「フラワーギフト」カテゴリーアーカイブ

アレンジメントフラワーの相場

誕生日や結婚祝いなどの贈り物として何がいいか迷った時にぴったりなのがアレンジメントフラワーです。花は綺麗で飾っておくだけで華やぎ、送る相手の性別や年齢は問わないので贈り物に最適です。比較的手を出しやすい商品から高価なものまで送る相手や場面ごとに最適なアレンジメントフラワーがありますから、それぞれの相場を紹介していきます。

 

シーン別の料金相場

・舞台 5,000円~20,000円

舞台などを観に行くとロビーに並んでいる花がありますよね。あれはスタンド花といって他の方からのアレンジメントフラワーに埋もれてしまわないように比較的大きめに華やかに作られています。また、楽屋花といって楽屋のテーブルに飾れるサイズのアレンジメントフラワーなら5,000円からあります。

・開店祝い 5,000円~3,000円

友人などの個人の場合は10,000円〜15,000円、

会社などの法人の場合は20,000円〜30,000円といった感じです。店舗の開店祝いなどに向いているのは、高級感があって見た目も華やかな胡蝶蘭やスタンド花です。特に胡蝶蘭は「幸せが飛んでくる」という花言葉を持つ縁起のよい花で店先に置いてあると目立ちます。名前入りの立て札も付けられます。

・ビジネスシーン 3,000円〜10,000円

同僚や同期なら ~3,000円、上司や先輩は3,000円~5,000円、より特別な相手には50,000円~10,000円といった感じです。

日頃お世話になっている会社の同僚や先輩のお祝いであれば花束やブーケのようなものがおすすめです。小さめのものの方が持って帰る時も楽ですし、コンパクトにまとまったものの方が良いでしょう。一方で取引相手のオフィスなどにお祝いを贈る場合には、高級感のある胡蝶蘭が適しています。同じ部署等の方への贈り物であれば部署全員がお金を出し合ってひとつのお花を贈ると良いですよ。

・結婚祝い 5,000~10,000円

ご結婚のお祝いは式の一週間ほど前にご自宅にお届けするのがマナーですが、そんな時はコンパクトなアレンジメントフラワーなどがおすすめです。結婚式などで忙しい新郎新婦にとってはそのまま飾っておけるアレンジメントフラワーは嬉しいですね。新郎新婦に合った花をイメージして選ぶと喜ばれます。結婚はおめでたい出来事ですし、未来に向かっての希望を表すような白やピンクなどの比較的明るく、清潔感のある色でまとめたものが人気です。

・誕生日 3,000円〜10,000円

親しい友人などの場合は3,000円~5,000円、彼女へのプレゼントや特別な方への誕生日プレゼントは5,000円~10,000円といった感じです。

一般的には手渡しできるくらいのコンパクトな花束などになるので、他の場面でのお祝いのアレンジメントフラワーよりも価格はリーズナブルです。豊富な花の種類や色から選べるので送る相手にぴったりのアレンジメントフラワーが見つかります。また、送る際には花言葉を調べておくとロマンチックです。

 

サイズ別料金相場

店によっても異なりますが、最も一般的なサイズは15cm四方の容器に幅30cm×高さ40cm程度になるように花を生けたものです。

これを基準とすると、大きく分けて3つに分けられます。

・ミニ、Sサイズ 3,000円〜9,000円

(身近な友人へのプレゼントやちょっとした贈り物など)

・Mサイズ 5,000円〜15,000円

(誕生日や楽屋見舞いなど)

・Lサイズ 10,000円〜25,000円 

(法人向けのスタンドフラワーなど)

 

相場以下のおすすめ通販サイト3選

・花キューピット

Mサイズのアレンジメントフラワーがおよそ5,000円で購入できます。これでボリュームも華やかさも充分ですが、これより少し大きなものでも10,000円程です。またギフトセットなども用意されていて、5,000円程のアレンジメントフラワーとお菓子がセットで6,000円〜10,000円とお得です。

・プレミアガーデン

Sサイズ3,500円からの商品が豊富に揃っています。無料の会員登録制度があり、商品のお買い上げ合計金額(税抜)の3%が割引ポイントとして付与され、次回以降のお買い物の際に 1ポイント=1円で利用できます。もちろん会員登録しなくても購入できますが、場合によってはポイントを使った方がお得に買い物できます。 

・イイハナドットコム

Sサイズ5,000円から購入できます。容器がおしゃれでガラス、かご、陶器など様々な種類の素材と形が取り揃えられています。また、アレンジメントフラワーにバルーンが飾られていたり、ディズニーデザインがあったり、お祝いのケーキ型があったりとバラエティに富んでいます。お子様への誕生日や相手を驚かせたい人におすすめです。

 

まとめ

アレンジメントフラワーは安いもので3,500円〜、高価なもので〜25,000円といった感じですね。花は綺麗で見ているだけで癒されるので贈る相手のことを考えながら選ぶのはとても楽しいですよ。

舞台にアレンジメントフラワーを贈りたい!相場や注意点をご紹介

公演のお祝いや、公演が成功するよう願いを込めて舞台にアレンジメントフラワーを贈ることがあります。
しかし、実際贈るとなると、値段相場がわからず悩んでしまう方もいるでしょう。
そこで今回は、舞台に贈るアレンジメントフラワーの相場や、贈る際の注意点などを解説します。
美しいお花を注文できる通販サイトも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

舞台に贈るアレンジメントフラワーの相場は?

舞台に贈るアレンジメントフラワーの値段相場は、おおよそ10,000~30,000円です。
個人から贈る場合は、10,000~20,000円ほど、法人から贈る場合は20,000~30,000円ほどが一般的です。
なお、高額のものを贈りたい場合はファン有志など複数人数でお金を集め、連名でお花を注文する方法もあります。
すでにデザインが完成している商品のほか、予算や希望のイメージなどを伝えればおまかせで作ってくれるフラワーショップもあります。
オリジナルのデザインやユニークなアレンジのもの、バルーンなどの装飾をプラスしたものは、大体30,000円ほどの値段です。

 

