胡蝶蘭の値段が高いのはなぜ?高級でも人気のある理由を紹介!

お祝い事にはもちろん、悲しみの席にも贈ることができる胡蝶蘭。

見た目が美しく、幅広い世代から人気のあるお花です。

けれど、胡蝶蘭はほかの花に比べると、値段が高いという傾向がありますよね。

どうして胡蝶蘭の値段は高いのでしょうか?

この記事では、胡蝶蘭の値段が高い理由と高額なのにも関わらず人気がある理由をご紹介します。

胡蝶蘭を安く買うことができるショップも紹介していますので、ぜひ参考にされてくださいね。

胡蝶蘭の値段が高い理由は?

はじめに胡蝶蘭の値段が高い理由を見てみましょう。

種を発芽させるのが至難のワザだから

胡蝶蘭は「種」を使って増えていきます。

けれど、胡蝶蘭の種を土に撒いても、その種が自然に発芽するのはほとんど奇跡に近いことなんです。

この奇跡をただただ待っているわけにもいきませんので、胡蝶蘭の種はもともと人工的に発芽させるのが一般的でした。

フラスコを無菌状態にしたものの中に胡蝶蘭の種を入れ、2~4年ほどの長い歳月をかけて培養していたというわけなんです。

現在は種から人口発芽をさせる方法をとっている胡蝶蘭は少なくなってきていますが、30年程前まではこの方法が主流でした。

こういった理由があるため、胡蝶蘭は昔から高額なんです。

海外から苗輸入にコストがかかっているから

種を発芽させるのに、最長4年もの歳月がかかってしまう胡蝶蘭。

その後、花を咲かせてフラワーショップに並べることができる状態まで育てるには、あと3年かかるのが一般的なんです。

ひとつの胡蝶蘭を売り物にするために、ここまで長い時間を費やしていたのでは販売する値段を下げるわけにもいきませんよね。

そこで、現在では海外の苗を日本国内に輸入するという方法が主流になっているんです。

そのため、30年程前よりも胡蝶蘭を比較的お手頃に購入することができるようになったんですね。

けれど、胡蝶蘭の苗はとても繊細なので、輸送するのにコストがかかっているというのも事実なんです。

そういった背景があり、胡蝶蘭は現在でも高額な花の代表なんです。

 

胡蝶蘭を仕立てるのに手間がかかっているから

フラワーショップに並んでいる胡蝶蘭は、プロの職人さんたちの手によって見栄えがよくなるように仕立てられています。

一般的な胡蝶蘭は花がすべて正面を向いており、茎が美しく曲がっていますよね。

あれは職人さんたちの手によって仕立てられたものなんです。

この「仕立て」は手作業でしかおこなえないため、胡蝶蘭はどうしても値段が高くなっているんです。

値段が高い胡蝶蘭が人気な理由は?

数ある花の中でも値段が高いことで知られる胡蝶蘭ですが、なぜこんなにも人気があるのでしょうか?

見た目が群を抜いて華やかで上品だから

世の中にはさまざまなお花がありますが、胡蝶蘭の華やかさは別格と言っていいでしょう。

花の美しさはもちろんのこと、茎も長いことによる全体的なボリュームがあるので、ひとつ飾るだけでその場が一気に華やかになりますよね。

けれど、胡蝶蘭には華やかでありつつも、どこか控えめな「品」があるんです。

「華やかだけど上品」…そんな胡蝶蘭特有の見た目が、人気の理由のひとつなんですね。

胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」という花言葉を持っているから

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」というものなんです。

「幸福」、「幸せ」などを持つ花はたくさんありますが、胡蝶蘭の場合はその幸福が「飛んでくる」という更にポジティブなものなんですよ。

開店祝いや昇進祝い、新築祝いなどにはもちろん、お誕生日や母の日などの記念日にもぴったりの花言葉ですよね。

また、ホワイトの胡蝶蘭には「純粋」という花言葉もありますので、「幸福が飛んでくる」という花言葉がしっくりこないような場面であっても贈ることができるわけです。

寿命が長いから

胡蝶蘭のお花は、平均して1~3ヶ月もの長い期間美しく咲くことでも知られています。

一度贈ると相手の方は長期間に亘って美しいお花を楽しむことができるので、コスパが高いんですね。

また、胡蝶蘭の鉢植えの場合、その寿命はなんと50年以上とも言われています。

一度開花すると長く楽しめるお花なので、胡蝶蘭は値段が高くても人気なんですよ。

高い胡蝶蘭をお得な値段で購入するには?

最後に高い胡蝶蘭をお得に購入できるショップを3つご紹介します。

プレミアガーデン

プレミアガーデン
引用元:プレミアガーデン公式サイト

プレミアガーデンは、「株式会社PREMIER GARDEN」が運営しているショップです。

胡蝶蘭の値段は、税別9,200円~50,000円となっています。

プレミアガーデンの胡蝶蘭は背が高く、他のショップと比べると1.2倍以上も背が高くなっているのが特徴なんです。

その分、とても見栄えがしますので「ゴージャスで見栄えのする胡蝶蘭をなるべくリーズナブルに手に入れたい」という方にはおすすめです。

 

ひとはな

hitohana
引用元:HitoHana公式サイト

ひとはなは、花や観葉植物などを取り扱っているショップです。

「株式会社Beer and Tech」が運営しています。

胡蝶蘭の値段は、税込3,850円~132,000円です。

ひとはなの胡蝶蘭は、豪華さや品の良さの中にもおしゃれでスタイリッシュなイメージが漂うのが特徴です。

お若い方へのプレゼントや、ヘアサロンやアパレルショップの開店祝いなどにもおすすめです。

 

ビジネスフラワー

ビジネスフラワー
引用元:ビジネスフラワー公式サイト

お祝いとお供えのためのお花を取り扱っているのが、「ワールドコーポレーション株式会社」が運営しているビジネスフラワーです。

胡蝶蘭は「アレンジ」、「ミディ」、「中大輪」、「大輪」の4つのカテゴリに分けられているので、目的別に探しやすいのが嬉しいですね。

値段はアレンジが税別4,000円~300,000円、ミディが税別3,000円~55,000円、中大輪が税別20,000円~35,000円、大輪が税別5,000円~300,000円となっています。

 

まとめ

胡蝶蘭はさまざまな背景がありどうしても値段が高くなってしまうお花ですが、その以上に素晴らしい魅力を持っています。

お祝いやお供えにも対応できるお花ですので、プレゼントの候補のひとつに加えられてみてはいかがでしょうか?