アカシアに花言葉はあるの?特徴と色や育て方をご紹介!

アカシア

観葉植物として人気のアカシア。可愛らしいお花を咲かせるため、インテリアとしてはもちろんガーデニングにも非常に人気があります。

そんなアカシアですが、基本情報をしっていますか?育て方や花言葉を知っておくことで、相手にもプレゼントしやすくなるでしょう。

ここでは、アカシアの花言葉はもちろん特徴や育て方などを解説します。

アカシアってどんな観葉植物?

名前 アカシア
英名 acacia
原産地 オーストラリア・アフリカ
園芸分類 庭木
樹高 2~20m以上
花の色 黄色
開花時期 3~5月
耐寒性・耐暑性 強い・強い

アカシアはオーストラリアとアフリカ原産の観葉植物です。
インテリアとして飾るような小さな植木鉢はもちろん、庭に植える種類まで本当にたくさんあります。

大きなもので20m以上になることもあり、シンボルツリーとして向かい入れる人も多いでしょう。

アカシアは黄色の花を咲かせるのが基本です。3月~5月に花を咲かせるので、春の季節がくれば花を楽しむことができるでしょう。

ミモザとアカシアの違いとは?

アカシアを調べると必ず出てくるのが「ミモザ」という名前ではないでしょうか。
ミモザとアカシアは全く別物です。

また、ミモザアカシアという言葉も聞いたことがあると思いますが、ミモザアカシアというお花は存在しません。

ミモザはオジギソウの学名が由来になってます。オジギソウの花とアカシアの花が非常に似ていて「ミモザみたいだね」という発言から、アカシア=ミモザという情報が浸透しました。

オジギソウとアカシアの花は色が違うので、そこを基準にするとわかりやすいでしょう。

アカシアの花言葉

アカシアの花言葉は以下の通りです。

  • 秘密の恋
  • 気まぐれな恋
  • 友情
  • 堅実
  • 優雅
  • 豊かな感受性

アカシアにはとってもたくさんの花言葉が込められています。
これらは、オーストラリアの先住民であるアボリジニが告白をするときに、アカシアの花を送ったことが由来だといわれています。

同じ植物なのに「秘密の恋」「気まぐれな恋」の正反対の言葉が入っているのは、とても珍しいです。
プレゼントする場合は、これらの花言葉を相手に教えてあげると、より喜ばれるでしょう。

アカシアの花言葉を色別に紹介

アカシア

アカシアの花言葉は色別に異なるのをご存知でしょうか。

アカシア全体の花言葉はもちろん、色によって花言葉が追加されることがあります。
では、色別にどんな花言葉があるのか見ていきましょう。

黄色

  • 秘密の恋
  • プラトニックラブ

アカシアといえば黄色のお花ですよね。
「秘密の恋」というのは、全体の花言葉の意味と変わりません。

黄色い花だと「プラトニックラブ」という花言葉が加わります。
プラトニックラブとは精神的な愛ということで、恋に関してぴったりなお花だということがわかりますね。

オレンジ色

  • エレガンス
  • 上品
  • 品格

黄色の花言葉と異なり、品性の高さがうかがえる花言葉がオレンジの花にはついています。
これは、緑の葉っぱにオレンジの花が咲き乱れる様子が非常に上品であることから、これらの花言葉が付けられました。

女性が活躍でいるような職種に贈ると喜ばれるでしょう。

アカシアと間違いやすいミモザとニセアカシアの花言葉

アカシアはたくさんの品種がありますが、実はアカシアではない品種が紛れている可能性があります。

ここではよくアカシアと間違えられる「オジギソウ」「ニセアカシア」の花言葉を見ていきましょう。

オジギソウ(ミモザ)の花言葉

別名ミモザと呼ばれるオジギソウ。植物の名前でミモザと呼ぶのは、オジギソウを指すのが基本です。
オジギソウの花言葉は以下の通りになります。

  • 繊細な感情
  • 感受性
  • 敏感

アカシアとは全く違う花言葉が付いていますね。
オジギソウは軽く触れるだけで、葉っぱが閉じて垂れ下がってしまいます。
そういった生態が花言葉に大きく由来してくるようです。

ミモザ繋がりで間違えがちですが、花言葉は異なるので間違えないように気を付けましょう。

ニセアカシアの花言葉

  • 死に勝る愛情
  • 頼られる人
  • 友情
  • 優雅

名前にアカシアと入っているのでアカシアの仲間なのかと思いがちですが、実は全く別の植物であるニセアカシア。
アカシアの花言葉が怖いといわれるのは、この植物が大きく関係しています。

花は真っ白で、葉っぱや根にトゲがあるのが特徴です。
木が腐りにくく、丈夫な性質であることから「頼られる人」という花言葉が付きました。

「死に勝ち愛情」は、ちょっと怖い花言葉ですよね。これは、果実や葉っぱなどに毒が含まれていることにちなんで付けられたそうです。

プレゼントする場合は気を付けましょう。

アカシアを選ぶときの注意点

アカシアを選ぶときにいくつか注意するべき点があるのをご存知でしょうか。

観葉植物として迎え入れるときは、サイズと品種に気を付ける必要があります。
ここでは、サイズと品種を選ぶときの注意点について紹介します。

サイズで選ぶ

アカシアは育つと非常に大きくなる観葉植物です。
そのため、サイズを間違えると家の中に置けなくなってしまう可能性があります。
家の中に飾りたい場合は5号~8号がおすすめです。

8号は約150㎝ほどのサイズになるので、玄関に置くと良いでしょう。

シンボルツリーとして玄関の外に置く場合や、庭木として迎い入れる場合はもう少し大きいものでン問題ありません。

品種で選ぶ

アカシアにはさまざまな品種があります。
品種によって花の色や咲き方、葉の形が異なるのでしっかりと見分ける必要があるんでしょう。

さまざまな品種がある中で、特に人気なのが以下の3つです。

  • アカシアブルーブッシュ
  • フサアカシア
  • ギンヨウアカシア

どれも花の色は同じですが葉っぱの色や形が異なるので、インテリアとしてどういった形にしたいのかを判断しながら決めると良いでしょう。

アカシアを育てよう!気を付けるべきポイントとは

やっほー 女性

アカシアは、基本的に初心者でも簡単に育てることができる観葉植物です。

とはいえ、全くお世話をしないと枯れてしまうので気を付けたいですよね。

アカシアを育てる場合、以下の3点は特に気を付ける必要があります。

  • 環境
  • 水やり
  • 植え替え

アカシアは基本どんな環境でも適合することができるので、育てる環境作りはそこまで心配はいりません。

元気な花を咲かせるために、日差しがよく当たる場所で育てるようにしてあげましょう。
水やりは、土が乾いたらで問題ありません。あまりやりすぎると根腐れの原因になります。

庭で育てる場合は、自然の雨などで充分補えるので、雨が全降っていない場合や猛暑が続くときだけ、水やりをすると良いでしょう。
アカシアは非常に大きくなることから、根もすごく発達する傾向があります。

水の吸い方が悪くなったり、根詰まりの兆候が見えてきたら植え替えをしてあげましょう。

インテリアや風水にも!アカシアを上手に飾るポイント

アカシアを上手に飾るには、2つのポイントにこだわることでより良く飾ることができます。

  • 風水にこだわる
  • ココナッツファイバーを使う

観葉植物をインテリアとして飾ることで、風水効果が期待できるのをご存知でしょうか?
アカシアは黄色の花を付けることから、金運に効果があるとされています。西と相性が良いので、置くときは西側に置くようにしましょう。

インテリアとしておしゃれに飾る場合、ココナッツファイバーを使用することでよりおしゃれに観葉植物を飾ることができます。

ココナッツファイバーとは、ココナッツの果樹の皮をしようした植木材で、土を隠すことができるので、インテリアとして空間に溶け込むことができます。

まとめ

アカシアの木は初心者でも非常に育てやすい観葉植物です。
そのため、ギフトとして送っても相手に喜ばれやすい傾向にもあります。

相手に送る場合は、育て方が楽なことを伝えてあげると喜んでもらいやすいでしょう。

せっかく観葉植物を購入するのであれば、高品質なものが良いですよね。おすすめは通販で購入することです。

中でもプレミアガーデンは、ほかのショップに比べてコストを抑えながら高品質なアカシアを購入することができます。

アガベを元気に育てる4つのポイントって?人気の種類もランキング形式でご紹介!

アガベ

アガベは最近は植物男子にも人気の多肉植物で、もちろん女子にも人気でプレゼントとしても人気があります。

どうせなら、枯らさないように育てて、部屋のインテリアとしても楽しみたいですよね。
そこで今回はアガベの育て方や元気に育てるポイントお手入れポイント、冬を越すための管理方法など人気の種類もランキング形式で紹介していきます。

アガベの特徴

アガベはリュウゼツラン科・リュウゼツラン属に分類される多肉植物です。

メキシコを中心に北アメリカ南部~アメリカ大陸全体に300種類以上自生しています。乾燥地に生育しており、直径5㎝のものから5mを超える大きなサイズのものまであります。
またアガベはテキーラの原料としても有名です。

園芸分類 観葉植物、熱帯植物
草丈・樹高 5~200㎝
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 弱い
花色 白、黄色
開花時期 7月~8月

アガベを元気に育てるためのポイント

アガベ

アガベはアメリカ大陸全体に自生する多肉植物で日本で元気に育てるためにはアガベが好む環境づくりが大事です。
ここではアガベを元気に育てるためのポイントを4つ紹介していきます。

環境づくり

アガベは暑い地域に自生しているので日光を好み、どちらかといえば高温と乾燥した場所を好みます。耐陰性に弱いので、アガベを育てる場合は日光が当たる場所に置くようにしてください。日当たりが悪いとひょろっとした頼りない格好になります。

しかし、耐寒性と耐暑性にも強いので、アガベの種類によってはベランダなどでも冬を越すことができるものもあります。またアガベは初心者にも育てやすい多肉植物としても知られています。

