期に発生することが多い害虫です。「カイガラムシ」は季節に関係なく1年中発生します。

カイガラムシの幼虫は白くて小さな綿の中に潜んでおり、そのままにしておくと、アガベを食べてしまったり、根から大事な栄養成分や樹液を吸い取り弱らせたりします。

「カイガラムシ」が幼虫のときは殺虫剤で殺せますが、成虫の場合は歯ブラシでこすって落とすか、薬剤を使って駆除します。

アガベは「さび病」「黒星病」があり、どちらも見つけたらすぐに病気になっている部分を切り落とすようにしてください。

室内や植え替えでアガベを育てるときの4つのポイント!

ここではアガベの剪定と植え替えするときのポイントを4つ紹介していきます。

剪定

アガベは剪定はほとんど必要なく、新しい葉が生えてくると古くなった下の葉が枯れていきます。アガベの剪定は下の葉を切るのが基本です。下の葉が枯れてきた場合はナイフなどで綺麗に切り落としてください。

植え替え方法

アガベは成長(生長)が早いので2年に1回ぐらいで4月~5月頃に植え替えが必要です。小さな鉢植えで育てていると水分、養分を吸収することができず成長しなくなってしまいます。
そのままにしておくと、鉢の底に根が回り成長が悪くなってしまうのです。

土は1/3ぐらい落とし、枯れた根を切り取って一回りか二回り大きな鉢へと植え替えしましょう。

アガベの締め方

アガベの締め方は、外からストレスを与えることによって必要なものをあまり与えない方法です。アガベを締めて育てると葉が短く、肉厚になり、色鮮やかになり、見た目の形がかっ
こ良くなります。

アガベには、直射日光を当て、風当たりを良くします。水やりは少なめに与え肥料も与えません。用土は少なめにしましょう。

室内で育てる方法

アガベは日光の当たる風通しの良い場所に置いて育てますが、乾燥を好み多湿を好みません。
ベランダに置いている場合は、台風や暴風雨のときなどは、雨が長時間当たり、根や葉が腐ってしまうので室内に入れるなどしてください。

また耐寒性はありますが、冬は5℃を下回ってしまうと冷害が出てきてしまうので室内に入れてあげましょう。

冬のアガベの管理方法

冬のアガベの管理、まずは水やりですが、昼の気温の高い間に水やりをします。もし、気温が0℃以下の場合は水やりはしません。気温が5℃以上で乾燥してしまっているときは様子を見ながら月1で水やりしましょう。

しかし、小さな株の場合は耐寒性が低い場合もあり、乾燥して枯れてしまうこともあります。様子を見ながら、水やりをし休眠状態で冬を越しましょう。

人気のアガベ種類ランキング!

アガベ

ここでは人気のアガベの種類をランキング形式で紹介してきます。

1位アガベベネズエラ

リュウゼツラン科のアガベ属の多肉植物です。葉は肉厚で扇のように広がった大きな葉は竜の舌に似ていることで(竜舌蘭)とも呼ばれています。

葉の先が細かいトゲがあるのが特徴で、耐寒性もあります。乾燥にも強いので、贈り物としても選ばれています。水やりもあまり必要なく春~秋にかけ土が乾いたら、たっぷり水やりするだけです。アガベの中でも特に人気があるのがこのタイプです。

2位アガベ 雷神(アガベ・ポタトルム)

アガベ雷神の花は「神の花」と呼ばれ、数十年に一度だけ咲くといわれています。アガベ雷神の花が咲くのを見た者は、雷神のような神の力を手に入れ幸せになれると言い伝えがあります。また花が咲くと子株を残し枯れてしまうのです。

肉厚なブルーグレーの青白い葉と赤黒いトゲトゲが特徴でロゼット型に葉が広がっています。

3位アガベアメリカーナ

アガベアメリカーナは日本の多くの街路樹に植えられてあるのはこのタイプです。
アオノリュウゼツラン科の、リュウゼツラン属で、高さも1~2mに生長します。

青みがかった葉に黄色の斑がとてもおしゃれで、インテリアにピッタリです。耐寒性が非常に強く0℃以上であれば、冬を越すことができます。また耐厚性も強いので初心者にも育てやすい多肉植物です。