舞台にアレンジメントフラワーを贈る際のポイントや注意点

アレンジメントフラワーを注文する前に、舞台を行う会場に届けて良いか確認が必要です。
会場によっては、提携しているフラワーショップ以外の商品は持ち込めないルールになっている場合もあります。
せっかく注文した花が受け取ってもらえないことになったら大変です。
実際花を選ぶ前に、まず会場や主催者への確認から始めましょう。
アレンジメントフラワーを届けるタイミングも大切です。
必ず、舞台の開場前までに届くよう手配しておきましょう。
開場した後は、大勢の人が入場し、出入口付近やロビーは混雑状態になることもあります。
人があふれかえる中で、アレンジメントフラワーを受け取り並べるのは困難です。
また、開場後はスタッフも非常に忙しく、花の受け取り・設置などにしっかり対応しきれない可能性もあります。
舞台関係者の迷惑にならないためにも、余裕をもって届けられるような手配が必要です。
舞台に贈るアレンジメントフラワーは、公演を美しく彩り、盛り上げるようなデザインにしましょう。
舞台に贈られた花は会場のロビーに設置されるのが一般的です。
SNSなどで舞台やコンサートに贈られた花の写真がアップされているのを見たことがある人も多いでしょう。
会場を訪れた人たちも、舞台に贈られた花を見て楽しみます。
また、それ以上に舞台に贈られた花は出演者にとっても励みになります。
舞台のお祝いと成功を願って贈られた花を見て、公演を最後まで頑張ろうと思ってくれるはずです。
そのため、出演者の励みになるような華やかなアレンジメントフラワーを贈りたいものです。
おすすめは、舞台にちなんだ色やデザインのアレンジメントです。
例えば、舞台のキービジュアルやポスターの色合いを参考に花の色を選ぶのも良いでしょう。
また、出演者の好きな色やイメージカラーなどでお花を選ぶのも素敵です。
バルーンなどの装飾用アイテムを使って飾り付けをするのも華やかです。
なお、公演は1日だけでなく、1週間から長いものなら1ヶ月など、連続した日数行うのが一般的です。
できる限り長く公演に華を添えられるよう、日持ちのしやすい花を使うのもおすすめです。

 

舞台に贈るアレンジメントフラワー購入におすすめの通販サイト3選

花キューピットはアレンジメントフラワーのラインナップが非常に豊富です。
バラやユリ、ガーベラなど、華やかで高級感のある花を使った、さまざまなデザインのアレンジメントが用意されています。
赤系・ピンク系・オレンジ系など同系色の花で作った商品もあるので、出演者の好きな色のお花を贈りたい場合にもぴったりです。
もちろん、予算に合わせておまかせで作ってもらうこともできます。
値段以上にボリューム感があるため、贈る側も贈られる側も満足できるでしょう。
プレミアガーデンは花と緑をうまく組み合わせた、豪華で上品なアレンジメントフラワーを注文することができます。
花の数や種類が多く、ボリューム感もたっぷりあるので、ロビーに設置されたらパッと目を引くに違いありません。
複数の色合いの花をミックスしたデザインや同系色のデザインなど、さまざまなアレンジがあります。
ゴージャスなお花を贈りたい方におすすめです。
イーハナドットコムのアレンジメントフラワーは、明るく可憐なデザインが特徴的です。
華やかさの中にナチュラルな可愛らしさもあり、あたたかみが感じられます。
リーズナブルな商品から20,000円以上の豪華な商品まで値段の幅が広く、個人・法人どちらから贈る場合にもマッチするでしょう。

 

まとめ

舞台に贈るアレンジメントフラワーは、公演を華やかに彩るだけでなく、出演者を励ますアイテムにもなります。
確認事項やマナーに気を付けたうえで届ければ、きっと喜んでもらえるはずです。
舞台の成功を祈りながらお花やデザインを考え、心の込もった素敵なアレンジメントフラワーを贈りましょう。

開業祝いにアレンジメントフラワーを送るとき知っておきたいこと

開業祝いにアレンジメントフラワーを送りたいと思ってもどのくらいが相場で、買うにしてもどのようなものがいいのかなと悩んでしまいますよね。そこで、アレンジメントフラワーを送るときに気を付けたいこと、どんなものがいいのかということや、アレンジメントフラワーを送るときに恥をかかないためのポイントについてお話ししていきたいなと思います。

開店祝いに贈るアレンジメントフラワーの相場はどのくらいなのか?

開業祝いにアレンジメントフラワーを送りたいなと思ったときにどれくらいの金額で購入するといいのか悩みますよね。相手によってはあまりにも高額なものだと困らせてしまうことにもなるし、安すぎて小さすぎるものだと貧相に見えてしまいます。そのため、相手によっておよその金額で変化させればいいのかなと思います。まずは取引先など仕事柄のお付き合いの相手に対しては15,000円~5万円程度のものが妥当だと思います。会社の大きさなどにも合わせて大きさを決めるのもいいかもしれません。会社のお部屋が広いと大きいものでもいいかもしれませんが、部屋が少し狭いところであれば大きさも配慮していく必要があります。また親族が開業した場合の両親や兄弟が開業した場合には3~5万円程度、親族でも両親、兄弟以外の人であれば2~3万円程度が相場です。また、友人や知人に送る場合には5,000円~1万円くらいが相場で相手が困らない程度の金額になるのかなと思います。
開店祝いにアレンジメントフラワーを贈る時に気を付けたいこと
先ほどお話ししたように開業祝いを送る相手によって金額を変えて送るのがいいと言いました。そのことも踏まえながらアレンジメントフラワーを送るときに気を付けたいことは送る先によっては匂いがきついものや花粉が出やすいものを避ける必要があります。なぜならば、例えば飲食店、病院、介護施設などは匂いや花粉があることで室内の状態が悪くなりやすくなります。そのため、このような場所に送る場合には匂いがきつくないもの、あっても気にならないようなお花を選ぶことを心がける必要があります。アレンジメントフラワーは華やかで見映えもとてもいいものではありますが、そこの配慮は必要になってきます。また、細かい花びらが散りそうなお花は避けた方がいいです。散っていくとその掃除がとても大変になるし、相手の負担が増えてしまいます。出来るだけ相手の負担にならないようなお花を選ぶことが大切です。

 

開店祝いに贈るアレンジメントフラワー購入におすすめの通販サイト3選

開業祝いにアレンジメントフラワーを購入したいなと思ってもたくさんお店などがあり、どこがいいのか分かりませんよね。そこで、おすすの通販サイト三つをご紹介していきたいと思います。

 

花キューピット

花キューピットはその日にお届けをしてくれる、困ったときにでも当日配達をしてくれるのでとても便利な通販サイトです。全国に約4,100店舗と連携して行っているので当日配達が可能になりました。また、海外にも配達が出来るので日本だけではなく広範囲でお花を送ることが出来ます。また、お花のことが分からない人のためにプロにお任せのコースなどもあるので安心して使うことが出来ます。料金は幅広く設定されていて、3,000円代から10,000円代まであります。開業祝いのものももちろんありますが、季節のイベントに向けた花もたくさん揃えられています。