水やり

アガベは葉が肉厚なのが特徴ですがこの葉には水分を溜めることができるので高温、乾燥にも強いので夏はそんなに水やりは必要ありません。

3月~4月、10月~11月は土の表面が乾いてから3、4日後に鉢から溢れるぐらいの量のお水をあげてください。生育期の5月~9月は鉢の土が乾いたら水やりが必要です。

アガベは、冬は10月~3月中旬ぐらいまで生長が止まり、休眠状態に入ります。冬の水やりは月に1、2回ぐらい問題ありません。

肥料選び

アガベは生育期の春~秋に肥料を与えると良いでしょう。肥料は、緩効性の肥料を2か月に1回のペースであげます。即効性のある液体肥料でも構いませんが液体肥料の場合は10日に1回のペースで与えるようにしてください。

多肉植物は本来、あまり肥料を必要としないので、肥料が多すぎると肥料焼けを起こし、根っこが傷んでしまうので気をつけて肥料を与えましょう。

害虫・病気対策

アガベにつく害虫として注意が必要なのは「アザミウマ」「カイガラムシ」です。「アザミウマ」は特に、夏の暑い時期に発生することが多い害虫です。「カイガラムシ」は季節に関係なく1年中発生します。

カイガラムシの幼虫は白くて小さな綿の中に潜んでおり、そのままにしておくと、アガベを食べてしまったり、根から大事な栄養成分や樹液を吸い取り弱らせたりします。

「カイガラムシ」が幼虫のときは殺虫剤で殺せますが、成虫の場合は歯ブラシでこすって落とすか、薬剤を使って駆除します。

アガベは「さび病」「黒星病」があり、どちらも見つけたらすぐに病気になっている部分を切り落とすようにしてください。

室内や植え替えでアガベを育てるときの4つのポイント!

ここではアガベの剪定と植え替えするときのポイントを4つ紹介していきます。

剪定

アガベは剪定はほとんど必要なく、新しい葉が生えてくると古くなった下の葉が枯れていきます。アガベの剪定は下の葉を切るのが基本です。下の葉が枯れてきた場合はナイフなどで綺麗に切り落としてください。

植え替え方法

アガベは成長(生長)が早いので2年に1回ぐらいで4月~5月頃に植え替えが必要です。小さな鉢植えで育てていると水分、養分を吸収することができず成長しなくなってしまいます。
そのままにしておくと、鉢の底に根が回り成長が悪くなってしまうのです。

土は1/3ぐらい落とし、枯れた根を切り取って一回りか二回り大きな鉢へと植え替えしましょう。

アガベの締め方

アガベの締め方は、外からストレスを与えることによって必要なものをあまり与えない方法です。アガベを締めて育てると葉が短く、肉厚になり、色鮮やかになり、見た目の形がかっ
こ良くなります。

アガベには、直射日光を当て、風当たりを良くします。水やりは少なめに与え肥料も与えません。用土は少なめにしましょう。

室内で育てる方法

アガベは日光の当たる風通しの良い場所に置いて育てますが、乾燥を好み多湿を好みません。
ベランダに置いている場合は、台風や暴風雨のときなどは、雨が長時間当たり、根や葉が腐ってしまうので室内に入れるなどしてください。

また耐寒性はありますが、冬は5℃を下回ってしまうと冷害が出てきてしまうので室内に入れてあげましょう。

冬のアガベの管理方法

冬のアガベの管理、まずは水やりですが、昼の気温の高い間に水やりをします。もし、気温が0℃以下の場合は水やりはしません。気温が5℃以上で乾燥してしまっているときは様子を見ながら月1で水やりしましょう。

しかし、小さな株の場合は耐寒性が低い場合もあり、乾燥して枯れてしまうこともあります。様子を見ながら、水やりをし休眠状態で冬を越しましょう。

人気のアガベ種類ランキング!

アガベ

ここでは人気のアガベの種類をランキング形式で紹介してきます。

1位アガベベネズエラ

リュウゼツラン科のアガベ属の多肉植物です。葉は肉厚で扇のように広がった大きな葉は竜の舌に似ていることで(竜舌蘭)とも呼ばれています。

葉の先が細かいトゲがあるのが特徴で、耐寒性もあります。乾燥にも強いので、贈り物としても選ばれています。水やりもあまり必要なく春~秋にかけ土が乾いたら、たっぷり水やりするだけです。アガベの中でも特に人気があるのがこのタイプです。

2位アガベ 雷神(アガベ・ポタトルム)

アガベ雷神の花は「神の花」と呼ばれ、数十年に一度だけ咲くといわれています。アガベ雷神の花が咲くのを見た者は、雷神のような神の力を手に入れ幸せになれると言い伝えがあります。また花が咲くと子株を残し枯れてしまうのです。

肉厚なブルーグレーの青白い葉と赤黒いトゲトゲが特徴でロゼット型に葉が広がっています。

3位アガベアメリカーナ

アガベアメリカーナは日本の多くの街路樹に植えられてあるのはこのタイプです。
アオノリュウゼツラン科の、リュウゼツラン属で、高さも1~2mに生長します。

青みがかった葉に黄色の斑がとてもおしゃれで、インテリアにピッタリです。耐寒性が非常に強く0℃以上であれば、冬を越すことができます。また耐厚性も強いので初心者にも育てやすい多肉植物です。

4位アガベ・チタノタ

アガベチタノタは形や大きさ、色が豊富な多肉植物です。葉が肉厚で放射線状に広がるサメの歯のようなトゲが特徴です。

耐寒性と耐暑性に強いので丈夫で育てやすく、班入りのもの、葉のギザギザが白いもの、黒いものがあり、今は白いギザギザタイプが人気です。
このタイプは見た目のイカツさからも植物男子にも人気があります。

まとめ

アガベはリュウゼツラン科のリュウゼツラン属に分類される多肉植物で、テキーラの原料としても有名です。アガベを育てるには環境づくりが重要です。冬は休眠状態になるので水やりの仕方に注意してください。

大型フラワーショッププレミアガーデンでは観葉植物はレンタルを行っています。
まずは、お試しとしてレンタルするのがおすすめです。
人気の多肉植物アガベを飾ってお部屋をおしゃれにしてくださいね。

アカシアを長く楽しむには?特徴と育て方を紹介

アカシア

インテリアとしても非常に人気が高い観葉植物の中に、キレイなお花を咲かせる「アカシア」という種類があるのをご存知でしょうか。

別名「ミモザ」とも呼ばれているアカシアは、観葉植物の中でも非常に人気が高いです。

せっかくお花を咲かせる観葉植物を飾るなら、毎年キレイな花を咲かせたいですよね。
そこで、今回はアカシアの基本的な育て方を中心に、増やし方や管理方法などを詳しく解説していきます。

アカシアの特徴

名前 アカシア
英名 acacia
原産地 オーストラリア・アフリカ
園芸分類 庭木
樹高 2~20m以上
花の色 黄色
開花時期 3~5月
耐寒性・耐暑性 強い・強い

黄色い花を咲かせるのが特徴のアカシアは、オーストラリアやアフリカが原産の植物です。
観葉植物として人気ですが、実は育つと20mを越すとても大きな庭木になります。
3月~4月にかけて可愛らしい花を咲かせるため、最近では「花束」「スタンド花」などにも使用されるようになりました。

アカシアとミモザは同じ種類?

アカシアといえば別名「ミモザ」と呼ばれていますよね。
3月8日はミモザの日と定められており、店頭にアカシアの花が多く並びます。
しかし、ミモザという花は存在していないって知っていましたか?

ミモザとアカシアは全くの別物になります。
そもそもミモザと呼ばれるようになったのは、オジギソウが始まりです。

学名で「ミモザ」というオジギソウは、ポンポンのような可愛らしい花を咲かせます。
色はピンクですが、見た目が似ていることから「ミモザ」と呼ばれるようになりました。

それがいつしか「アカシア=ミモザ」になってしまい、アカシアがミモザと呼ばれるようになったそうです。

アカシアを元気に保つ育て方

観葉植物

可愛らしい花を咲かせるアカシアですが、せっかく観葉植物として向かい入れるのであれば、元気に長く育てていきたいですよね。
そこで大切になってくるのが4つのポイントです。

ここでは、アカシアを元気に育てるための4つのポイントを解説します。

置き場所

アカシア元気に育てるために大切なのは「置き場所」です。

風通しと日当たりの良い場所を好むアカシアですが、直射日光は葉焼けの原因になるので避ける必要があります。

そのため、日当たりや風通しが程よく直射日光も避けられる「半日陰」で育てるようにしましょう。

適度に日差しが当たる場所であれば、春にはキレイな花を咲かせることができるようになります。

ただし、風通しの良すぎる場所に置いてしまうと、木が若い場合折れてしまう可能性があるので注意が必要です。
風の強い日や風通しが気になる場合は、添え木をしてあげましょう。

水やり

アカシアは乾燥気味の場所を好むので、毎日こまめに水をあげる必要はありません。
鉢植えで育てている場合は、表の土が乾いてきたのが確認できたら1日置きくらいで水やりをしてください。

水やりは、鉢底から水が溢れだすくらいたっぷりあげるのがポイントです。

アカシアが根付いている場合は、基本的に水やりの必要はありません。
真夏の高温乾燥が続いたときだけ、たくさんのお水を与えてください。
とはいえ、あまり気にしなくても大丈夫そうです。

肥料選び

アカシアは、土の状態が悪くても育つことができる植物です。そのため、無理に肥料を与える必要はないでしょう。

花の付きが悪くなったり、気になる所見が出てきたら肥料を与えても問題ありません。
肥料をあげる場合は、植え替えのときに腐葉土と赤土を混ぜてみてください。

害虫・病気対策

アカシアに付きやすい害虫は「カイガラムシ」です。
カメムシの親戚だといわれており、表面が硬いものや柔らかいものなど約400種が発見されています。

カイガラムシが付いてしまうと、排泄物からアカシアにすす病菌が付いて、さまざまな病気の原因になるので早めに対策をしましょう。

基本的に風通しが悪く日の当たらない場所で育てると発生するので、育てる環境に注意が必要です。

万が一付いてしまったら、歯ブラシでこすって落とします。それでも落ちない場合は、薬剤を撒くか剪定をしてください。

剪定と植え替えをしよう!成長したアカシアの育て方

剪定

アカシアを育てていくとどんどん大きくなっていくでしょう。
大きくなるにつれトラブルも非常に増えていくので、元気に育てていきたいなら、トラブルをなるべく回避するような育て方が必要になります。