4位アガベ・チタノタ

アガベチタノタは形や大きさ、色が豊富な多肉植物です。葉が肉厚で放射線状に広がるサメの歯のようなトゲが特徴です。

耐寒性と耐暑性に強いので丈夫で育てやすく、班入りのもの、葉のギザギザが白いもの、黒いものがあり、今は白いギザギザタイプが人気です。
このタイプは見た目のイカツさからも植物男子にも人気があります。

まとめ

アガベはリュウゼツラン科のリュウゼツラン属に分類される多肉植物で、テキーラの原料としても有名です。アガベを育てるには環境づくりが重要です。冬は休眠状態になるので水やりの仕方に注意してください。

大型フラワーショッププレミアガーデンでは観葉植物はレンタルを行っています。
まずは、お試しとしてレンタルするのがおすすめです。
人気の多肉植物アガベを飾ってお部屋をおしゃれにしてくださいね。

アカシアを長く楽しむには?特徴と育て方を紹介

アカシア

インテリアとしても非常に人気が高い観葉植物の中に、キレイなお花を咲かせる「アカシア」という種類があるのをご存知でしょうか。

別名「ミモザ」とも呼ばれているアカシアは、観葉植物の中でも非常に人気が高いです。

せっかくお花を咲かせる観葉植物を飾るなら、毎年キレイな花を咲かせたいですよね。
そこで、今回はアカシアの基本的な育て方を中心に、増やし方や管理方法などを詳しく解説していきます。

アカシアの特徴

名前 アカシア
英名 acacia
原産地 オーストラリア・アフリカ
園芸分類 庭木
樹高 2~20m以上
花の色 黄色
開花時期 3~5月
耐寒性・耐暑性 強い・強い

黄色い花を咲かせるのが特徴のアカシアは、オーストラリアやアフリカが原産の植物です。
観葉植物として人気ですが、実は育つと20mを越すとても大きな庭木になります。
3月~4月にかけて可愛らしい花を咲かせるため、最近では「花束」「スタンド花」などにも使用されるようになりました。

アカシアとミモザは同じ種類?

アカシアといえば別名「ミモザ」と呼ばれていますよね。
3月8日はミモザの日と定められており、店頭にアカシアの花が多く並びます。
しかし、ミモザという花は存在していないって知っていましたか?

ミモザとアカシアは全くの別物になります。
そもそもミモザと呼ばれるようになったのは、オジギソウが始まりです。

学名で「ミモザ」というオジギソウは、ポンポンのような可愛らしい花を咲かせます。
色はピンクですが、見た目が似ていることから「ミモザ」と呼ばれるようになりました。

それがいつしか「アカシア=ミモザ」になってしまい、アカシアがミモザと呼ばれるようになったそうです。

アカシアを元気に保つ育て方

観葉植物

可愛らしい花を咲かせるアカシアですが、せっかく観葉植物として向かい入れるのであれば、元気に長く育てていきたいですよね。
そこで大切になってくるのが4つのポイントです。

ここでは、アカシアを元気に育てるための4つのポイントを解説します。

置き場所

アカシア元気に育てるために大切なのは「置き場所」です。

風通しと日当たりの良い場所を好むアカシアですが、直射日光は葉焼けの原因になるので避ける必要があります。

そのため、日当たりや風通しが程よく直射日光も避けられる「半日陰」で育てるようにしましょう。

適度に日差しが当たる場所であれば、春にはキレイな花を咲かせることができるようになります。

ただし、風通しの良すぎる場所に置いてしまうと、木が若い場合折れてしまう可能性があるので注意が必要です。
風の強い日や風通しが気になる場合は、添え木をしてあげましょう。

水やり

アカシアは乾燥気味の場所を好むので、毎日こまめに水をあげる必要はありません。
鉢植えで育てている場合は、表の土が乾いてきたのが確認できたら1日置きくらいで水やりをしてください。

水やりは、鉢底から水が溢れだすくらいたっぷりあげるのがポイントです。

アカシアが根付いている場合は、基本的に水やりの必要はありません。
真夏の高温乾燥が続いたときだけ、たくさんのお水を与えてください。
とはいえ、あまり気にしなくても大丈夫そうです。