 

プレミアガーデン

見た目が高品質。高級感を漂わせています。送り先の相手に喜ばれること間違いなしの質にこだわったお店です。新規登録をすると500ポイントがもらえてさらに、購入する度に3パーセントのポイントが入ってくるようになります。何度もお花を送ることがある方にはお得です。また、アレンジメントフラワーの値段は5,000円代から50,000円代くらいまでとにかく幅広く設定されています。胡蝶蘭は9,200円から50,000円代、スタンド花は10,500円から40,000円弱、アレンジメントフラワーは10,000円から30,000円弱、花束は5,000円から20,000円弱などのものがあり、幅広く販売されています。

 

イイハナドットコム

イイハナドットコムはベルメゾンの大手通信販売会社「千趣会」が出資している子会社です。冠婚葬祭やお祝いさらに法人向けなど幅広くお花の販売をしています。贈り物用以外にも、家で作れる野菜・ハーブや、肥料などの園芸資材まで取り扱っていて贈り物以外でも使いやすさがあります。アレンジメントフラワーの料金は4,000円代から10,000円くらいのものが多くありますが、割りと4,000円から5,000円のものが多いのでリーズナブルで購入することが出来ます。

 

まとめ

アレンジメントフラワーを送るときには、開業された相手の関係性によって金額を決めてあまり相手に困らせないようなものにすることが大切です。また、送り先がどのようなところなのかをしっかりと確認して送る必要があります。なぜならお店によってお花の匂いがきついものだとお店によくないものだったり、また花びらが散りそうなものだと掃除が大変になったりするので配慮が必要です。また、通販サイトでは当日配送をしてくれたり、幅広く数多く販売していたりするので選ぶときには困らないと思います。

敬老の日の人気な贈り物アレンジメントフラワーの相場など解説!

9月の第三月曜日は“敬老の日”という特別な日です。
敬老の日に、おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントする贈り物として常に人気ランキング上位に入っている贈り物があります。
その贈り物とは、“アレンジメントフラワー”。
この記事では、アレンジメントフラワーを敬老の日にプレゼントする際に、どれくらいの相場がベストなのかや贈り物にする際のポイント、注意点などを解説します。

敬老の日に贈るアレンジメントフラワーの相場は?

敬老の日のプレゼントとして、アレンジメントフラワーを贈ることに決めたときに、まず最初に気になるのが予算です。
ずばり、敬老の日には“3,000円~4,000円”のアレンジメントフラワーを送りましょう。

「せっかくの敬老の日のプレゼントなのに、3,000円~4,000円は安すぎない?」と思う人もいるでしょう。
しかし、敬老の日のプレゼントとしては3,000円~4,000円がアレンジメントフラワーの適正な相場となっています。

この相場が適正な理由は主に以下の2つあります。

・おじいちゃん、おばあちゃんに気を使わせない金額
・サイズが一般家庭にはベスト

適正な相場の理由の一つが、おばあちゃんやおばあちゃんに気を使わせない金額であるということ。
実は、敬老の日に貰うプレゼント金額はどれくらいがベストなのか、日本生命など様々な企業がおばあちゃんやおばあちゃんにアンケートをとっています。
その結果、3,000円程度が気を使わないベストな価格帯だと明らかになったのです。
ちなみに、この相場は“一世帯あたり”の金額です。
おばあちゃんとおばあちゃんの二人いるから6,000円~8,000円が相場になると誤解しないようにしてください。

もう一つの理由は、サイズが一般家庭にはベストということ。
例えば、2,000円程度のアレンジメントフラワーだとサイズが小さくてボリューム感がなく、敬老の日の贈り物としてはショボい贈り物となります。
逆に、5,000円以上のアレンジメントフラワーは豪華になりすぎて、一般家庭に飾るには大袈裟なサイズとなって“ありがた迷惑”な贈り物となります。
3,000円~4,000円の価格帯のアレンジメントフラワーが一般家庭にはぴったりなサイズなんです。

 

敬老の日にアレンジメントフラワーを贈る際のポイントや注意点

アレンジメントフラワーを敬老の日に贈る際のポイントや注意点が以下のようにあります。
☆ポイント
・バラ、ユリ、胡蝶蘭のどれかは絶対にチョイスする
・メッセージカードを添える

ポイントの一つ目は、バラ,ユリのどれかは絶対にチョイスするというもの。
これらは良い花言葉を持っていることに加え、見た目が豪華になるので敬老の日の贈り物にぴったりだからです。
バラは「尊敬、愛」、ユリは「威厳」といった花言葉があります。

もう一つのポイントは、メッセージカードを添えること。
実は、アレンジメントフラワー自体よりもメッセージカードの方が嬉しかったとするおじいちゃんやおばあちゃんは少なくないんです。
手書きではなく、印刷でもよいのでメッセージカードを添えるようにしましょう。

☆注意点

・白や黄色の菊はNG

敬老の日にアレンジメントフラワーをプレゼントする際に、絶対にしてはいけないのは“白や黄色の菊”のチョイス。
白や黄色の菊は花言葉を含めて贈り物として基本的には問題ない花です。
それなのに、敬老の日のプレゼントとしてNGなのは“葬式”を連想させてしまうから。
口コミによると、白や黄色の菊のアレンジメントフラワーを敬老の日に贈ったらお叱りの電話を貰うことになった人もいるほどです。
もし、菊を贈りたい場合はカラフルで小さい葬式を連想させない菊をチョイスしましょう。

 

敬老の日に贈るアレンジメントフラワー購入におすすめの通販サイト3選

 

花キューピット

花キューピットは全国対応の通販サイトなので、全国でこにでも敬老の日のアレンジメントフラワーをプレゼントできます。
バラやユリなどを使った構築済みの3,000円~4,000円のアレンジメントフラワーが豊富にあり(5,000円以上も豊富)、贈り物選びに失敗することがありません。
「おまかせギフト」というサービスもあり、予算に応じたオリジナルアレンジメントフラワーを作ってもらうこともできます。

 

プレミアガーデン

プレミアガーデンも全国対応の通販サイトです。
一流企業や芸能界でも利用されていて10万人以上の会員数を誇る大手なので信頼度が抜群です。
バラなどを使った敬老の日の贈り物として最適な数十種類の構築済みアレンジメントフラワーを3,000円代から用意しているので、選び放題です。
また、カードを無料で添えることができるサービスもあります。