ここでは、よりアカシアを元気にする育て方を紹介します。

選定方法

アカシアを剪定するにあたって必要なものは以下の通りです。

  • 木ばさみ
  • 剪定ばさみ
  • ノコギリ
  • 脚立orはしご

アカシアはとても大きく育つ観葉植物です。そのため、大きな木を剪定する場合は脚立などを必ず用意しましょう。
手順を紹介します。

  1. 伸びた枝を整える
  2. 不要な枝の間引きをする

伸びた枝を切り落とす場合、なるべく新しい枝を避けて剪定する必要があります。
枝分かれをしている木を切る場合は、根元から切るのがポイントです。

また、風通しを良くすることは害虫予防にもなるので大切になります。なるべく不要な枝を間引いて、空間を作ってあげるようにしましょう。
アカシアの剪定は、花が咲いたあとの6月までに終わらせておくと良いです。

植え替えの方法

アカシアは植え替えを嫌う植物です。そのため、基本的に地植えをしたら植え替えはできません。
植木鉢から植木鉢に移す場合は、最大で二回り大きいものに交換してください。

あまり大きい鉢に入れ替えてしまうと、根っこばかりが大きくなるので気を付けましょう。

植え替えにコツは必要ありません。根っこを抜いたら次の植木鉢にポンッと置くようにすると上手にできます。

人気なアカシアの種類3選!

アカシアはたくさんの種類があるのをご存知ですか?
それぞれ素敵な花を咲かせるため、どれも人気が高いのが特徴です。
特に人気なアカシアは以下の3種類になります。

  • ギンヨウアカシア
  • フサアカシア
  • アカシアブルーブッシュ

ギンヨウアカシアはキレイな黄色い花が咲かせるのが特徴のお花で、葉っぱが銀灰色になるので、観賞用にも最適の品種です。

フサアカシアは、ミモザとしても知られている品種です。
アカシアの品種の中でもとても人気があるので、アカシアといえばこの品種を思い浮かべる人も多いでしょう。

花が咲いている見た目はギンヨウアカシアとさほど変わりませんが、葉の色が緑で落ち着いていることから、落ち着いた印象を受けます。

アカシアブルーブッシュの葉っぱの色はシルバーブルーで、まるで羽のような柔らかい見た目が特徴です。

見た目が非常におしゃれなので、インテリアとして好まれる種類でもあります。
プレゼントにも好まれるため、日本でも非常に人気が高まっている品種です。

まとめ

アカシアにはたくさんの種類が存在しますが、どの種類も育て方を理解しておくことで
何年も楽しむことができるでしょう。

観葉植物はお花と違い、こまめなお世話が必要ない代わりに植え替えの頻度が置くなる傾向にあります。

特にアカシアは非常に大きくなる植物なので、購入する場合は何年も育てていくことを考えておくと良いです。
また、アカシアを購入する場合はネット通販がおすすめになります。

ネット通販であれば種類も豊富で、自分の好みのアカシアを見つけて購入することができるでしょう。
特にプレミアガーデンには、高品質でおしゃれなアカシアが揃っています。

プレゼント・自宅のインテリアとしてぜひ購入してみてくださいね。

観葉植物ドラセナの特性や育て方や、トラブル対処法をご紹介!

ドラセナは日本で最も人気のある観葉植物の1つであり、育てやすく見た目が美しいことからインテリアとしても人気があります。

この記事では「幸福の木」とも呼ばれることがある幸せの象徴・ドラセナについて、その特徴や置き場所、水やりのタイミングや植え替えを含め、上手な育て方について詳しく紹介します。基本的なポイントを守れば、いつまでも美しい姿をキープすることができますよ。

ドラセナとは?

ドラセナとはリュウケツジュ科ドラセナ属に分類される観葉植物です。

くねくねと曲がりながら伸びる細い幹がユニークであり、枝の先端には笹のような細長い葉っぱが放射状に広がります。

もともと5メートルほどの高さまで成長しますが、日本で販売されているものは観賞用として50センチから150センチ程度に調整されているものが多いです。

ドラセナの特徴

観葉植物として人気のあるドラセナはその種類も多く、葉っぱの形や肌の形のバリエーションが非常に豊富な植物です。

一般的に「幸福の木」と呼ばれることもあるこの観葉植物は、玄関や家の前に置いておくと幸運が訪れるといわれています。

ドラセナは熱帯アジア・アフリカに分布している常緑性の中低木ですが、種類によって大きさや葉の色、形、模様などが異なるため、お部屋の雰囲気に合った種類を選べるのも特徴です。

ドラセナの花言葉

ドラセナには、その種類によっていくつかの花言葉がありますが、「幸福」、「幸せな恋」、「隠し切れない幸せ」など、その種も幸福にまつわる言葉がついています。

これは、ドラセナがハワイでは幸福の象徴として玄関に置かれていたことに関係しており、祝いごとの飾りに使われることもあったようです。

ドラセナの値段・相場

ドラセナは観葉植物として非常に人気があり、値段の相場もそれほど高額ではありません。

種類にも、よりますが、購入するにあたり3,000円~6,000円程度がその相場となっていて、気軽に購入することができるでしょう。

ただし玄関先に置く用の大きなものになると少し相場価格は上がり、およそ2万円~3万円程度のものもあります。

一方、机の上に置く小さなサイズであれば1,000円~2,000円程度で購入することもできます。

ドラセナの種類

それではドラセナの種類別に特徴を見ていきたいと思います。

コンシンネホワイトホリー

ドラセナコンシンネホワイトホリーはその名が示す通りコンシンネの白色バージョンで、葉に描かれた緑と白のストライプが絶妙なコントラストになっています。

非常に涼しげな印象を与えてくれるため、お部屋に置けば室内を明るくしてくれる働きがあります。枝は細長く柔らかいため、職人さんの手によってきれいに曲げられたものも販売されていて、非常におしゃれです。

コンシンネ・レインボー

コンシンネレインボーはコンシンネの中でも赤い葉っぱの色が美しく、インテリアとして非常に人気があります。

赤い羽の色がまるで虹のように見えるということからこのレインボーという名前がつけられました。コンシンネはシャープな葉の形が人気の1つですが、赤い葉っぱの色と相まってとてもスタイリッシュに見えます。お部屋全体がクールなイメージを演出できますよ。

ドラセナ・コンシンネ・トリカラー

ドラセナコンシンネの中でも人気な種類です。緑色をベースとし、鮮やかな赤色と優しいクリーム色の縦縞が入るのが特徴で3色のコントラストがおしゃれです。

緑色の部分が薄く、白いストライプの外側に、赤いストライプが入っているのが特徴です。

葉を近くで見ると3色が少し派手に見えますが、遠目から見るとスタイリッシュな色合いなのでお部屋のインテリアとしてもおすすめです。

ドラセナの選び方

ドラセナは種類によらず、育て方も簡単です。基本的に自分が好きなデザインを選べば問題ありません。お部屋を爽やかなイメージにしたいなら「ホワイトホリー」赤をお部屋のアクセントにしたいのであれば「レインボー」落ちついたシックな部屋にしたいのであれば

「トリカラー」がおすすめです。

買うときは、お部屋のどこに置くかを考え、サイズを選びます。購入するときは、葉がぴんと張ったみずみずしいものを選ぶようにしましょう。

ドラセナの育て方

ドラセナは非常に育てやすい観葉植物ですが、ちょっとしたコツを守るとより上手に育てることができます。ここでは、ドラセナの育て方を4つ紹介していきます。

日当たり・置き場所

ドラセナコンシンネは、明るい窓辺に置くようにしましょう。熱帯地方が原産の植物ですから、明るく暖かい場所に置いた方が元気に育ちます。

ただし、日本の強い日差しに当たると葉焼けしてしまうため、夏はレースのカーテン越しに置き、冬は寒さに弱いので、置くときは窓から少し距離を離しておいてください。

ドラセナコンシンネは日光の当たる場所で育てると、太陽の方向に向かって茎が伸びていきます。まっすぐ美しい形を維持したいのであれば、たまに鉢をくるくると回してまっすぐに成長するようにしましょう。

水やり方法

ドラセナコンシンネは、よく育つ時期とそれほど育たない時期で、必要とする水の量が変わります。

よく育つのは5月から9月でありこの時期はたくさんの水を必要とするので、鉢植えの土の表面が乾いて白くなったら、鉢の底から水が溢れるくらいたっぷりと水をあげましょう。

受皿に水を起こしておくと根っこが腐ってしまうので、余った水は必ず処分してください。

これ以外の時期には、朝の最低気温が20度を下回ったら成長のスピードはゆっくりになるので、水やりの回数も減らしていきます。

特に真冬は、土の表面が乾いた後2、 3日程度時間を置いてから水を与える位がちょうど良いタイミングです。

もし、乾燥が気になるようであれば、葉っぱの表面に霧吹きで水を吹きかける「葉水」を行うと、いつまでもみずみずしい葉を保つことができます。

よく成長する5月から9月の間には、月に2回ほどのペースで液体肥料を与えると良いでしょう。

剪定方法

ドラセナコンシンネはどんどん上に伸びていってしまうので、数年経過すると伸びすぎて格好の悪い形になってしまいます。

そのときは、選定を行い形を整えてあげると良いでしょう。

切りすぎたと思っても、少し経つとまた伸びてきますからあまり気にせずにカットしていきましょう。

植え替え

ドラセナコンシンネは、ずっと同じ鉢で育て続けていると根が伸びきってしまい、鉢植えの中で圧迫され根詰まりを起こしてしまいます。

そうなると、みるみる元気がなくなり枯れてしまうので、植え替えを行ってください。

鉢の底穴から、根が飛び出して土の表面から出てきた場合や、土の中に水が染み込まない場合は植え替えするタイミングです。

植え替えは、よく成長する5月から9月の間に行ってください。冬に植え替えを行ってしまうと成長する期間が短くなってしまうので、5月、6月に行うのがおすすめです。目安として、2~3年に一度、植え替えを行うとちょうど良いでしょう。

