お見舞いの花束の金額はいくら?相場以下の格安価格で購入できるおすすめショップ3選!

病院などお見舞いに行く時、花束をよく持っていきます。 しかしどのような種類の花を持って行ったらいいのか、またはどの程度のボリュームが一番いいのか、とても迷ってしまいます。 花の種類によって価格は変わり、 盛り付け方によっても価格に違いがでます。そこで今回は花束の価格に焦点を当てて、お見舞いに持って行く時の花束について考えてみます。

 

お見舞いに贈る花束の金額相場の目安は?

病院や福祉施設にお見舞いに行く際、 プレゼントやギフトを持っていきます。さすがに手ぶらで持っていくことはマナーに反することです。そこで果物やお菓子など食べ物を持っていくことはよくあることです。ただ、食べ物は日持ちの問題もありますし、贈る人の好き嫌いの問題もあります。

 

それならと、一番無難な花束を持って行く方は多いのではないでしょうか。 花束なら病室にも飾れるし、 病人への癒しの効果も期待できます。 しかし、どの程度の価格の花束を贈ればよいか分からなくなってしまいます。

 

日頃、お店で花を買う習慣がないため、お見舞い用の花束がいくらぐらいになるか全く見当がつきません。しかしながら一般的な相場観としては,、5,000円がひとつの目安になると言われています。この価格なら決して安くはないし、高くもなくちょうどいい価格設定になります。まずは5,000円を目安に花束の予算を検討したいものです。 

 

お見舞いにお花を贈る際のマナーや注意点

花束の予算を5,000円に設定しても、 マナーや注意点を考慮しておかなければなりません。 価格の高い花束は贈る相手への負担にもなります。 プレゼントへのお返しのことを考えれば、あまり高い価格の花を贈ることは極力、控えた方がいいです。なるべく5,000円を上限として、それ以内に抑えることもマナーとして必要ではないでしょうか。

 

次に花の形態として「鉢植え」は避けたいものです。 これは衛生上の問題もありますが、鉢植えには言葉の持つ意味の問題点があります。 根が土に根付くは、寝付くを連想させ、縁起が悪いといわれています。

 

病院や介護を必要とする人は回復を待っています。 その回復を妨げる言葉の意味はどうしても避けたいものです。だから鉢植え贈ることは、花を贈る人への配慮を著しく欠いた行為にあたります。まず花選びの第一歩として確認しておきましょう。 

 

お見舞いする方への縁起の問題や、花の手入れのことを考えれば フラワーアレンジメントがおすすめです。 フラワーアレンジメントなら花瓶などを用意することなく、そのまま病室に飾ることができます。

 

見舞いにおすすめの花束の種類と色合い

フラワーアレンジメントは彩りがとても綺麗です。華やかな花々が部屋の雰囲気を明るくしてくれます。憂鬱な日々が続く入院生活にメリハリを与えてくれる効果が期待できます。ただ一点、注意することがあります。花の色です。

 

赤や黄色、オレンジといった色は問題ありませんが、青や紫といった装飾は避けるべきです。こちらも縁起に関わります。特にブルー系や白は、葬儀の際のお悔やみでよく見られる色です。

 

入院してこれから退院といった方へはふさわしくない色となります。常に前向きに未来に向かって開ける色が贈る方への励ましの意味にもつながります。できれば赤、ピンク、黄色、オレンジなどの組み合わせで色の配置を考えて見たいものです。

 

花の種類としてはガーベラが無難です。ニオイはきつくなく、彩りもきれいで、花言葉が“希望”だからです。いいニオイが強ければ贈る方や同部屋の人にも迷惑がかかります。シクラメンやチューリップはニオイはあまりしませんが、 ネガティブなイメージを連想させると言われています。このようなことを総合的に考えるとガーベラがもっとも贈り物としては 適していることになります。

 

金額以上に豪華なお見舞い用花束を買うならココ!

プレミアガーデン

プレミアガーデン
引用元:プレミアガーデン公式サイト

3,000円から6,000円の価格帯の花が多数ラインナップされています。 お見舞い用の花束に適しているものがいくつもありますから、 遜色なく選んでいただくことができます。 新規会員登録で500ポイント、お買い上げ毎に3%のポイントが貯まる得点が用意されています。

 

花キューピット

花キューピット
引用元:花キューピット公式サイト

全国約4700店の花屋よりお届けする通販サイトです。花のことで分からないことがあれば「花キューピット」が無難です。取扱店舗数がとにかく多く、種類や価格がとてもバラエティだからです。また、当日お昼の12時までに注文すれば、その日のうちに届けられることも可能です。急ぎの時にはとても便利なサイトです。 

 

イイハナドットコム

イイハナドットコム
引用元:イイハナドットコム公式サイト

1,000円を下回る価格の花も販売されています。お財布事情が厳しい若い方にはおすすめできそうなサイトです。お昼の1時までの注文で翌日配達できるのもうれしい限りです。

 

まとめ

お見舞いの方へ贈る花束はいくつか気をつけておく注意点があります。特に花の形態や種類、彩りは大事にしておきたい点です。また、花束の価格は5,000円を目安にするようにしましょう。高くも安くもなく相手にとって失礼がありません。

この5,000円を基準に考えることで、花の種類や色、ボリュームなども必然的に絞り込まれていきます。贈る相手にメッセージを添えるなどして、心のこもった花束を贈ってください。