 

イイハナドットコム

イイハナドットコムも全国対応の通販サイトです。
5,000円以上のアレンジメントフラワーも多いですが、3,000円~4,000円の敬老の日の贈り物にぴったりなサイズのアレンジメントフラワーも沢山あります。
他の通販サイトと毛色が違い、「デザイナーデザインのアレンジメント」「箱を開けたらバルーンが飛び出すアレンジメントフラワー」「黄色いバラを抱いたクマさんがいるアレンジメントフラワー」などイイハナドットコムならではのアレンジメントフラワーが沢山あります。

 

まとめ

敬老の日には、サイズが大きすぎない3,000円~4,000円程度の適度なサイズのアレンジメントフラワーがベストです。
白や黄色の菊さえ選ばなければ花はなんでも構いませんが、メッセージカードを添えると特に喜ばれます。

ウェディングでアレジメントフラワーを贈るときの相場とポイント

ウェディングのお祝いで、アレジメントフラワーを贈る方は多く、とても喜ばれるようです。
しかし、アレジメントフラワーを贈るときには、相手によって金額の相場は変わってきます。
さらには、ウェディングでアレジメントフラワーを贈る際には、注意しなければならないことや、贈る際のポイントもけっこうあるで、それら考慮して贈ったほうが良さそうです。

ウェディングに贈るアレンジメントフラワーの相場は?

ウェディングのお祝いには、新しい家庭を築く門出のお祝いする意味が込められています。
中でも、アレジメントフラワーは二人を祝福する意味でも、喜ばれるプレゼントのようです。
値段や予算はどのくらいがちょうど良いのかというと、ウェディングに贈る場合では、3000円から10000円が相場となっているようです。
さらに、贈る相手によってもアレジメントフラワーの相場が変わってくるようです。
友達や職場の同僚の場合では、3000円から5000円で親戚やいとこなどの場合では3000円から8000円で、会社関係の場合では5000円から10000円が相場のようです。
また、何人かで連名でアレジメントフラワーを贈る場合では、10000円を超えることもあります。
アレジメントフラワーは、ウェディングの場合だと他の品物と一緒に贈ることが多いので、プレゼントとして贈る場合には、10000万円以内に抑えるのが一般的となっているようです。
ウェディングにアレンジメントフラワーを贈る際のポイントや注意点
ウェディングでアレジメントフラワーを贈るときには、ポイントがあり、贈る花もだいたい決まってきているようです。
使われる花としては、胡蝶蘭やすずらん、バラ、カーネーション、ガーベラ、チューリップ、かすみ草、デンファレなどを使うと良さそうです。
また、ウェディングでアレジメントフラワーを贈る際には、気をつけなければならないのは花の色です。
赤いバラは恋人に贈るものとされているので、ウェディングに贈るときには注意が必要となります。
また、黄色いバラを使ってしまうと、意味に嫉妬という花言葉があるので、使うのはふさわしいものではないです。
このように贈るときには、誤解を招いてしまう可能性のある花の色があるので、注意が必要です。
また、花言葉を意識して贈るのもポイントの一つです。
すずらんがあるのですが花言葉は、「永遠の幸せを願って」ですので、友人の門出を祝福したいという気持ちを表すときにはポイントとなります。
また、西洋では花嫁が結婚するときに、身につけいると幸せになれるというサムシング4というのがあります。
その中のサムシングブルーに相当する花として、花言葉が信じ合う心や、幸福な愛という意味のブルースターがあるので、贈るときのポイントとなります。
カーネーションは、紫や黄色いはネガティブな花言葉を持っているので選ぶときには注意が必要です。
また、贈るときには届ける場所とタイミングにも注意が必要です。
それは当日に新婚旅行に出てしまう場合には、式場に当日贈るのは、荷物となってしまうので注意が必要です。
またあとで贈る場合には、式の直後は忙しいので、落ち着いた頃の二週間後くらいを見計らって贈るのがポイントです。
式の前なら、10日ほど前が良さそうです。
会場がホテルとなると当日に複数の披露宴が開催されるので、披露宴会場の部屋の名前、両家の名前、挙式や披露宴の開始時間を予め確認しておくことが重要です。
また贈る際には、どちらかと面識がなかったとしても宛名には新郎新婦の二人の名前を宛にするのがポイントです。

ウェディングに贈るアレンジメントフラワー購入におすすめの通販サイト3選

花キューピットなら贈り慣れている方から初めて贈る方まで気軽に花を選べるのが特徴で、ウェディングのときにも良さそうです。
予算も3000円ほどから選べ比較的価格が安く、予算やシーンに合ったアレジメントフラワーを選び贈ることができるのが特徴です。
また、何を贈ったら良いか分からない場合には花のギフトがランキングになっていて、選びやすい特徴もあります。
プレミアムガーデンは、アレジメントフラワーが3500円くらいから選ぶことができるようです。
またウェディングのアレジメントフラワーを選ぶときには、ギフトシーン別に分かれているのが特徴で分かりやすいです。
ウェディングのアレジメントフラワーには、胡蝶蘭を使った豪華なものが多いのも特徴で、10000円くらいからのようです。
イイハナドットコムのウェディングで贈るアレジメントフラワーの価格は、4000円ほどから2000円くらいです。
特徴としては、ミッキーとミニーのバルーンが使われたアレジメントフラワーがあります。
また、ウォルトディズニージャパンと契約しているので、制作ができるようです。
用途、スタイル、価格から選べ選びやすいのも特徴です。

 

まとめ

ウェディングでアレジメントフラワーを贈るときには、贈る相手の関係性も重要になってくると言えます。
その関係性から贈る金額の相場も決まってくると言えます。
また、アレジメントフラワーを贈るときには、ウェディングにふさわしい花を使うのも重要だと言えます。
特に花言葉や、花の色に関しては注意が必要だということが分かりました。

お悔やみ用アレンジメントフラワーの値段相場やマナーを徹底解説

お悔やみでアレンジメントフラワーを贈る際、相場の値段はいくらなのか悩む方も少なくないでしょう。
また、お悔やみというシーンならではのマナーや注意点なども複数存在します。
そこで今回は、お悔やみで贈るアレンジメントフラワーの値段相場や、贈る際のポイント・注意点、おすすめのフラワーショップなどをご紹介します。

お悔やみの場に贈るアレンジメントフラワーの相場は?