ドラセナのトラブル対処法

枯れてしまった原因

ドラセナコンシンネのはが茶色く枯れてしまった場合は、根詰まり、葉焼けなどが考えられます。根詰まりしていると水をあげても土が染み込みにくく、十分な水分が葉っぱに行き渡らないのです。

またドラセナコンシンネは、直射日光に弱く、強い日差しに当ててしまうと葉焼けを起こしてしまいます。

購入してすぐ、鉢植えの置いている場所が変えたりすると、温度や湿度の急激な変化に伴い葉が痛むことがあります。

この場合は、新しい環境に慣れてくればまた、元気な葉が出てくるのでそれほど気にする必要はありませんが、直接エアコンの風が当たらないようにするなど工夫をすると良いでしょう。

元気がないときの対処法

元気がないときに考えられる原因として、日光不足や強い日差しにさらされていること、水が足りないこと、鉢が小さすぎること、病害虫に侵されていることなどが考えられます。

ドラセナの元気がないときは、どの原因に該当するかを突き止め、その原因を解消してあげればまた、再び成長するようになるでしょう。

基本的に、環境の変化に強い植物ですから、これらの対処をすれば、シンプルに解決することができるはずです。

まとめ

ドラセナは、環境の変化に強く、とても育てやすい観葉植物です。直射日光を避ける、適切なタイミングで水をあげる、成長しすぎたら鉢植えを変えるといった基本的なポイントを抑えれば、いつまでもその美しい姿を維持することができます。観葉植物初心者にもおすすめですよ。

 

人気の観葉植物モンステラの基本情報と育て方を紹介!

ユニークで特徴的な葉をもつ観葉植物として大人気のモンステラ。モンステラという名前の由来は、ラテン語で奇怪、異常を意味する「monstrum」からきています。金運の上昇などの願いを込めて風水などでもよく使われています。原産地では種類も多く、日本でも小さいものから大きいものまで流通していて、今回はその中でもより身近な日本で人気のモンステラの基本情報や育て方などを紹介します!

大人気の観葉植物!モンステラとは?

大人気の観葉植物モンステラを紹介していきます。

モンステラの特徴

個性的な葉が人気の観葉植物で、大きな葉に深い切り込みが入っているフィロデンドロン属サトイモ科の植物です。

メキシコから中央アメリカの原産で約30種類のモンステラがあります。モンステラはつる性の植物なのでツルを伸ばし着生して育っていきます。

エキゾチックな観葉植物として古くから人気があります。種も多く大きいもので8mほどのものもあるようです。

モンステラの花言葉

全般的には「うれしい便り」「壮大な計画」「深い関係」の3つがあります。

 

西洋の花言葉では

『dedication(献身)』『happy letter(うれしい便り)』『magnificent plan(壮大な計画)』『close connection(深い関係)』があります。

 

幸せを呼びこむ意味が込められたり全てポジティブな意味をもっていたりするため、贈り物や風水として人気があるようです。ハワイにはモンステラの葉が、希望の光を導くという言い伝えがあります。

モンステラの値段・相場は?

モンステラには相場がありサイズにより異なります。

S(~50センチ)3,000円程度

М(51~79センチ)5,000円〜9,000円程度

L(80センチ~110センチ)12,000円程度

LLサイズ(110センチ~)22,000円以上

良質なものなのか、葉が大きいものなのかによっても多少変わってきます。

モンステラの種類

アメリカの熱帯地域では約30種類ありますが、ここでは日本で人気の種類を紹介します。

モンステラ・デリシオサ

モンステラデリシオサは、最も有名な種類で、店頭で見かけるモンステラは

ほとんどがこの種類で、冬の寒さにも強く枯れにくいので育てやすいです。

葉が大きく左右対称の切れ込みが特徴です。若い葉にはこの切り込みはなく、育っていくにつれ、大きな葉になり切れ込みが入っていくのです。

モンステラの中でも、特に大きく育つ種類なのでインテリアとして置くときには

お部屋の大きさに気をつける必要があります。

モンステラ・デリシオサ・コンパクタ

モンステラ・デリシオサを小さくした種類です。葉が密集して生えるのが特徴で若い葉のころから切り込みが入るので、小さくても存在感があります。葉もモンステラ・デリシオサと同様に左右対称になっています。なかなか、生産していないので現在では入手困難な種類として知られています。

モンステラ・アダンソニー

モンステラアダンソニーはヒメモンステラの愛称でも知られています。小ぶりで可愛く置き場所も選ばないので、インテリアにもピッタリです。モンステラ・デリシオサよりも

葉が小さく、葉の切れ込みが深く左右対称なのが特徴です。寒さにはとても弱いので室内で育てるようにしてください。

モンステラの選び方

モンステラはその品種によって大きさに差があります。インテリアに合わせて品種を選ぶと簡単に選べますね。大きなモンステラが好みであれば、最も代表的な「デリシオーサ」を、置くスぺ―スがなく、あまり大きいのはちょっと……というのであれば、

小ぶりの「モンステラ・アダンソニー」がおすすめです。

モンステラの育て方

モンステラを育てるために必要な道具は、ジョウロ、霧吹き、固形の緩行性化成肥料

液体タイプの肥料、剪定ばさみ、肥料がなくても十分に育ちますが、あればより大きな葉になります。ここではモンステラの育て方を紹介していきます。

野外や屋内での育て方

野外で育てたい場合、直射日光を当ててしまうと葉焼けを起こしてしまうので、遮光の必要があります。

屋内で育てたい場合は、レースのカーテンなどで直射日光は避け、日当たりの良い場所に置いて育ててください。気温の変化には弱いので、15℃を下回るようになったら室内に取り入れるようにしましょう。最低でも5℃以上保てる環境が良いでしょう。

水やり方法

水やりは季節によっても異なります。冬は2〜3日に1度、土の表面が乾いたら、鉢底から水が出るくらい与えてください。

 鉢皿に水を溜めたままにせず、葉が乾燥して枯れないように、時々、霧吹きなどで葉水も与えるようにしましょう。 

汲み置きして常温に戻すか、ぬるま湯を混ぜるかして、鉢が冷えてしまわないよう気をつけます。夏は根が水を吸い上げるスピードも速くなり、土が乾きやすくなるので、ほぼ毎日水やりが必要になるでしょう。

肥料の与え方

夏は肥料を与え、秋から冬は肥料を控えます。土の上に置くだけの固形の、緩行性化成肥料を2ヶ月に1回与え、液体肥料は、鉢土にまんべんなくかけます。

10日に1回程度与えてください。モンステラは肥料がなくても、光と水分で十分に生長する植物なので、肥料の量が多いと大きくなりすぎることがあります。

剪定方法

葉っぱ大きく育ちすぎて見栄えが悪かったり、葉や茎が弱っていたり、変な方向に向いてきたなどの場合に剪定します。剪定は、5~9月の生育期間に行ってください。

伸びている部分を、茎の途中で剪定し、弱った箇所から枯れていくことがあるので、枯れている部分を見つけたら、茎元から剪定ばさみで切り取るようにしてください。

毒性のある、シュウ酸カルシウムという成分が含まれていますので、剪定した際に、茎や葉から汁が出た場合は、肌につかないように気をつけてください。皮膚ただれの原因になります。また、モンステラの葉を、小さな子供や犬や猫などのペットがかじらないように注意も必要です。

植え替え

「土の乾燥が早くなった」「水の染み込みが遅くなった」など、状態が悪くなってきた、ら速やかに植え替えを行いましょう。

植え替えに最適な時期は5月〜9月です。現在植えてある鉢から、モンステラの株を抜き取っても植え替えできますが、株元から1/2~1/3残して切り落とし、残った茎は鉢土を1/3程度落とし植えつけても良いでしょう。

 

モンステラのトラブル対処法

ここではモンステラのトラブルの対処法を紹介していきます。

枯れてしまった原因

モンステラが枯れてしまう多くの原因は日光が強すぎたり、水切れしてしまったりした場合におこります。肥料をあげすぎてもいけません。

逆に日光が弱すぎたり水をあげすぎたりした場合、育たなかったり根腐れする原因になってしまいます。

モンステラは、比較的育てやすい観葉植物なので、定期的に水やりをしていれば枯れてしまうことはあまりありません。

枯れてしまったり、葉が黄色くなってしまったり丸くなってしまった場合には基本的な育て方を見直しましょう。

元気がないときの対処法

根腐れしてしまった場合は、新しい土に植え替えてあげましょう。モンステラの腐った切り落とし、根を取り除きます。株は弱っているので肥料は与えません。

新芽が出るまでは、直射日光の当たらない明るい日陰に置いて育てるようにしましょう。

植え替えは少し面倒に感じますが、すぐに対処するだけで、元気を取り戻すことができるので早めに対処するのがポイントです。

枯れてしまった場合は、まだ緑色で元気な葉がついた茎を切って挿し木などで増やしてみましょう。

まとめ

身近な観葉植物のモンステラ。育て方も比較的簡単で屋内でも野外でも育てることができます。害虫がつきにくく乾燥にも強いので育てやすいのが特徴です。

種類も大きいものから小さいものまで好みで選べるのも魅力の一つですね。

エキゾチックな葉のモンステラはインテリア、贈り物としても人気があります。ぜひお部屋に飾ってモンステラの魅力に癒されてみてくださいね。

 

観葉植物はレンタルする時代!メリットや料金相場のまとめ

観葉植物を部屋に飾ることによって素敵なインテリアになるだけではなく、リラックス効果や加湿調整効果も期待できます。しかし、実際に観葉植物を購入するとなった場合、手間がかかったり意外と高くて手を出しにくかったりします。そういったときにおすすめなのが、観葉植物のレンタルサービスです。今回は、観葉植物のレンタルサービスのメリットやデメリットを詳しく紹介していきます。

