ドラセナの植え替え時期やドラセナの育て方、挿し木や育てるときの注意点などを解説

ドラセナは「幸福の木」という名前でも親しまれている観葉植物です。ドラセナは葉の色や種類も多く、初心者にも育てやすいことでも人気があります。

今回は、ドラセナの植え替え時期、挿し木などドラセナの育て方なども解説していきます。

ドラセナの植え替え時期

ドラセナの植え替え時期は5月~9月の暖かい時期です。なるべく早い時期に行うのが良いでしょう。冬は生長を停止していますので植え替えは極力行いません。

1~2年に1度くらいの頻度で1回り大きな鉢に植え替えるようにしましょう。

ドラセナの植え替えのサイン

ドラセナは生長が旺盛で、上にもどんどん伸びますが、根もあっという間に張ります。

定期的な植え替えが必要ですが、根詰まりに気づいたら早めに植え替えましょう。

 

鉢の下から根が出てきている、水やりをしても水がなかなか浸み込まなかったら根詰まりの可能性がありますので植え替えのサインです。

 

葉っぱが黄色くなってきたり、葉の先端が茶色く枯れる、葉っぱに元気がない場合も根詰まりが疑われますので植え替えを行います。

ドラセナの植え替え方法

ドラセナを植え替えるときは水はけの良い土がおすすめです。ドラセナは水はけの良い土を好むので、赤玉土6:腐葉土3:川砂1をブレンドして用土を作るか、市販の観葉植物用の用土を使用します。

 

鉢底には鉢底石を敷き、鉢は今よりも1回り大きな鉢を使用するようにしましょう。

ドラセナの植え替え手順

①新しい鉢に鉢底ネットを敷き、鉢底石を入れます。

 

②用土を3分の1程度鉢に入れます。

 

③古い鉢からドラセナを抜きます。

このとき、強引に引き抜かず、鉢を床でたたきながらゆっくり出します。

 

④鉢に根が回っていたら古い土を3分の1程度、根をほぐしながら落とします。古い根や根腐れを起こしている部分はハサミで整理しましょう。あまり根を触る必要はありません。少し根鉢をほぐす程度で、元の土を付けたまま植え替えます。

 

もし、根鉢が回っていない状態であれば崩さずにそのまま植え替えて問題ありません。

 

⑤新しい鉢にドラセナを入れ、土を周りに入れます。倒れやすいので割りばしなどで株の周りを差しながら土を入れ込みます。

 

⑥たっぷりと水を与えて植え替え完了です。

植え替え直後は明るい日陰で管理

ドラセナの植え替え直後1~2週間の間は風があまり当たらない明るい日陰で管理します。

もしくは明るい室内に取り込みます。

 

植え替え直後、特に購入して年月が経ってないドラセナは根がほとんど張っていない状態ですので、風により木が倒れないように置き場所に気をつけましょう。

根が動き出すまでは水も与えすぎず、土が完全に乾いたらたっぷりと与えます。

 

葉っぱが乾燥しないように濡れた布で葉を拭いてあげるか霧吹きで葉水をすると良いですが、水が葉っぱの付け根に溜まると腐りやすいので葉水のやりすぎにも注意が必要です。

挿し木で増やすことができる

ドラセナは生命力が強いので挿し木で増やすことができます。剪定した枝を鉢に挿して増やすことが可能です。10㎝ほどに伸びた脇芽であれば挿し木ができますので、脇芽を根元から切り取り、付いている葉っぱを半分に切ります。

 

赤玉土に挿し、明るい日陰で水切れしないように管理します。発根したら観葉植物用の用土に植え替えます。

 

もう1つの方法として、大きくなりすぎたドラセナの高さを調節して切った幹を挿し木にすることもできます。

挿し木の手順

①ドラセナの幹を適当な場所で切ります。

 

②一番下の鉢から出ている部分はそのままにしておきます。

 

③葉っぱが自然に生えてきます。

 

④上の葉っぱが付いている部分は赤玉土に挿し、発根するまで明るい日陰で水切れしないように管理します。

 

⑤幹の途中で切った丸太の部分も挿し木で芽を出すことができます。

 

⑥切った幹を赤玉土に挿し木をしますが、このとき、上下を間違えないように注意してください。

 

⑦鉢にビニールをかけ、高温多湿の状態で管理します。

 

⑧発根したら観葉植物用の用土に植え替えます。

ドラセナが根腐れしていないかチェック

ドラセナの葉っぱが黄色くなってくる、落葉する場合は根腐れを疑います。幹にシワが寄っている場合も根腐れの可能性があります。

 

また、ドラセナは根腐れを起こすと嫌な臭いを出すので鉢から腐った臭いがしてきたら根腐れしている可能性が高いので、鉢から抜いて根の状態をチェックしてください。

ドラセナが根腐れしている場合の植え替えの手順

①鉢から抜いたら腐っている根を取り除きます。

 

②手で引っ張ると簡単に崩れて取れてしまうので、そのような状態になった根は取り除き、汚い根もハサミでカットします。

 

③赤玉土を多めに配合した観葉植物用の新しい土に植え替えます。

 

④新しい根が出てくるのを待つ

ドラセナを育てるときの注意点

培養土のように有機肥料が入っている土に植え替えると根腐れが広がる可能性がありますので、まずは赤玉土のような清潔な土に植えて新しい根が出てくるのを待ってください。

 

ドラセナは成長期ではない冬場に根腐れを起こしてしまうと植え替えても枯れてしまう可能性が高くなってしまいますので、特に冬場に水をあげすぎないように注意が必要です。

 

逆に乾燥には強いので、冬は乾燥気味に育てるようにして根腐れを起こさないように管理することが大切です。

葉っぱの先端が茶色く枯れてしまったら

ドラセナのように葉っぱが尖った観葉植物では葉っぱの先端だけが茶色く枯れてしまうことがあります。

 

この茶色くなった部分は治りませんので茶色い部分をハサミで切るしかありません。

そのときに、まっすぐ切ると見栄えがよくないので葉っぱを先端に向かって斜めに切って茶色い部分を取り除きます。

 

元の葉っぱと同じような形に切ってしまって大丈夫です。

これである程度美観を損なわずに茶色く枯れた部分を取り除くことができます。

根づまりしている場合

葉っぱの先端が茶色く枯れる原因は根詰まりや室内の乾燥が原因のことが多いので、根詰まりしている場合はすぐに植え替えを行うようにしてください。

 

ただ、買ってきたばかりのときに、この症状が出たときは環境の変化で先端が枯れた可能性がありますので新芽の様子を観察して新芽が健康であれば特に何もしなくて大丈夫です。

種類が豊富で育てやすいドラセナはインテリアにおすすめ

ドラセナの植え替え、挿し木についてご紹介しました。ドラセナは種類が多く、一口にドラセナと言ってもさまざまな葉の形や樹形の品種があります。

あまり水をあげすぎず、土が乾燥してから水やりをするようにしましょう。

 

生長が旺盛なので定期的に植え替えをする、などのコツをつかめば基本的に同じ育て方でさまざまな種類のドラセナを育てることができます。

 

プレミアガーデンでは、ドラセナをはじめ、さまざまな観葉植物の通販を行っています。ドラセナはあまりお世話の必要がない観葉植物なので、忙しい人にもぴったりです。ぜひこの機会にドラセナを育ててみてくださいね。

 

公式サイトはこちら