お悔やみの場に贈るアレンジメントフラワーは、5,000~15,000円ほどが相場です。
具体的な値段を考えるときには、どのようなタイミングに贈るのかで判断するのも1つの方法です。
例えば故人が亡くなった直後に、枕花として贈るのであれば、故人の枕元に置いても邪魔にならないサイズ感も考え、5,000円ほどのアレンジメントを選ぶと良いでしょう。
通夜や葬儀に贈る場合は、祭壇を飾るため、少しボリューム感のある10,000~15,000円ほどのアレンジメントがおすすめです。

 

アレンジメントフラワーをお悔やみの場に贈る際のポイントや注意点

お悔やみでアレンジメントフラワーを贈る際は、さまざまな注意点を意識する必要があります。
まずは贈る前に、アレンジメントフラワーを贈ってもよいか確認しましょう。
葬儀に関するお花は、地域や斎場によってルールが決まっている可能性があります。
例えば斎場によって提携の花屋があり、他店の花の持ち込みが制限されている場合があります。
また、別途持ち込み料がかかる場合もあります。
葬儀の際はお花が多いため、親族がお花の取りまとめをしているケースもあるでしょう。
なお、地域によってお花のサイズが決まっていることもあります。
遺族に負担をかけず、スムーズにお花を届けられるよう、
あらかじめ詳細を確認しておくことをおすすめします。
アレンジメントフラワーを贈るタイミングについても配慮したいものです。
葬儀は短期間にさまざまなことを行うため、できる限り早い段階で故人にお花をお供えしたいと考える方もいるでしょう。
しかし、贈るのが早過ぎるのもいけません。
もし家族から危篤の旨連絡があったとしても、お花の手配を先に進めるのは厳禁です。
お花の用意は訃報を受けてから、通夜が始まる前までに行うようにします。
もし通夜の前までお花が間に合わないようならば、葬儀後自宅に贈るのが良いでしょう。
アレンジメントフラワーの色も注意が必要なポイントです。
基本的にお悔やみの花で使用してはいけない花や色はありません。
しかし、葬儀は非常に厳かな場であるため、華美な色は避け、白をメインカラーにした落ち着いたデザインのアレンジメントを贈るのが好ましいでしょう。
薄いブルーやグリーンなど、淡い色合いの花をアクセントで入れることは問題ありません。
なお、宗教によってよく使われる花や慣習などが異なるため、花を選ぶ際に意識することも大切です。
例えば、仏式や神式では、菊・蘭・ユリがよく使用されます。
しかし、キリスト教式ではユリやカーネーションなどの洋花がメインになります。
キリスト教式の場合は葬儀は教会で行うため、お花は会場ではなく自宅に送るのがマナーです。
また、お悔やみ用の花には、贈り主を明記した名札を付けます。
個人でお花を贈る場合は個人名のみで大丈夫ですが、会社で贈る場合などは、会社の正式名称を記載するよう気を付けましょう。
なお、キリスト教式の葬儀の場合は名札は付けません。

 

お悔やみ用のアレンジメントフラワー購入におすすめの通販サイト3選

花キューピットは用途別に商品が分類されており、シーンによって適したお花を選びやすいことが特徴です。
お悔やみ用のアレンジメントフラワーは、白や淡い色合いのお花を基調とした、上品で落ち着いたデザインです。
値段も3,000円台から10,000円台まで幅広くあります。
なお、当日配達してくれる有料サービスもあるため、急いで届けたい時にも便利でしょう。
プレミアガーデンは白や淡いカラーのさまざまな花を使ったデザインが特徴です。
上品さと美しさを兼ね備えた、故人を見送る場にふさわしいアレンジメントが豊富です。
値段は7,000円~15,000円ほどで、相場にもぴったりマッチします。
ユリなど洋花をメインにした商品も多く、宗教の形式にかかわらず贈ることができそうです。
イイハナドットコムのお悔やみ花は、シンプルでナチュラルなデザインと、設置しやすいサイズ感が特徴です。
パステルピンクやラベンダー色などやさしい色合いを使ったかわいらしいアレンジも多いため、女性の故人に贈るのもよいでしょう。
値段も4,000~13,000円ほどと幅広いので、予算に合わせて柔軟に選ぶことができます。

 

まとめ

お悔やみのアレンジメントフラワーは、故人を偲ぶ気持ちや、遺族を慰める気持ちを込めて贈るものです。
さまざまな注意点などがありますが、厳かな葬儀にふさわしい花を贈れるよう、しっかりマナーに気を付けたいものです。
ぜひこの記事を参考にしながらお悔やみのアレンジメントフラワーを用意し、心を込めて故人を見送りましょう。

お見舞いに相応しいアレンジメントフラワー

親しい身内や友人が入院していたり、自宅で療養している場合にお花をお見舞いとしてプレゼントしたいと思うことも多いのではないでしょうか。花は殺風景な病室を明るくしてくれますし、癒しの効果もあります。綺麗な花を眺めているだけで、心がリラックスして穏やかな気持ちになるという人もいます。ただし、アレンジメントフラワーをお見舞いの品にする際には、気を付けたいポイントがいくつかあります。

お見舞いに贈るアレンジメントフラワーの相場は?

お見舞いの相場は相手との関係性によっても異なりますが、アレンジメントフラワーをお見舞いとして贈る場合には3,000円から5,000円程度一般的です。使用している花の種類によっても料金は違いますが、金額が大きくなる程サイズも大きくゴージャスになります。病室など限られたスペースでは邪魔になることもあるので、あまり金額の高い大きなものは好まれません。フラワーギフトの通販サイトなどでも、3,000円から5,000円程度のアレンジメントフラワーは数多く揃っています。小物などと組み合わせると、それより高めになることもあります。

 

お見舞いに贈るアレンジメントフラワーの選び方

お見舞いにアレンジメントフラワーを贈る場合には、相手の好みに合わせたものを選ぶようにしましょう。好みの花の種類が分かっている場合や好きな色などが分かっている場合には、好みに合わせた花材を使ったアレンジメントフラワーを選ぶのがおすすめです。可愛らしい雰囲気が好きという人もいますし、ナチュラルな雰囲気が好きという人もいます。相手の好みがよく分からないという時は、その人の年代や人柄、いつも身に付けている洋服などを参考にしてもいいかもしれません。それから出来るだけ明るくリラックスした気分になるアレンジメントフラワーを選ぶようにしましょう。病気や怪我をしていると、気分が落ち込むことも多くあります。体調がすぐれない時には、どうしても気分が塞ぎがちです。そういった時には、明るい色合いを選ぶと元気が出ます。黄色やオレンジはビタミンカラーと呼ばれており、元気が湧いてくる色です。爽やかなグリーンはとてもナチュラルで、心が穏やかになります。ピンクは可愛らしくキュートな色で、華やかな気分にしてくれるので女性に人気があります。アレンジメントフラワーの色を選ぶ際には、あまり濃い色は控える方がいいかもしれません。濃い色だと目が疲れてしまうので、優しい色合いの方がお見舞いの場合には好まれます。また、病室などはスペースが狭いことが多いので、できるだけコンパクトな物を選ぶ必要があります。背が低く、場所をとらないものを選ぶようにしましょう。