観葉植物をレンタルするメリット

部屋に飾ることによって雰囲気を変えられるだけではなく、リラックス効果や加湿調整効果などが期待できます。そんな観葉植物ですが、レンタルサービスで借りるのが手軽に観葉植物を楽しめておすすです。では、観葉植物をレンタルすると、どういったメリットがあるのでしょうか。まずは、観葉植物をレンタルするメリットについて、紹介していきます。

お手入れの必要がない

観葉植物をレンタルするメリット1つ目は、自分で手入れをする必要がないことです。基本的にすべての手入れを業者の方がやってくれるため、特に業者からの指示などがなければ借りている間は何もしなくて大丈夫です。なので、会社で観葉植物を飾ろうとなった場合でも、レンタルを利用すればお手入れを担当する人を決める必要もないため、気軽に観葉植物を飾れます。

育て方が分からなくても飾れる

観葉植物をレンタルするメリット2つ目は、育て方がわからなくても飾れることです。観葉植物は種類によって暑さに強かったり弱かったりと、育てる環境として適切な条件が微妙に異なってきます。そのため、育て方をしっかりと理解したうえで観葉植物を購入する際は選択しないといけませんが、レンタルの場合は業者の人が注意事項を丁寧に教えてくれるため、育て方がわからなくても大丈夫です。

定期的に違った雰囲気を楽しめる

観葉植物をレンタルするメリット3つ目は、定期的に違った雰囲気を変えられるということです。レンタルする観葉植物を変更することもできるため、他の観葉植物も部屋に飾ってみたいと思ったら気軽に挑戦できるのもレンタルの魅力のうちの1つです。特に、飽き性な人にはおすすめのサービスで、定期的に違った観葉植物を楽しみたいという人にはレンタルは最適です。

 

観葉植物をレンタルするデメリット

観葉植物をレンタルするにあたって一番のデメリットは、ランニングコストがかかるということです。一度観葉植物を購入してしまえば、それ以降の支払いは必要ありません。しかし、レンタルは毎月決まった金額を払って借りるため、毎月の支払いが発生してしまうのがネックです。また、定期的なメンテナンスが必要なため、そのたびに業者の出入りが発生するのもデメリットの1つといえます。

ですが、お世話の必要がない、定期的に違った雰囲気を楽しめるなど、デメリットを上回るメリットは多いですので、個人宅でも企業でも観葉植物レンタルはおすすめです。

観葉植物レンタルの相場は?

ここまで、観葉植物をレンタルするメリットとデメリットについて紹介してきましたが、実際に観葉植物をレンタルするとなったらどのくらいの費用がかかるのでしょうか。続いては、観葉植物をレンタルする場合の相場について、紹介していきます。

法人の場合

観葉植物のレンタルを行うのは、個人よりも法人の方が多いですが、法人の場合の相場は1ヶ月あたり1鉢で2,000円から1万円程度になってきます。基本的に多くの観葉植物のレンタルを行っている業者は1鉢あたりで料金を設定しており、鉢の大きさによって値段が変わってきます。小さい鉢の観葉植物であれば比較的安い価格でレンタルでき、逆に鉢が大きくなればなるほどレンタルに必要な料金は高くなります。しかし、法人の場合は1鉢だけではなく、複数の鉢をレンタルすることが多いため、複数の鉢をレンタルすると割引してくれる業者もあります。

個人の場合

法人と比べて個人で観葉植物をレンタルする人は少ないですが、個人の相場は1ヶ月あたり1鉢で1,000円から5,000円程度になってきます。法人と同様、レンタルにかかる費用はどのくらいいの大きさの鉢の観葉植物をレンタルするかで決まり、小さいもだと1,000円、大き目なサイズだと5,000円程度でレンタルできます。

観葉植物をレンタルするときにおすすめの種類

観葉植物をレンタルすると自分たちで手入れをする必要がないため便利ですが、どういった種類の観葉植物をレンタルするといいのでしょうか。続いては、観葉植物をレンタルするときにおすすめの種類について、紹介していきます。

ポトス

観葉植物の中でもポトスはポピュラーな種類にあたり、特に園芸の知識などを知らなくても育てられることから、初心者にもおすすめの観葉植物です。ポトスはツル性の観葉植物のため、自生地では他の木の幹や枝に巻き付いて成長します。また、ポトスはさまざまな飾り方で楽しめ、高いところから鉢を吊ってツルをたらしたり、壁沿いを這わせたりなど、そういった楽しみ方ができる観葉植物でもあります。

サンセベリア

続いておすすめする観葉植物は、アフリカやアジアなどの熱帯地域が原産地のサンセベリアです。熱帯地域が原産地のサンセベリアは肉厚な葉が特徴で、その肉厚な葉に水分を蓄えるため、乾燥にも強いです。また、サンセベリアは横に広がって成長することはなく、縦方向にだけ成長していくため、飾る場所を取りません。また、サンセベリアは高い空気洗浄効果を持っており、飾っておこだけで室内の空気を綺麗にしてくれます。

モンステラ

半つる性の特徴を持つモンステラは熱帯地域のジャングルが原生地で、大きな木の幹などに絡まって育つこともあります。成長すると2m近くになることもあり、長い切れ込みや穴が開いた独特な葉が特徴的です。そんな特徴的な葉ですが、水を排出するための水孔と呼ばれる穴があり、モンステラの葉には水滴がつきやすいです。

まとめ

今回は、観葉植物をレンタルするメリットやデメリットについて、紹介してきました。観葉植物をレンタルするとランニングコストはかかりますが、すべての手入れなどを行ってくれるため、気軽に観葉植物を部屋に飾ることができます。レンタルにかかる費用は、借りる観葉植物の種類や鉢の大きさなどによって変わってきますが、小さい物であれば1ヶ月1,000円程度でレンタル可能です。もし、観葉植物を飾ってみたいけど、育て方や手入れに不安があるという方は、観葉植物をレンタルしてみてはどうでしょうか。

 

観葉植物に肥料をあげるときの注意点や、正しい肥料の与え方をご紹介!

鮮やかな葉や色とりどりの花で、私達を癒してくれる観葉植物ですが、その美しさを保つためには肥料が必要です。しかし、ただやみくもに与えれば良いというものではありません。観葉植物の種類や状況によって適切なものを選び、正しい方法で与えなければ、かえってその美しさを損ねてしまうことになりかねません。

そこで今回は観葉植物に肥料をあげるときの注意点や正しい肥料の与え方を紹介していきます。

観葉植物にあげる肥料の役割

 植物は土の中の栄養を吸収することによって成長しますが、植物の生育に必要とされる三大要素は土の中で不足しやすいので、それらを補い、観葉植物の生育を助け、鮮やかさを保てるようにするのが肥料の役割です。

肥料はこの三大要素を配合することによって作られており、肥料ごとに配合が異なるため、目的に合わせた配合の肥料を使用する必要があります。

三大肥料とは

1つ目は窒素です。葉や茎を大きくするために必要とされ、植物を成長させる役割を持っています。葉を鮮やかにするのも窒素の効果です。花や実をつける観葉植物の場合、窒素が多すぎると葉が出すぎて花つきや実つきが悪くなるので注意が必要です。

2つ目はリン酸です。花や実の成長を促す要素であり、根の生育にも必要とされます。花や実をつける観葉植物の場合不足しやすくなるので意識して肥料を選びましょう。

3つ目はカリウムです。根の成長に必要であるとともに、害虫や病気に対する抵抗力と耐寒性を高める役割も持っています。不足すると根が弱くなり、根腐れを起こしやすくなります。

こんなときはこの肥料

観葉植物の状態によって与える肥料は違います。ここでは葉に元気がない場合、花が咲かない場合、小さい観葉植物、大きな観葉植物にどんな肥料を与えると良いのか紹介していきます。

葉に元気がない場合

直接葉に吹きかける、スプレータイプの液体肥料がおすすめです。窒素の配合が多めのものを使用しましょう。

スプレータイプは、葉から直接吸収されるため即効性に優れています。手軽で利便性が高く、初心者にも扱いやすいのが利点です。

花が咲かない場合

リン酸が多く配合された錠剤肥料と液体肥料を併用しましょう。錠剤肥料は土の上に置くことによって栄養が溶け出し、安定して効果が持続します。更に液体肥料を加えることで、錠剤肥料の効果を補強することができます。

小さい観葉植物

卓上等に飾る小型の観葉植物の場合、消費される栄養分が少ないため、肥料の濃度が高すぎると、栄養過多によって傷んでしまう原因になります。低濃度の肥料を選ぶか、水で希釈するタイプの液体肥料で水やりの代わりに栄養補給を行いましょう。

大きな観葉植物

植物が大きいと必要とされる栄養分が多いため、高濃度の肥料を選びましょう。錠剤肥料であれば数ヶ月〜1年の間安定して効果が持続します。観葉植物に合った成分比率のものを選んで与えることが大切です。10以上の比率12:12:12などを選ぶようにしましょう。

肥料の正しいやり方とは?

