観葉植物をプレゼントするときに読んでおきたい!!観葉植物を贈るときのマナーや注意点を解説

観葉植物はプレゼントで贈る機会が多く開店祝いお祝いシーンで贈られたり、部屋のインテリアとして観葉植物を飾っている人も多いですよね。観葉植物を贈るなら、相手に喜んでもらいたいと思うはずです。

 

そこで今回は観葉植物を贈るときのマナーや注意点を解説していきます。

どのようなときに観葉植物をプレゼントするのか

どのようなときに、観葉植物をプレゼントすれば良いのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。普段からプレゼントする習慣がなければ、観葉植物をプレゼントで贈る機会はなかなか少ないものです。

 

一般的には、開店祝い、引っ越し祝い、誕生日や母の日・父の日に観葉植物をプレゼントする機会が多く、このほかにも、お祝いごとがあれば、フラワーギフトとして観葉植物をプレゼントに贈られているようです。

観葉植物はプレゼントにおすすめ

観葉植物は気軽にプレゼントすることができ、お祝いされている気持ちをダイレクトに伝えることができます。そのため、プレゼントする物に悩んでしまった際には観葉植物がおすすめです。

 

植物を育てることは難しいと考えてしまいがちですが、一般的に観葉植物は育てやすくなっています。

 

育てやすいこともあり、枯らしてしまう心配が少なく、安心して育てることが可能です。

観葉植物など育てたことがない人にプレゼントする際は簡単な育てるポイントを教えるだけでも問題なく育てることができる場合が多いのです。

 

もし、育てるポイントがわからないときは、お花屋のスタッフに育てやすい観葉植物を選んでもらったり、水やりの回数など、購入した観葉植物を育てるコツを聞いておくと良いでしょう。

観葉植物をプレゼントする際のマナー

観葉植物をプレゼントするのであれば、贈る際のマナーをしっかりと把握しておくことが大事です。

 

プレゼントするときのマナーを守らないで贈ってしまうと、相手の迷惑になってしまったり、お祝いの気持ちが、うまく伝わらなかったりする原因にもなります。

 

ここでは、観葉植物をプレゼントする際のマナーを紹介します。観葉植物をプレゼントしようと考えている人はぜひ、参考にしてください。

タイミングが大切

観葉植物をプレゼントする際には、タイミングが重要です。タイミングがズレてしまうと相手に迷惑をかけてしまう可能性があります。

 

開店祝いの場合は、開店当日までに届くように贈るのがマナーです。

 

当日や前日にプレゼントしたほうが祝いの気持ちが伝わりやすいと考えてしまう方もいると思いますが、当日や前日は準備などでバタバタしている可能性が高いため、プレゼントするタイミングとしてはおすすめできません。

 

また大幅に遅れてしまった場合は立札に「開店・開業」という言葉を入れずに、繁盛を祈願するという意味の「祈御発展」などの表記にし、メッセージカードに「お祝いの言葉、遅れてしまったことについて」一言添えて贈るようにしてください。

 

誕生日や父の日・母の日に観葉植物をプレゼントしようと考えている場合は、前日や当日の

方がタイミングとしてはおすすめです。

 

誕生日やイベントなどの場合は、1週間前に渡してしまうと、早いと感じられてしまいがちです。観葉植物をプレゼントするときは、贈るタイミングに注意するようにしましょう。

サイズに気をつける

観葉植物といってもさまざまな大きさで販売されています。観葉植物をプレゼントする目的や相手に応じて適したサイズのものを贈らないと、かえって、迷惑になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

開店祝いの場合は、お店の規模にもよりますが、ある程度大きくてもあまり、迷惑にならないケースもあり、もらった側はそのまま店内に置くことができます。

 

一方、誕生日や引っ越し祝いなど一般の人に観葉植物をプレゼントする場合は、小さいサイズがおすすめです。

 

大きすぎると室内に置くことができなかったり、管理できなかったりする場合もあるため、迷惑に感じられてしまいがちです。

 

ですが、あまり小さいサイズだと、お祝いの気持ちが伝わりにくく、少し見栄えも劣ってしまうため、一般的なサイズの鉢に植えられている観葉植物を贈るようにしましょう。

立札を立てておく

観葉植物をプレゼントする際には立札を立てておくことを贈るのがマナーになっています。

立札には自身の名前や企業名を記入することが一般的です。

 

立札を立てる目的は誰がプレゼントしてくれた観葉植物なのかを、すぐにわかるようにするためです。

 

開業祝いなど多くの人が観葉植物などをプレゼントする際にも立札は必要です。しかし、誕生日や母の日や父の日には立札の必要性は低く、立札ではなく、メッセージカードなどを添えて贈ると観葉植物と一緒に感謝の気持ちを伝えることができます。

観葉植物をプレゼントする際の注意点

観葉植物をプレゼントする際には注意しなければならないポイントがあります。上記で紹介したマナーを守りつつ注意点にも配慮してプレゼントするようにしましょう。

ここでは、観葉植物をプレゼントする際の注意点を紹介します。

贈る相手が観葉植物を育てることができるのか?

相手が観葉植物などを育てることに興味がない人には贈らないようにしましょう。人によっては植物に興味がなく、室内に観葉植物を置く概念がない人もいます。

 

そういう方に観葉植物をプレゼントしても迷惑に感じられてしまいやすく、お祝いの気持ちも伝わりにくくなります。

 

そのため、観葉植物をプレゼントする前に相手が植物に興味があったり、観葉植物を育てているのかを確認しておきましょう。

育てやすい植物を選ぶ

観葉植物は一般的に室内に置いておいても育てることができるため、手間がかからない種類の植物ですが、なかには手間をかけなければ育てることができない観葉植物もあります。

 

育てやすい植物を選んであげることでプレゼントされる側も簡単に育てることができ、枯らしてしまうリスクを下げることができます。

 

また、葉っぱが落ちやすい植物は掃除の手間が増えてしまうため、観葉植物としてはおすすめできません。

赤い物は選ばない

観葉植物をプレゼントする際にあまり知られていない注意点にお祝い事に赤色はタブーとされています。特に、開店祝いや新築祝いなどのお祝い事に対して、赤色は「火事、赤字」などを連想してしまうので、縁起が悪い色とされているからです。

 

人によっては不快な思いをしてしまう可能性がありますが、なかには、赤色が好きな方もいたり、イメージカラーになっている場合もあります。

 

その場合は、ラッピングを赤色にしたり、赤いメッセージカードにしたり、メッセージカードに「赤を選んだ理由など」を一言添えたりして柔軟に対応するようにしましょう。

マナーを守って観葉植物をプレゼントしよう!

観葉植物はプレゼントする際に選ばれる場合が多く、植物が好きな人にとっては喜ばれる場合が多いです。しかし、注意点やマナーを把握していないと相手を不快にさせてしまう原因にもなるため、注意が必要です。

 

観葉植物をプレゼントしようと考えている方はぜひこの記事を読んで、マナーや注意点をしっかり守って贈るようにしてくださいね。