 

アレンジメントフラワーを贈る際に気を付けたいこと

お見舞いの際には、花びらが落ちやすい花は避けた方が無難です。病気で入院していたり、体調が悪いと花びらを片付けるのが難しいことが多くあります。せっかくのプレゼントが相手に負担をかけることになってしまうので、花びらが落ちにくい掃除が簡単なものを選ぶのがおすすめです。それから香りが強い花もお見舞いには相応しくありません。病院に入院している場合などは大部屋のことが多いので、他の人が不快に感じてしまう事もあります。

 

お見舞いに贈るアレンジメントフラワー購入におすすめの通販サイト3選

花キューピット

花キューピットは、アレンジメントの種類が豊富なフラワーギフトのショップです。様々な種類のアレンジメントフラワーがあるので、用途やスタイルから予算や好みに合った物を探すことができます。お見舞いに相応しいフラワーギフトも充実しています。「プロにお任せサービス」もあり、経験豊富な花屋さんにイメージにあるアレンジメントフラワーを簡単にオーダーすることもできます。3,000円から4000円程度のアレンジメントフラワーが多くあります。

 

プレミアガーデン

プレミアガーデンは高品質なアレンジメントフラワーを提供してるお店です。洗練された上質な雰囲気のアレンジメントが多く揃っており、高級感も感じられます。色や雰囲気をデザイナーに任せることもできます。その日1番の花材を使用して、用途やイメージにあるアレンジメントフラワーを作ってくれます。生花はその日の入荷状況によって品質が大きく変わるので、デザイナーに任せることで最も最適な状態のアレンジメントフラワーを贈ることができます。3,000円から5,000円程度のアレンジメントフラワーが多く、10,000円以上のものもあります。

 

イイハナドットコム

イイハナドットコムは、シーンに合わせたフラワーギフトを多数用意しているフラワーショップです。お見舞いに最適なアレンジメントフラワーも多く、使用する小物や雑貨もバリエーションに富んでいます。スイーツと組み合わせたアレンジメントフラワーのギフトもありますし、和の雰囲気のものもあります。3,000円から6,000円程度のものが多くあります。

 

まとめ

アレンジメントフラワーは、お見舞いに贈るのに最適なプレゼントです。花を見ていると心が穏やかになりますし、明るい気持ちになります。アレンジメントフラワーを贈る際の相場は3,000円から5,000円程度です。アレンジメントフラワーでおすすめの通販サイトには、花キューピット・プレミアガーデン・イイハナドットコムがあります。アレンジメントフラワーの種類が豊富に揃っています。

記憶に残る体験を贈る、誕生日のアレンジメントフラワー

誕生日のお祝いで手にするアレンジメントフラワーは、感慨深いものです。
アレンジメントフラワーは、花束より贈る相手に対するイメージやメッセージが込められやすく、贈られる人はもちろん、贈る人にとっても深く記憶に残る体験です。
それだけに、贈るまでの過程に楽しさがあります。
誕生日に贈るアレンジメントフラワーの相場、ポイントや注意点、おすすめの通販サイトをまとめました。

 

誕生日に贈るアレンジメントフラワーの相場はいくらぐらい?

誕生日に贈るアレンジメントフラワーは、セミフォーマルなお祝いやビジネスシーンのアレンジメントフラワーに比べると、日常的でカジュアルであり価格的にも比較的こなれた金額の物が多いです。
しかし、贈るお相手との関係性や親密度、贈り手の気持ちによって一概にいくらとは言えませんが、おおよその判断として、目安となる相場は以下の金額になります。

男性から恋人や妻に贈る金額:10,000~15,000円(プレゼントがアレンジメントフラワーの場合)
男性から女性の友人:3,000円前後
女性から男性の友人:2,000円~3,000円(プレゼントに添える花としての金額)
同性の友人:3,000円~5,000円
職場の同僚:3,000円~5,000円
両親:8,000~1,0000円
祖父母5,000円

 

誕生日にアレンジメントフラワーを贈る際のポイントや注意点

おおよその予算が決まり、いざアレンジメントフラワーを贈ろうとすると迷うのが花の種類や色です。
あらかじめ、アレンジの元となるテーマやイメージをはっきりさせておくと納得した物が決まりやすいです。

 

花言葉で選ぶ

アレンジメントフラワーに、花言葉によるメッセージ性を持たせることができます。
生花店にオーダーする際には、誕生日のお祝い用です、と伝えるだけで十分ですが、あらかじめ花言葉を調べて置き、○○などの意味を込めたい、花言葉の○○を伝えたいのでお花は△△が使えるでしょうか、と一言添えると良いです。

 

色のイメージを決める

アレンジメントフラワーは、色や印象(可愛い、優しい、スタイリッシュで大人等)のトータルイメージをお店に伝えておくと、お店の方も作りやすく良いアレンジが仕上がりやすくなります。
贈る相手の好きな花と色をメインすると、たいていの場合間違いがありません。

 

テーマを決める

テーマを決める場合は、アレンジメントフラワーのカレンダーや花風水のカレンダーが参考になります。
毎月季節ごとのアレンジメントフラワーの写真がテーマごとに工夫が凝らされており、同じものがありません。
例えば夏の海であれば、ブリー系の花だけでなく、ラッピングの色や形、小物使いにヒントもあります。

 

花器で決める

アレンジメントフラワーは、オアシスに花を生けるもののため、花器により雰囲気も変わります。

・「スタイリッシュなボックス花器」は、置くだけでモダンな雰囲気のあるインテリア的なアレンジメントフラワーです。

・「万人受けするバスケット」は、どのような花でも合い、ナチュラルな風合いはインテリアグッズとして置き場も選びません。
手持ちでも軽く済ませられるのが特徴です。
花が終わった後も、別の花や小物入れ等として再利用が可能です。

 