ここでは肥料の正しいやり方を3つ紹介していきます。

植え替えるときの肥料のやり方

植え替えの際には持続性が高い大粒の錠剤肥料を使用しましょう。小粒の錠剤肥料は効果が短いため、大粒のものを使用するのがおすすめです。

このとき、錠剤肥料が根に直接触れないようにするか、根に触れても害がないタイプのものを使用しましょう。

肥料が根に触れてしまうと根腐れの原因になります。また、植え替え直後は根が傷んでいるため、根腐れを防ぐために二週間は肥料を与えないで休息させておきます。

肥料には正しいやり方があります。ここでは正しい肥料のやり方を紹介していきます。

追肥のやり方

あらかじめ土に混ぜ込まれた元肥に対して、錠剤肥料、もしくは液体肥料の併用する形で追肥をするのが一般的です。錠剤肥料の場合は、定期的に小粒の錠剤肥料を土に置いて追加します。液体肥料の場合は、定期的に与えるか、水で希釈して水やりと同時に行います。

肥料を与える時期

観葉植物の追肥は、栄養の消費が激しい生育期のみ行います。生育期は月で言うと5月から10月頃に当たりますが、真夏は生育が鈍くなるので肥料の与えすぎに注意しましょう。

10月以降の冬の時期は、植物の成長が鈍り、栄養の消費が滞ってしまうため、追肥を行うと栄養過多で逆効果になってしまいます。冬の時期は追肥は行わないようにしましょう。

ただし、植物の種類によっては、冬に追肥を必要とするものや、花が咲き終わった後に追肥をすることで、後の生育をよくするものもあるので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

肥料を与える頻度

生育期には、1週間に1〜2回程度液体肥料を与えるか、低濃度の液体肥料を水やりの水に混ぜて与えましょう。

秋は、低濃度の液体肥料を1週間に1回程度の頻度で与え、成長が止まったと見られたら追肥を止めます。錠剤肥料の場合は、生育期には2ヶ月程度に1回、小粒のものを与えます。秋頃になったら冬の時期に備えて取り除いてください。

観葉植物に肥料を与えるときの注意点

ここでは、観葉植物に肥料を与えるときの注意点を3つ紹介していきます。

与えすぎない

必要以上に肥料を与えると「肥料焼け」と呼ばれる状態になり、土が根から逆に水分を吸収してしまい、植物が枯れる原因になります。

肥料のパッケージの説明文をよく読み、適量を与えましょう。また、観葉植物の種類によっては、肥料をあまり必要としないものや、元々強い成長力を持つものもあります。

こういった植物には、肥料の与えすぎが起こりやすいため、追肥の頻度や、肥料の量を抑えたほうが良いこともあります。

肥料は混ぜない

肥料は有機肥料と、化成肥料の二つに分けられます。腐葉土等有機物から作られた有機肥料は虫を寄せつけやすく、匂いも強いことから、室内に置かれることが多い観葉植物にはあまり適しません。

そのため、観葉植物には無機物で作られた臭いが少なく、虫が湧きにくい化成肥料を用いるのが一般的です。

し異なる肥料を混ぜた場合は、化学反応を起こす場合があります。化学反応によって植物を傷めてしまうのはもちろん、有毒ガスが発生する可能性もあり、非常に危険です。

また、肥料は単体の製品で十分な効果を出せるように配合されており、混ぜても効果が上昇することはありませんので、絶対に混合はしないでください。

弱った観葉植物にはあげない

観葉植物が弱ってしまう原因は、栄養不足だけではありません。根が傷んでいたり、日当たりや風通しが悪かったり、普段の環境に問題がある可能性があります。

根が傷んでいる状態で、肥料を与えると根腐れにつながるため、まずは普段の環境や水やりの仕方などに、問題がないかを確認してください。

そして、直射日光を避けた上で、日の当たる、風通しが良いところで休養させましょう。

追肥は、植物が回復してきたころに、低濃度の液体肥料を葉や茎に散布するように行うと効果的です。直接散布することで根に負担がかかるのを避けることができます。

 

まとめ

肥料は、観葉植物本来の美しさを保つために欠かせないものですが、扱い方によってはかえって害を与える原因になってしまうこともあります。

肥料選びの際には、肥料そのものの、説明をよく読むことはもちろん、育てたい観葉植物の特性も十分に理解した上で、目的に合わせたものを適切に与えるように心がけるようにしましょう。

 

オリーブの木の風水による置き場所は?枝のおしゃれな飾り方もまとめて解説!

オリーブ

レストランやカフェなどでもよく見かけるオリーブですが、自宅でも飾ることができたら素敵ですよね。オリーブの木はナチュラルな美しさを持つ観葉植物なので、お部屋の雰囲気をがらりと変えてくれますよ。

オリーブの風水効果や、効果的な飾り方、おしゃれなインテリアとしての飾り方まで、オリーブの魅力をたっぷりの情報をお伝えしたいと思います。

オリーブの木の風水効果は?

インテリアとしても存在感を放つオリーブですが、風水効果も高い植物です。
先のとがったオリーブの葉は「悪い気を払う」効果があり、高い枝ぶりは「悪い気から守る」といわれています。

具体的にどんな効果があるのでしょうか。見ていきましょう。

平和や幸せを与えて邪気を払う

オリーブの木には「平和」という花言葉が存在します。平和の由来は、旧約聖書のノアの箱舟の話からきています。

人間の悪い行いに怒った神が洪水を起こし、一部の生き物だけが生き残りました。ときが経ち、鳩がオリーブの葉を咥えて戻ったことで、地上に「平和」が戻ってきたことを知ったそうです。

そのため、オリーブの瑞々しい葉は「邪気を払う」だけでなく、「平和」の象徴として、沢山の人に親しまれてきました。

国花や国旗に オリーブを使用するところもあるようです。

前向きなエネルギーをもたらす(あなたの道を照らす)

オリーブの木は、とても成長が早く新しい芽が次々芽吹きます。また、日に向かって葉をグングン伸ばすことから、風水では「再生」「あなたの道を照らす」効果があるとされています。

いつでも光の方を見ているオリーブは、困難な状況にあるとき、前向きな気持ちにしてくれることでしょう。

悩みが解決しない人や、新しい道に進むのに悩んでいる人におすすめの観葉植物です。

オリーブが風水効果を発揮しやすい方角は?

方角

風水には植物の持つ「気」の性質や、置物の位置、向きを理解することが重要です。
中でも方角によって、相性があるため効果が変わります。

オリーブの悪いものから守る力、幸せを呼び寄せる力を発揮しやすい方角をみてみましょう。

白い花をつけるオリーブは北がおすすめ!

オリーブは白い花をつけるので、北の方角と相性が良い植物です。
白い色は気を浄化する性質があり、風水で鬼門とされる北東に置くと不動産運が高まるとされています。

一方、鬼門は日当たりが悪く、湿気も溜まりやすいため、枝が伸びすぎたり、鬱蒼としていると気の流れが滞ります。剪定などの手入れをこまめに行うことが大切です。

東側に飾っても大丈夫?

東の方角は朝日をたっぷり浴びることができるので、日光を好むオリーブの木を育てるのに適しています。

風水的には東は家族運や人間関係を司る方角なので、幸せを運んでくれる方位といえるでしょう。

ひとつ注意したいのは、オリーブの葉自体は東と相性の良い「緑」ですが、花は「白」だということです。東側に白色の花は運気がダウンするという説もあるので、自分の家の間取りとよく相談してみるといいでしょう。

また、花を咲かせないオリーブを置くのも良いかもしれません。

オリーブを飾るのにおすすめの位置は?

風水では方位だけでなく、家の中の位置で効果が変わります。
どんな家にしたいか、どんなパワーを期待したいかで飾りたい場所も変わってくるはずです。また観葉植物として育てやすいおすすめの場所なども紹介していきたいと思います。

家の出入口となる玄関に飾る際のポイントを紹介

玄関は人が出入りするだけでなく、「気」も頻繁に動く場所です。
風水的には玄関は「気を迎える場所」とされているため、とても重要な場所となります。

背丈の高いオリーブの木は玄関に置くだけで、悪い気が入るのを防ぐ効果があります。
そのため、オリーブを玄関に置くのは適してると言えます。

オリーブは日当たりを好む植物なので、玄関に置くときは日が当たる場所を選ぶと良いです。

家族が集うリビング に飾る際のポイントを紹介

「平和」「幸せ」の象徴であるオリーブは、家族が集うリビングに飾るのもおすすめです。 邪気を払う力が強いオリーブの木は、家族を守り困難から「再生」する力を与えてくれるでしょう。

窓やベランダなど「気」が出入りする場所に置くことで、悪い気を防ぐ働きをしてくれます。この場合も日当たり良好の場所に送るのがおすすめです。

寝室でリラックス効果を狙うのもあり! 寝室に飾る際のポイントを紹介

一日の疲れを癒し、明日への活力を充填できる場所が寝室です。オリーブの木を寝室に飾れば、鮮やかなグリーンを目で楽しむ、リラックス効果も期待できます。
更に癒し効果に加え、その力強い生命力で元気を与えてくれるでしょう。

日当たりが良くない部屋の場合、日当たりの良い場所に定期的に移動させてください。

オリーブをおしゃれに飾るポイント

オリーブ

オリーブの木は、シンボルツリーとしての役割はもちろん、インテリアとしても優れた観葉植物です。

おしゃれな飾り方のポイントを覚えておくと、お部屋がぱっと華やかになり気分も良くなりますね。

ここでは、オリーブをおしゃれに飾るポイントを紹介します。

寄せ植えの相性を考える

オリーブは単体で飾るほかに、大きめの鉢植えで他の植物と寄せ植えをしても楽しめます。
背の高い植物なので、互いに生い茂るのを邪魔しないよう、足元に近い場所に植える植物がいいでしょう。

ラベンダーなどのハーブ類は互いに殺菌効果やリラックス効果が高いので相性がいいです。
また、オリーブの木と性質が似ている植物を選ぶと、育てる手間もさほどかからないでしょう。

枝を水差しなどで活用する

オリーブの木は、とても成長が早いので、枝が伸びてきて邪魔になったり、枝通しの風通しが悪くなることがあります。

年に一度(2月~3月頃)は剪定すると、おしゃれなオリーブの木を楽しむことができるでしょう。
実は剪定した木も楽しめるのがオリーブの木の良いところです。

剪定を終えた後の元気そうな枝は、水差しに入れて食卓に飾ることができます。
また、剪定した枝を冷暗所に保管しておき、春に植えると挿し木としても楽しめるので、
普通のオリーブに飽きたなと感じる人は、枝をおしゃれに飾ることをおすすめします。

リースにして壁に飾るのもおすすめ!

剪定した枝はリースとして飾り付けても、とてもおしゃれです。
リースと聞くと少し難易度が高く感じますが、オリーブの枝と、リース台、ワイヤー、麻ひもなどがあれば簡単に作ることができます。

瑞々しいナチュラルな風合いから、ドライフラワーの渋い色味に変化していくのも楽しいですね。他のハーブなども盛り込むと、より華やかで香り豊かなリースになります。

オリーブの風水効果・飾り方に関するよくある疑問

ここまでオリーブの風水効果、飾り方について紹介してきましたが、観葉植物として元気に育てるにはどうしたらいいか、疑問に思うことが多々あるかもしれません。

そこで、オリーブを育てて飾るうえで、よく聞かれる疑問を解決していきます。

オリーブを育てるのは難しい?

