人気の観葉植物の種類15選!小型から大型まで特徴や名前を紹介!

室内の雰囲気をガラッと変えてくれる観葉植物。

生活に取り入れるだけで、心身ともにリラックスできる癒しの存在ですよね。

この記事では、そんな観葉植物の中でも特に人気のあるものの種類や名前に加え、特徴などもご紹介します。

小型から大型まで15種類の観葉植物をまとめていますので、ぜひ参考にされてみてください。

 

定番のおすすめ観葉植物の種類

はじめにご紹介するのが、定番とも言えるおすすめの観葉植物です。

初めて観葉植物を育てるという観葉植物初心者の方は、今からご紹介する5つの種類から選んでみるのもおすすめですよ。

 

サンスベリア

空に向かってまっすぐ伸びる姿が印象的な「サンスベリア」。

スタイリッシュでおしゃれな雰囲気のある観葉植物なので、インテリアショップやカフェなどでもたびたび目にする人気者です。

「サンセベリア」や「トラノオ」と呼ばれることもあるこの植物は、とっても丈夫。

多肉植物の仲間で乾燥に強いので、たとえ過酷な環境に置いていたとしてもぐんぐん成長してくれるのが魅力です。

日光が大好きな観葉植物ですので、ぜひ窓辺などの明るい場所に置いてあげてください。

ただし、蒸れに弱いという特徴があるので、水のやりすぎは控えましょう。

 

パキラ

古くから不動の人気を誇る「パキラ」。

原産地はブラジルで、日当たりを好む観葉植物です。

日光がしっかり届く場所に置くようにしましょう。

耐寒性には弱いですが、耐暑性には強いという特徴があります。

日本国内では小さなものも売られていますが、原産地のブラジルではとても大きくなるものが多く、大きなものだとなんと20mにもなるという情報もあります。

 

エバーフレッシュ

「アカサヤネムノキ」という名前も持つ「エバーフレッシュ」。

葉の形が美しいので、おしゃれな観葉植物としても有名ですよね。

エバーフレッシュの葉は、夜になると閉じるという特徴があります。

一日のうちに姿の変化が楽しめるという、珍しい観葉植物なんですよ。

日光が大好きで、どんどん育っていくので剪定が必要です。

好みの大きさになるように思い切って剪定してください。

 

モンステラ

室内の雰囲気をワンランクアップさせてくれる「モンステラ」。

さまざまな品種がありどれも葉の形がかわいらしいので、思わず写真に撮りたくなってしまうような観葉植物ですよね。

モンステラは水が大好き。

水やりはもちろんのこと、葉水もしっかりおこなってあげてくださいね。

 

ガジュマル

力強い雰囲気が魅力の「ガジュマル」。

沖縄には「キジムナー」という精霊が宿るという言い伝えもありますよね。

耐暑性の強い観葉植物ですが、夏場の直射日光は苦手です。

夏場には日陰や半日陰などに置き場所を変えてあげるようにしましょう。

風水的にも良い植物なので、観葉植物でさまざまな効果を得たい方にもおすすめです。

 

ミニサイズのおすすめ観葉植物の種類

次は、ミニサイズのおすすめ観葉植物を見ていきましょう。

 

ハオルチア

ぷちぷちとした姿がかわいらしい「ハオルチア」。

多肉植物の一種で、ファンが多いことでも有名ですよね。

一年にわたって室内で育てることができ、手入れ方法も簡単なので初心者にもおすすめです。

さまざまな品種があり、斑入りのものもかわいいですよ。

 

リプサリス

ちょっぴり変わった観葉植物をお探しの方におすすめなのが、「リプサリス」です。

葉の形がユニークで、男性にも人気のある存在ですよ。

リプサリスは根腐れをおこしやすいので、風通しの良い場所で育てるのが鉄則です。

 

フィットニア

「フィットニア」もユニークな形が魅力の観葉植物です。

育て方が上手だと葉をどんどん広げてくれるので、大きくなりすぎた場合は植え替えをおこないます。

植え替えを実施する場合は、5月から7月の間におこなうようにしましょう。

詳しい植え替え方法は、植物図鑑などの目次で調べてみてくださいね。

 

ペペロミア

「ペペロミア」も珍しい観葉植物です。

原産国は熱帯地域なのですが、あまり日当たりは好まない植物なので気をつけましょう。

基本的に半日陰で育てます。

 

ピレア

たまご型の葉っぱがかわいらしい「ピレア」。

ペペロミアと同じように熱帯地域の観葉植物ですが、基本的に日陰か半日陰が好きだという特徴があります。

耐寒性が弱いため、冬場は必ず室内で育ててあげるようにしてくださいね。

 

大型のおすすめ観賞植物の種類

最後にご紹介するのは、大型のおすすめ観葉植物です。

 

ドラセナ

日本では「幸福の木」としても有名な「ドラセナ」。

小さな状態で売られていることもありますが、実はとても大きくなる観葉植物です。

背の高い観葉植物をお探しの方には特におすすめです。

ドラセナは初心者でもとても育てやすい植物。

基本的には日当たりの良い場所で育てます。

 

ツピタンサス

「シェフレラ・ピュックレリ」という別名もある「ツピタンサス」。

こちらもドラセナと同様に、とても大きくなる観葉植物です。

葉の形が細く繊細な印象があるため、女性から好まれる傾向にあります。

 

ゴムの木

おしゃれな雰囲気が魅力の「ゴムの木」。

街中で見かけることも多い観葉植物ですが、育て方はとても簡単。

水やりさえ欠かさなければ、どんどん大きくなってくれまので、ずぼらな方にもおすすめです。

 

オーガスタ

「ゴムの木」と同様、おしゃれなカフェなどでよく見かける「オーガスタ」。

バナナの葉に似ている観葉植物で、大きなものはなんと60m以上の高さにもなるんです。

日差しは好みますが、意外と耐陰性もあるので日当たりが悪い場所にお住まいの方にもおすすめできる観葉植物です。

 

ウンベラータ

「ウンベラータ」もおしゃれな観葉植物の代表選手。

葉っぱがハート型をしており、プレゼントにも最適です。

ウンベラータもとても育てやすい観葉植物。

日当たりの良い場所で育ててくださいね。

 

まとめ

観葉植物にはさまざまな種類が存在します。

今回の記事を参考に、ぜひお気に入りの一鉢を見つけてみてくださいね。