誕生日に贈るアレンジメントフラワー購入におすすめの通販サイト3選

花キューピット

「花キューピット」は、国内最大級のオンラインフラワーギフトショップです。
全国標準のアレンジメントフラワーのスタイルと金額を知ることができるため、オンラインショッピングの利用にかぎらず、まずこのサイトをチェックしてみることがおすすめです。
「おまかせギフト」なら、予算と用途など希望を伝えたうえで、お任せで作ってもらえます。
“誕生日の花をさがす”から、一覧、花の種類別、月の誕生花、食品とのセット品など、どんどん検索して行けます。
3,000円台~10,000円くらいまでと種類も豊富で癖がなく、初心者でも注文に間違いの少ない商品見本が揃っています。

 

プレミアガーデン

「プレミアガーデン」は、胡蝶蘭を使用したゴージャスで華やかなフラワーギフトで有名なお店です。
TVのスタジオを飾っているお花は、このお店から出荷されているものが多く、個性的で華やか、ダイナミックな印象です。
誕生日のアレンジメントフラワーをお渡しするシーンがパーティー会場の場合や、センスが良く華やかな人、フラワーギフトに慣れている人などに、新鮮な感動を与えることができます。
金額は、通常より30~40%安めで業界最安値とも言われています。
花の注文に慣れた人向きです。

 

イイハナドットコム

「イイハナドットコム」は、老舗通販会社千趣会が運営しているショップです。
個人利用者向きで、家庭的な日常感のある商品が多く、普段の生活の中に溶け込むインテリア雑貨的なアレンジメントフラワーが購入できるショップです。
暖かな風合いと優しい感じで、お菓子やぬいぐるみとのセット品などに独特の感性があります。
人気商品は、誕生石&星座フラワーなど5,000円前後の金額の物です。

 

まとめ

アレンジメントフラワーそのものが感動の塊のような物のため、良い品を贈られた人の体験は深く記憶に刻み付けられ残ることになります。
また、贈られる側だけでなく、贈る側にも、イメージや気持ちを込められる花を捜し、取り合わせて意味付けしてお渡しするという、過程の楽しみがあります。
今回ご紹介した販売店は、覗くだけでもわくわくするような楽しさが感じられます。

アレンジメントフラワーギフトや相場、選ぶ注意点

皆さんはアレンジメントフラワーギフトを誰かに送ろうと思ったことはありますか。
送ろうと思ったけど、
相場はどのくらいなのか、
どんなものを送ったら失礼にあたらないのかなど悩むことも多いのではないでしょうか。
この記事ではシーン別のアレンジメントフラワーギフトがどのくらいの相場なのか。
シーン別に解説していきます。

またお送りする際のポイントや
おすすめとしている通販サイトについても触れていければと思います。

アレンジメントフラワーギフトの相場はシーンや相手によって違う

アレンジメントフラワーギフトといっても様々ありますよね。
価格も3,000円~32,000円ほどとなっており、かなり開きがあります。
目的によってかなり値段に開きがあるものとなります。

まずは用途によって違います。用途としては開店祝い・結婚祝い・誕生祝い・お悔やみのの場とあります。

お誕生日にアレンジメントフラワーを送ることがあると思いますが、
大体4000円以上はかかります。
そして、メモリアルナンバーの入った花や、特殊な染料でつけてあるなどの工夫がみられるものは
1万円以上するものもあり、なかには3万円以上するものもありました。
しかしながらロールケーキとセットで4000円くらいのものもあり
見た感じも特に安いなあと言った印象は受けず、簡単な誕生日祝いではこれで十分といえます。

 

次に結婚祝いですが
最低価格は4000円くらいで意外とお誕生日の祝いと変わらないです。
しかしながら平均価格で7000円くらいのものがおおく
7000円から10000円が相場になります。
やはり一生に一度のことが多い結婚式の際に送るものになるので
皆さんある程度の価格のものを送りたいと考えるのでしょうか。
7000円くらいのもので見てみたところ
彩がありたくさんの花が入っているものがありました。このようなものを選ぶことで
結婚式の際にも十分に喜んでもらえるでしょう。

お悔やみの場ではどのようなものになるでしょうか。
相場はほかの用途とあまり変わらず4000円くらいから6000円くらいです。
値段よりも特徴的なのは当然シンプルで白を基調とした商品を選ぶことが重要になります。
故人を偲ぶ、色合い豊かなアレンジメントのものでもやはり白を基調にしています。
大輪胡蝶蘭にリボンをつけて渡すのもよいですが、その際は2万円から4万円ほどの出費を見ておいたほうがよいです。

最後に開店祝いといったシーンではどうでしょうか。
やはりビジネスでお送りする場合はそれなりに相場も高くなります。
アレンジメントフラワーの場合はお祝いのスタンド花が一般的かと思いますし、
皆さんもこれをイメージすると思います。
こちらの相場は150,00円から20,000円となっており、
エレガントなピンク・レッド系のお花を中心にしたアレンジをし、
高さのある2段でより、ゴージャスな印象を与えたものです。

 

アレンジメントフラワーギフトを贈る際のポイントや注意点

 

お誕生日ではやはりなどなら小さめの花束をイメージする場合が多いと思います。
もしアレンジメントフラワーをプレゼントする場合は少し小さめの
アレンジメントフラワーをチョイスするとよいでしょう。
結婚祝いといえばなどなら小さめの花束をイメージする方が多いと思います。
もしアレンジメントフラワーをプレゼントするなら
品種やカラーが豊富なもの贈る相手のイメージや花言葉まで考えて選べるともっといいでしょう。
開店祝いの際には起業か個人かでだいぶ相場や送る花も変わります。
企業の開店祝いでイメージするのは華やかな胡蝶蘭やスタンド花だと思います。
特に胡蝶蘭は「幸せが飛んでくる」という花言葉を持つ縁起のよい花として人気が高いです。
しかしながらそんなものを置く場所がなかったり処分に困ったりすることもありますよね。
アレンジメントフラワーを送るシーンとしてはこのような場合が一番よく、
デスクなどに飾れるサイズのアレンジメントフラワーを贈ることを考えてみるといいでしょう。

 

お悔やみの際はもちろんマナーが大事です。
故人を偲ぶ目的で花を贈る際には、
花の品種や色だけでなく贈るタイミングなどにも注意しなければなりません。
アレンジメントフラワーを送るのに一番適した場合は
葬儀までに供える枕花や葬儀後の法要などに贈る供花になります。
またなくなった方に香典を送るときのように送る相手によって購入額を考えたほうがよいでしょう。
遠い親戚であれば3,000円~5,000円
知人や友人    5,000円~8,000円
仕事の取引先   5,000円~10,000円
といった具合の相場で
おくるアレンジメントフラワーを決めていくことが必要になります。