オリーブは地中海の乾燥した地域が原産地なので、風通しを良くし、日当たりの良い場所で育ててあげれば難しいことはありません。室内であれば、比較的虫は付きにくい植物です。
枝の剪定をし、枝と枝の間の風通しを良くすると、虫も付きにくくなります。

葉が減っている、食べられた跡がある場合には害虫がいる可能性があるので、駆除しましょう。 冬など乾燥している季節には、土が乾いたらたっぷり水やりをしてください。水はけが悪い状態では炭疽病という、カビが原因の病気になることがあります。

寒さには丈夫ですが湿度に弱いので、風の通りやすい窓の近くなどに置いておくといいでしょう。

種類/品種によって風水効果は違う?

オリーブには500種類以上の品種があります。
例えば、背丈が長く、葉が尖ったミッションは、ハート形の実をつけオイルの原料として収穫されます。

先端が丸い形の葉を持つネバディロブランコは実が小ぶりです。
このように同じオリーブでも品種によって特徴が違うので、当然風水効果も違ってきます。

鋭い葉を持つオリーブは、玄関において邪気を払う効果が高く、丸いのオリーブは穏やかな気持ちにさせてくれる効果が高いので、リビングに置くのが適しているでしょう。

オリーブの木を風水で飾るなら日当たりに気を付けよう!

プレミアガーデン

オリーブの木は観葉植物としてだけでなく、家族を守ってくれる頼もしいシンボルツリーだということがわかります。

管理しやすく育てやすいですが、風水に重点を置いて置く場合は本体が枯れてしまうと運気が下がってしまいます。

元気に健康で育っているオリーブほど運気が向上するので、日当たりの良い場所で元気に育ててあげてください。

プレミアガーデンは元気で育てやすいオリーブを販売しております。

初心者の方でも簡単に育てることができるので、風水としてオリーブを置きたい方はもちろん、木の実を栽培したい・自分でオイルを作ってみたいなどの方にもおすすめです。

オリーブの木を育てて、素敵な運気を取り入れましょう。

プレミアガーデン公式サイト

オリーブの木の選び方!種類ごとの違いやおすすめ通販もまとめて紹介

オリーブ

風水やストレス解消の効果もある観葉植物は、インテリアとしても非常に人気が高いです。
特にオリーブは、平和の象徴とされていることから多くの人が好む植物でもあります。

観葉植物のなかでも比較的簡単に栽培することができ、オリーブの実も楽しむことができる
ので、初心者から上級者まで幅広い人たちがオリーブの木を楽しむことができるでしょう。

また、オリーブの木には沢山の種類があります。今回は、オリーブの種類や選び方などをまとめて紹介します。

オリーブを選ぶ前に知っておきたいオリーブの種類

オリーブの木には多くの種類があります。
種類によって葉の形やオリーブの実が変わってくるので、どんな特徴があるのかなども紹介します。

ルッカ

原産:イタリア
特徴(見分け方):開帳型の樹形、葉は肉厚でやや細長く、葉の端が丸まる
おすすめの用途:オリーブオイル

ルッカは開帳型の樹形種なので剪定をしてあげないと横に広がり、成長に伴い枝が捻じれるという特徴があります。果実は柔らかくオイル含有量が多い品種なので、オリーブオイルに加工されます。

ミッション

原産:アメリカ
特徴(見分け方):直立型の樹形、葉は細長く先が尖っている、葉裏が淡い銀色
おすすめの用途:ピクルスやオリーブオイルに加工される

ミッションは、直立型の樹形種なので、成長するとともに上へすらりと伸びてくれます。寒さに強く、自分の花粉で実をつけてくれる品種です。

シプレッシーノ(チプレッシーノ)

原産:イタリア
特徴(見分け方):直立型で低めの樹形、葉は大きく先が尖っている
おすすめの用途:授粉木

紹介するオリーブの中でも葉の色がキレイで、育てやすい品種です。実をつけたい場合は、他の品種を近くで栽培します。

レッチーノ

原産:イタリアトスカーナ地方
特徴(見分け方):直立型~開帳型の樹形、葉は薄くて小さく、葉や枝にツヤハリがある
おすすめの用途:オリーブオイル・ピクルス

大きな樹木にまで成長する品種で、成長スピードも早い特徴があります。樹勢が強いという特徴から、剪定しやすく、好きな形に仕立てられるという魅力があります。
レッチーノの実から加工するオリーブには、フルーツ香がします。

ネバディロブランコ

原産:スペイン
特徴(見分け方):半直立型~開帳型の樹形、葉は若干小さく裏があざやかな緑色
おすすめの用途:オリーブオイル

オリーブオイル用に栽培されるスペイン産のオリーブ品種です。他の品種に比べると開花期間が長いため、受粉用オリーブとしても活躍する品種です。

マンザニロ

原産:スペイン
特徴(見分け方):開帳型の樹形、葉は幅広で薄め
おすすめの用途:ピクルス

青リンゴのような丸い果実をつける点やあまり大きくならない品種として人気があり、世界中で広く栽培されているオリーブです。

ジャンボカラマタ

原産:オーストラリア
特徴(見分け方):直立型の樹形、葉は大きく細長い
おすすめの用途:塩漬け

リーブの中でも葉の形がキレイで、大きくて肉厚な実をつけることで人気のある品種です。自家結実性はないので、実をつけたい場合は違う品種を近くで栽培する必要があります。

観葉植物オリーブの選び方

オリーブ

オリーブの中でも人気の高い品種を7種類紹介してきました。
樹形や自家結実性、実の大きさなどに差があるものの、品種に合った丁寧な栽培を心がけることでどの品種も観葉植物として楽しむことができます。

そこで、観葉植物としてオリーブを選ぶときのポイントをいくつか紹介します。

サイズで決める

オリーブのサイズは「号」で表され、5つのサイズに分けられています。
140㎝以上は10号、100㎝前後は8号、90㎝前後は7号、50㎝前後は6号、40㎝前後は3号です。

室内でインテリアとして置く場合は3号・6号を、玄関や野外で育てる場合は7号の90㎝以上を選ぶと良いでしょう。

樹形で決める

紹介したオリーブの中でも大きく育つレッチーノという品種もあれば、あまり大きくならないマンザニロ、上へすらりと伸びてくれるミッションなど、品種によって樹形が異なります。

観葉植物として部屋の隅に置くのであればミッション、卓上に置きたい場合はマンザニロ、広いお庭のシンボル樹木として植えたいのであればレッチーノといった選び方をすると、雰囲気や用途にあったオリーブを置くことができるでしょう。

実の収穫しやすさで決める

オリーブを育てる楽しさと同時に実を収穫することができるため、食する楽しさも味わいたいのであれば、自家結実性のあるオリーブを選ぶと良いでしょう。

その場合は、ミッションという品種がおすすめです。
その他の品種でも、違う品種を近くで育てれば果実を楽しむことができます。

実によってベストな加工方法があるので、何を作りたいかで選ぶのも良いかもしれませんね。

オリーブを育てるなら土・鉢選びも重要!

オリーブを上手に育てるなら、栽培する環境に注意する必要があります。

特に大切なのが、オリーブに合った土と鉢を選ぶことです。
ここではどのように土と鉢を選んだらよいのかを紹介します。

土選びのポイント

オリーブの木は“酸性”の環境が苦手です。日本には酸性土壌が多いほか、雨が当たる場所に置いている場合は雨で土が酸性になるため、オリーブがうまく育ちません。

アルカリ性の環境においてあげるために、苦土石灰や貝殻石灰などを含ませ、オリーブが好む6.5~8ペーハー(ph)に調整してあげましょう。

鉢選びのポイント

オリーブは品種によって成長スピードが異なりますが、非常に大きく育ちます。そのため、鉢植えをしている場合はバランスが悪くなってくるため注意が必要です。

プラスチックの鉢を選び、玄関やベランダに置いている場合は暴風雨で倒れないよう重りを鉢の中に置くと良いでしょう。

素焼き鉢の場合は重心を下に持ってくることができるのでプラスチックよりは安心です。ただし、倒れると割れて危険なので注意しましょう。地植えの場合は大きくなることを想定し、近所の方に迷惑がかからないか、他の樹木との兼ね合いも考えて植えると良いです。

オリーブの木を購入する通販選びのポイント

通販 植物

オリーブの木は通販でも購入することができます。
通販で購入する場合は、以下のポイントを押さえましょう。

  • 商品の豊富さを確認
  • 料金相場と比較をする

なぜこのポイントを押さえる必要があるのか、具体的に解説します。

商品の豊富さを確認

オリーブを通販サイトを選ぶときにチェックして欲しいのは、オリーブの取り扱いが豊富かどうかです。

取り扱い数が多いほど、オリーブの品種、大きさ、形など好みのオリーブと出会うことができるでしょう。

料金相場と比較する

通販サイトを利用してオリーブを購入するなら、あらかじめオリーブの相場を確認しておくと良いでしょう。

例えば、卓上用4.5号ポットであれば800円前後、6号の苗木になると5,000円前後、8号ほど
になると10,000円を超えてきます。

ポットで売っているものからオシャレな鉢が付いているもの、形がいいもの等で値段が左右します。

相場と購入価格を比較しながら、納得したうえで購入するために、料金とオリーブを比較しながら購入しましょう。

オリーブはレンタルもできる

オリーブに留まらず、観葉植物はレンタルすることもできます。

花と異なり意外と大きく成長してしまう可能性が高い観葉植物は、何年か育てていると「手に負えなくなってしまった」というトラブルが起きやすいです。

そこでおすすめなのがオリーブなども観葉植物のレンタル。
レンタルサービスを利用することで、ずっと面倒を見る必要がないだけでなく、オリーブ以外にも様々な種類の植物を置いて楽しむことができます。

季節ごとに観葉植物を入れ替えれば、室内でも気軽に四季を楽しむことができますね。
ただ、オリーブの実を育てたいという人には不向きなので注意しましょう。

プレミアガーデンでオリーブの木を購入しよう

プレミアガーデン

プレミアガーデンには、初心者でも育てやすい丈夫なオリーブの木を販売しています。
種類も豊富なので、オリーブの実を栽培してみたい人にもおすすめです。

また、オリーブの木に実を付けるためには、品種の違うオリーブの木を栽培するひつようがあります。

種類が豊富なぶん、複数のオリーブを見比べながら購入することができるので、用途に合わせてオリーブの木を栽培してみてはいかがでしょうか。

プレミアガーデン公式サイト

観葉植物オリーブの育て方!水やりから地植えまで徹底解説!