肥料選び

アカシアは、土の状態が悪くても育つことができる植物です。そのため、無理に肥料を与える必要はないでしょう。

花の付きが悪くなったり、気になる所見が出てきたら肥料を与えても問題ありません。
肥料をあげる場合は、植え替えのときに腐葉土と赤土を混ぜてみてください。

害虫・病気対策

アカシアに付きやすい害虫は「カイガラムシ」です。
カメムシの親戚だといわれており、表面が硬いものや柔らかいものなど約400種が発見されています。

カイガラムシが付いてしまうと、排泄物からアカシアにすす病菌が付いて、さまざまな病気の原因になるので早めに対策をしましょう。

基本的に風通しが悪く日の当たらない場所で育てると発生するので、育てる環境に注意が必要です。

万が一付いてしまったら、歯ブラシでこすって落とします。それでも落ちない場合は、薬剤を撒くか剪定をしてください。

剪定と植え替えをしよう!成長したアカシアの育て方

剪定

アカシアを育てていくとどんどん大きくなっていくでしょう。
大きくなるにつれトラブルも非常に増えていくので、元気に育てていきたいなら、トラブルをなるべく回避するような育て方が必要になります。

ここでは、よりアカシアを元気にする育て方を紹介します。

選定方法

アカシアを剪定するにあたって必要なものは以下の通りです。

  • 木ばさみ
  • 剪定ばさみ
  • ノコギリ
  • 脚立orはしご

アカシアはとても大きく育つ観葉植物です。そのため、大きな木を剪定する場合は脚立などを必ず用意しましょう。
手順を紹介します。

  1. 伸びた枝を整える
  2. 不要な枝の間引きをする

伸びた枝を切り落とす場合、なるべく新しい枝を避けて剪定する必要があります。
枝分かれをしている木を切る場合は、根元から切るのがポイントです。

また、風通しを良くすることは害虫予防にもなるので大切になります。なるべく不要な枝を間引いて、空間を作ってあげるようにしましょう。
アカシアの剪定は、花が咲いたあとの6月までに終わらせておくと良いです。

植え替えの方法

アカシアは植え替えを嫌う植物です。そのため、基本的に地植えをしたら植え替えはできません。
植木鉢から植木鉢に移す場合は、最大で二回り大きいものに交換してください。

あまり大きい鉢に入れ替えてしまうと、根っこばかりが大きくなるので気を付けましょう。

植え替えにコツは必要ありません。根っこを抜いたら次の植木鉢にポンッと置くようにすると上手にできます。

人気なアカシアの種類3選!

アカシアはたくさんの種類があるのをご存知ですか?
それぞれ素敵な花を咲かせるため、どれも人気が高いのが特徴です。
特に人気なアカシアは以下の3種類になります。

  • ギンヨウアカシア
  • フサアカシア
  • アカシアブルーブッシュ

ギンヨウアカシアはキレイな黄色い花が咲かせるのが特徴のお花で、葉っぱが銀灰色になるので、観賞用にも最適の品種です。

フサアカシアは、ミモザとしても知られている品種です。
アカシアの品種の中でもとても人気があるので、アカシアといえばこの品種を思い浮かべる人も多いでしょう。

花が咲いている見た目はギンヨウアカシアとさほど変わりませんが、葉の色が緑で落ち着いていることから、落ち着いた印象を受けます。

アカシアブルーブッシュの葉っぱの色はシルバーブルーで、まるで羽のような柔らかい見た目が特徴です。

見た目が非常におしゃれなので、インテリアとして好まれる種類でもあります。
プレゼントにも好まれるため、日本でも非常に人気が高まっている品種です。

まとめ

アカシアにはたくさんの種類が存在しますが、どの種類も育て方を理解しておくことで
何年も楽しむことができるでしょう。

観葉植物はお花と違い、こまめなお世話が必要ない代わりに植え替えの頻度が置くなる傾向にあります。

特にアカシアは非常に大きくなる植物なので、購入する場合は何年も育てていくことを考えておくと良いです。
また、アカシアを購入する場合はネット通販がおすすめになります。

ネット通販であれば種類も豊富で、自分の好みのアカシアを見つけて購入することができるでしょう。
特にプレミアガーデンには、高品質でおしゃれなアカシアが揃っています。

プレゼント・自宅のインテリアとしてぜひ購入してみてくださいね。