 

アレンジメントフラワーギフトにおすすめの通販サイト

花キューピット

ランキングがシーン別で簡単に見れるため、選びやすいです。
相場は自分の予算を入力していくとそれに応じて選んでいけるので便利です。
【昼12時まで】のご注文で当日配達という特徴があり急いでいるシーンで便利です。

 

プレミアガーデン

こちらは相場は全体的に高いですが、
品質がいいです。大事な行事などの時に一回のぞいてみてはいかがでしょうか。

イイハナドットコム

アレンジメントフラワーで検索すると
たくさんの花が一気に見ることができます。
ほかの2サイトで相場などを把握しておいて
こちらでよいものを探してみるといいでしょう。

空間を彩り心を豊かにしてくれる壁掛けのアレンジメントフラワー

色鮮やか花は気分を明るくさせてくれたり、花と一緒に葉の自然な緑色も身近にあると、心を落ち着かせる癒しの効果も期待できます。
リラックスできる場所にしたい、という人は自宅のリビングや自分の部屋などに花を飾ると、きっと癒しの空間になります。けれど普段は仕事や家事に忙しい、花のお世話もできないから、なかなか気軽に飾ることができない…という人におススメしたいのが壁掛けのフラワーアレンジメントです。
難しいお世話は必要ないけれど、癒しを与えてくれて、部屋のインテリアとしても活躍してくれます。

壁掛けのフラワーアレンジメントとは?

花を配置して飾るフラワーアレンジメントに、壁掛けがプラスされたものが、壁掛けのフラワーアレンジメントです。
時計の様に掛けて飾れるので、花瓶に挿す花と比べて場所を選びません。壁があれば狭いスペースでも花を彩ることができます。子供のいる家庭でも花瓶を倒す、というハプニングも無くおすすめです。空間に1つ、壁のフラワーアレンジメントがあるだけで部屋の雰囲気を、がらりと変えてくれます。

 

壁掛けのフラワーアレンジメント・スワッグの料金相場

壁掛けのフラワーアレンジメントの中にはフラワーボックスをそのまま壁に掛けたようなデザインや、小さなアルミ缶などに花を入れて壁に掛けるDIYなど様々な種類があります。その中でも最近、女性を中心に「お洒落で可愛い」と、じわじわと人気を集めているのがスワッグです。
スワッグとは季節の花や実、枝などを束ねたものです。枝などに身を包んだフラワーアレンジメントを逆さにし、壁掛けをして花を楽しめるのがスワッグです。このスワッグは街の花屋またはインターネットでも販売されています。気になるスワッグの料金相場は、4,000円前後です。結婚祝いなどのギフトなどにも人気で、注文するフラワーデザインによっては、料金が5,000~6,000円などのスワッグもあります。

 

自分で作る、壁掛けのフラワーアレンジメント・スワッグも人気

完成されたスワッグ、好きな花をとりいれ注文して作るフラワーアレンジメントの他に、自分で作る方法もあります。
自分の好きなように作ることができる、自分の気持ちを込めたプレゼントを贈ることができる、などの理由から壁掛けのフラワーアレンジメント・スワッグの手作りに挑戦する人達も増えています。
初めて作る人でもスムーズに進めていけるポイントがあります。花や葉の茎部分は丈が長いままだと束ねるのに苦戦したり、思うようにアレンジができないことがあります。なので、丈は短いものを選んだり、長めの茎はカットしてから始めましょう。全ての花や葉を同じ長さにカットしてしまうと、束ねた時に後ろの花の顔が見えなくなってしまうので、それぞれ少しずつ長さを変えておきます。
用意するのは好きな花や葉、そして束ねる為の紐と麻布です。
紐は好きなデザインで構わないのですがリボンに多いツルツルとした素材だと滑ってしまい、壁掛けをした時に落ちてしまうこともあります。そこで麻などの紐がおすすめです。フラワーアレンジメントをする時には手に取りながら、テーブルに置きながら、と自分がやりやすい方法で行います。
茎が長い、丈のある花や葉は後ろへ短いものは手前にくるように重ねて、アレンジしていきましょう。花と葉を使用する時は鮮やかな色が手前の方が、完成した時に綺麗なので花は手前にするのがコツです。フラワーアレンジメントをしたら茎の部分に合わせてカットした麻布を巻いて、その上から麻紐で結びます。
これだけでも可愛いのですが麻の紐以外に、好きなデザインの紐を重ねて結んでも楽しめます。花と葉、赤と白の紐で結べばクリスマスカラーの壁掛けのフラワーアレンジメントのスワッグを作ることもできます。

 

壁掛けフラワーアレンジメントやスワッグが購入できるおすすめ通販3選

HitoHana

スワッグで人気1位なのが季節の花を使用したSサイズ4,400円(税込)です。2位の実を使った秋色スワッグ、3位のフローリストセミオーダースワッグも1位と同じSサイズで料金は4,400円です。ヒトハナではメッセージカードとラッピングも無料になっているので、自分用以外にギフト用としても購入できるおすすめの通販です。

 

プレミアムガーデン

フラワーアレンジメントは3,500円~そしてドライフラワーのアレンジメントも販売しています。ブーケやリース、キャンドルフラワーなど商品の種類が豊富です。ドライフラワーを使用したスワッグは特別価格11,000円(税込)で販売されています。生花とは違った雰囲気を演出するドライフラワーは長く楽しめるのでおすすめです。

 

土と風の植物園

2,600~7,200円のドライフラワー・スワッグアレンジキットが購入できます。季節毎で花が追加されることもあり、価格は変動することもあります。完成しているスワッグは3,000円~5,000円~7,000円~などの価格から選べます。ラッピングの有無も選べるて自分用・ギフト用と色々な場面で利用できる通販です。

 

心も豊かにしてくれるフラワーアレンジメント・スワッグ

季節毎の花を部屋で楽しめるようになると忙しい毎日の中で四季を感じられるようになります。四季を感じられると心も豊かにしてくれるでしょう。
玄関先にリビングに、寝室に自分の好きな場所を彩ることができるスワッグは主張をしすぎることも無く、今の暮らしにスッと馴染んでくれます。
まずは今の季節の花や葉、実を使ったお気に入りの壁掛けのフラワーアレンジメント・スワッグを見つけてみましょう。