オリーブ

オイルが有名なオリーブは観葉植物としても人気があり、インテリアとして実際に育てている人はもちろん、これから育ててみたいという方もいるのではないでしょうか。
しかし植物をきれいに育てるには関連する知識が必要です。

今の記事では基礎知識や植え替えについてなど、オリーブを育てる上で必須の情報をご紹介します。

オリーブの育てる前に必要な準備

オリーブを育てる場合は、育てる前にどんな環境で育てるか決めます。オリーブを育てられる環境以下の2つです。

  • 庭に地植えをする
  • 植木鉢で育てる

ここでは、オリーブを育てるのに必要な準備を方法別に紹介します。

庭に地植えして育てる場合

オリーブの木はガーデニングにおいても人気が高いのです。最初から、あるいは途中で植え替えをして地植えで育てる方も多いでしょう。
オリーブを地植えで育てるときに大切なのは「土」です。

土は小さな粒が水分で塊になっているもので、水はけと水持ちが適度に良い土が適しています。また陽オリーブは酸性の土に弱いので、植える予定の場所の土を苦土石灰でpH値を6.5~7.0程度まで調整しておきましょう。

室内やベランダで鉢で育てる場合

オリーブの木は土の量が多いほど根が成長するため、あまり大きな植木鉢を使用してしまうと、オリーブが大きくなりすぎてしまいます。
そのため、程よく育つことができる7号~10号の大きさの鉢を選びましょう。

さらに、大きさと同じくらい重要なのが、鉢の材質です。
プラスチックは軽いためお世話しやすいだけですが、水はけが悪いので根腐りしやすくなります。

素焼きは水を吸収しやすい鉢なので、適度に乾燥しやすいのが特徴です。
そのため、オリーブを上手に育てるなら素焼きの鉢が良いでしょう。

オリーブを元気に育てる水やり・環境づくりのポイント

オリーブを育てるには土や鉢だけでなく、様々なことに気を付ける必要があります。
特に水やりや育てる環境には気を配りたいです。

具体的にどんなことに気を付けるべきかポイントを紹介します。

環境づくりのポイント

オリーブはもともと地中海原産の木なので、原産地に近い環境を整えるとよく育ちやすいです。

基本的に寒さに強く、気温が低くないと実を付けにくいですが、温かい場所を好みます。
湿度には弱いので風通しと日当たりがいい場所が適しているでしょう。

肥料は年に3回、3月にゆっくり効果の出る有機質肥料を、6月と実を収穫したあとの11月に即効性のある化成肥料を与えましょう。

水やり

オリーブへの水やりは地植えか鉢植えでポイントが変わります。
どちらもたっぷりと水を与える必要がありますが、必要以上に与えて根腐れさせないよう注意しましょう。

具体的な水やりの方法を紹介します。

庭に地植えして育てる場合

日本は雨が降りやすいこともあり、地植えしている場合には基本的に水やりをする必要はありません。

熱く日差しが強い夏に雨が1・2週間降らない日が続くと流石に土の中まで乾燥してしまうので、枝の下の範囲に満遍なく水をあげるといいでしょう。

地面の表面だけでなく奥まで水が染み込むよう、たっぷりと水を与えるのがポイントです。

室内やベランダで鉢で育てる場合

鉢植えで育てている場合は、土の表面が乾いていたら水やりを行うようにしましょう。
目安としては1・2日に1回程度です。

しかし、普通に水やりをすると水に跳ねた泥が木に付着して、カビや病気の原因となることがあります。

水やりをする場合は、じょうろやホースにハス口を付けて水の勢いを弱めてあげましょう。

オリーブの植え替え・植え付けの方法

オリーブ 苗

オリーブの木は観葉植物の中でも大きくなる品種です。だいたい2年ほどするとだいたいの木が根詰まりを起こして、成長が遅くなったり葉が落ちるトラブルが引き起こされる可能性があります。

そのため、オリーブをきちんと育てるには、植え替えや植え付けが必ず必要になるでしょう。オリーブの植え替えと植え付けの手順は同じなので、まとめて紹介します。

植え替え・植え付けに適した時期は?

オリーブの植え替えや植え付けは、寒さの和らいでくる2月中旬〜3月頃が適しています。
夏は花が咲いているため、なるべく避けてください。

とはいえ、根の成長が早いオリーブは、根詰まりに気付いたらすぐに植え替えをする必要があります。
植え付けも同様の時期に行うのがベストです。

鉢への植え替え(鉢まし)の方法

オリーブを鉢から抜いたら根鉢を軽くほぐします。
新しい鉢の底にネットを敷き、鉢底石を3センチほど敷き詰め、鉢のふちまで3センチほどの高さまでオリーブ専用の用土を使い、植え付けを行います。

植え替えが終わったら、沢山水やりをしてあげてください。

庭での植え替えの方法

まず植え替えの1ヶ月以上前に、植える予定の場所の土を深さ・直径共に50センチほど掘ります。掘った土にpH6.5〜7.0になるように調整した苦土石灰や、栄養源として腐葉土などを混ぜて、土を戻しましょう。

植え替えの時期になったらオリーブの根鉢を軽くほぐしてから植え、株元が地面の高さと並ぶように均してください。
最後に支柱を立ててあげて水を与えれば植え替えは完了です。

オリーブの果実を収穫するには?

オリーブと聞くと果実ができるのか疑問に思いますよね。もちろん、観葉植物のオリーブも果樹なので果実を収穫することができます。

しかし、ただ育てているだけではオリーブの実はできません。実を付けるにはどんな方法が必要なのでしょうか。オリーブの果実を収穫する方法を紹介します。

収穫時期

オリーブの収穫時期は9月~2月頃ですが、時期によって果実の状態が違います。
この実は、緑→赤→黒紫の順に変化するため、オリーブの実をどのように育てたいかで、収穫の時期を見ていくとよいでしょう。

オリーブの実を塩漬けにしたい場合は、9月~10月に収穫できる緑の実を使用すると良いです。

オイルにしたい場合は実が完熟した黒い実を使うと良いでしょう。

受粉方法

実はオリーブは1本では実を付けることができません。近所にオリーブの木がない場合は、
同時に2本以上の違う種類を育てる必要があります。

特に、初めての人は花粉量の多い品種を選ぶと実がなりやすいでしょう。
花粉が多く実がなりやすい品種は以下の4つです。

  • コロネイキ
  • チプレッシーノ
  • ネバディロ
  • ブランコ

剪定のポイント

オリーブの内部まで陽を届けるため、そして木の背丈を管理するために、剪定は必要不可欠です。剪定時期も植え替えと同じく、2月中旬から3月が適しています。

高さや横の広がりを抑えるために大きく切り落とすと、そこから逆に不要枝が増えるので、好みの大きさに整えたい場合は数年スパンで調節するよう計画を立てましょう。

オリーブを育てる際のよくある疑問

悩む 女性 

オリーブは人気のある観葉植物ですが、それだけに疑問とその答えは出揃っています。
特に害虫・病気・開花は、オリーブによくある疑問です。
ここではオリーブに多い疑問を解説していきます。

害虫の被害は多い?

害虫被害は基本的に少ないですが、それでも枝葉をかじる害虫が湧くことがあるので、殺虫剤を散布して対策する必要があります。
無農薬で育てたい場合は、比較的害虫が湧きにくい屋内で鉢植えにするのがおすすめです。

とはいえ、害虫がつかないわけではないので、こまめにチェックする必要があるでしょう。

病気の対策方法は?

オリーブがよく罹る病気には、梢枯病と炭疽病があります。
どちらも炭疽病菌というカビの一種が原因で起こる病気です。

カビの一種なので、しっかりと枝を間引いて風通しや日当たりを良くすることである程度予防できます。

発症した場所から広がる性質があるので、もし発症していた場合早急に発症した枝や果実を切り落として除去しましょう。

傷口には消毒液を付けておかないと、切り落としただけでは病気が治らないので気を付けましょう。

花が咲かない場合はどうするべき?

オリーブの花が咲かない原因は様々です。特に以下の原因が多い傾向にあります。

  • 寒さが足りない
  • 若すぎる
  • 日当たりが足りない
  • 肥料が足りない

ホームセンターで挿し木を購入した場合は、花が咲くまで5年近くかかる場合があります。また、年齢が適正でも1月頃に10度以下の気温に20日以上当てないと花芽がつきません。

日当たりが悪かったり栄養不足でも花を咲かすことができないので、しっかりと肥料を与えるようにしましょう。

基本的には数年育て続け、冬には外の冷たい空気に晒し、日当たりのいい場所に置いたり邪魔な枝葉をしっかり間引けば、花を咲かせることができます。

初めてオリーブを買うときは育てやすいものを選ぼう

オリーブは観葉植物として人気ですが、観葉植物として見ごたえのある状態まで育てるには時間がかかります。

小さい苗木の頃は育てるのも比較的難しいので、育てやすい大きさになったオリーブの木を選ぶのが良いでしょう。

プレミアガーデンでは、初心者の方でも簡単に育てることができる丈夫なオリーブを販売しています。

  • インテリアとして育てたい
  • オリーブの実を栽培したい
  • 自分でオイルを作ってみたい

こういった方はぜひオリーブを育ててみてはいかがでしょうか。